VDT症症群チェック方法についてまとめてみました。

現代ではパソコンなどを長時間眺めることで様々な弊害が出てきやすい環境になりました。体に影響を及ぼした場合にはVDT症候群と呼ぶのです。

  • rinko 更新日:2014/10/08

view24

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • VDT症症群とは?

  •  

    知らず知らずのうちに眼精疲労を超えて病的な状態になっている場合もあるのです。

  • VDT症候群とは、テレビやパソコンなどの液晶画面を長時間みることで、目や体に異常をきたすことです。主な症状は肩こりや頭痛ですが、ひどい場合は手指のしびれや集中力の低下など様々な症状をもたらします。目の症状としては、ドライアイによって生じる異物感やかすみ、眼の使い過ぎによる眼精疲労や視力低下などがあります。
    出典 :目の病気Q&A|医療法人社団 英正会 ローズ眼科クリニック|千葉県八千代市
     

    最初はただの目の疲れかな?というところから始まりますが目の症状意外に顕著に感じ始めたら専門外来を受診することをお勧めします。

  •  

    知らない間に目をこする時間が長くなっていませんか?

  • チェック方法はどうするの?

  •  

    目の症状だけにとどまらないということを覚えておいてください。

  • VDT症候群の症状としては、次のような症状があります・目の疲れ・眼が乾く・視力が落ちる(視力低下)・目が充血する・肩こり・頭痛・目の痙攣・目のかすみ・このような症状があらわれたら、一度しっかり目を休めましょう。
    出典 :VDT症候群|VDT症候群の症状・原因・解消法 - 目の病気・症状 チェック
     

    急に視力落ちてしまうと日常生活や仕事にも影響が出始めます。

  •  

    男女共に発症しやすい病気なので要注意です。

  • 目の焦点を調節する視神経の機能は、自律神経のコントロールを受けています。そのために体の状態や精神的なストレスに強く影響されます。目の症状の他に、全身がだるい、吐き気がする、イライラ、無気力などの症状が出たら要注意。それはパソコンのせいかもしれません。
    出典 :目だけの病気でないVDT症候群(テクノストレス眼症)
     

    自律神経にまで関連するのですね・・気をつけてください!

  •  

    あまり聞きなれない病名かもしれませんがデジタル社会においては誰もが抱える可能性のある症状なのです。

  • 自分でも常に気を付けておくべき目の状態

  •  

    目の疲れが引き寄せてしまうさまざまな症状に早めに対処してください。

  • パソコンやスマホなどの情報端末を長時間使用し続けることで、肩や首、腕などに起こる痛みなどの症状を総称して、VDT症候群というのです。VDT症候群のなかには、目の症状もあります。パソコンなどの光を長時間見つめ続けることで、視力の低下や目の痛み、かすみなど、目の機能に悪い影響を及ぼすことがあるようなのです。
    出典 :デジタル生活における注意|緑内障
  • VDT症候群の症状は、自覚症状によるものが多く 性別や年代、年齢によって症状に違いがあり、各人の感じ方なども含め 個人的な原因に影響される事が大きく、判断が難しくもあります。一般的なVDTの症状が 身体の病気や眼の損傷に進行しないようにする為の予防、対策が必要です。眼の症状・眼精疲労、テクノストレス眼症、ドライアイ、屈折異常の進行など
    出典 :VDT症候群 症状と予防と治療方法