「乾燥肌予防に薬」は何が良い?保湿クリームを選ぼう

乾燥肌予防に薬を使う事も出来ます。保湿クリームは合ったものを選ぼう

view151

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 外用薬の保湿剤処方

  • ヒルドイド•主成分:ヘパリン類似物質•保湿力:お肌に塗った後2~24時間保湿力を維持•働き:角質層に浸透し、水分を抱え込むことで保湿。角質層のNMF(天然保湿因子)のような役割を果たす。•お肌への刺激:低刺激で赤ちゃんからお年寄りまで使用可能
    出典 :乾燥肌の予防と対策(4)乾燥肌の皮膚科治療 | スキンケア大学
     

    ピンクのチューブのパッケージのものが一般的ですね

  • こちらの

     

    ヒルドイドですが、いがいとべたべたしないので個人的にはおすすめですね。お年寄りの乾燥肌体開くに使われるなど、用途は幅広いですよ

  • 白色ワセリン•主成分:白色ワセリン•保湿力:お肌に塗った後2~24時間保湿力を維持・働き:角質層には浸透せず、表面に留まって角質層の水分蒸発を防ぐ。また、外的刺激から皮膚を保護するという働き皮脂膜のような役割をする。•お肌への刺激:刺激がほぼなく、傷口に塗ることも可能。
    出典 :乾燥肌の予防と対策(4)乾燥肌の皮膚科治療 | スキンケア大学
     

    話題の白色ワセリンですね

  • ケラチナミン(尿素)•主成分:尿素•保湿力:お肌に塗った後2~24時間保湿力を維持•働き:角質の水分保持量を増加させたり、角質の溶解剥離により角化した皮膚を取り除く•お肌への刺激:尿素の量が高いと刺激が強くなる傾向にあり、基本的に顔には処方されない
    出典 :乾燥肌の予防と対策(4)乾燥肌の皮膚科治療 | スキンケア大学
     

    こちらも聞いたことがある人は多いのではないのでしょうか

  • 他にもある

  • ▼ステロイド外用剤 アトピー性皮膚炎によくしようされる医療薬ですが、湿疹などの炎症の症状をやわらげます。ただ、ステロイドに関しては賛否両論ありますので、様子を見ながら使用するのがよいでしょう。
    出典 :皮膚科・医療薬による乾燥肌の治療
     

    ステロイドは避けるひとの方が多いようです

  • ▼非ステロイド外用剤  主に顔や首筋などの炎症に用いる医療薬です。▼抗ヒスタミン剤  乾燥肌の場合はかゆみを伴いますが、抗ヒスタミン剤はそういった強いかゆみを抑える働きがあります。
    出典 :皮膚科・医療薬による乾燥肌の治療
     

    ヒスタミンを使う所も増えてきているようですよ

  • ドラッグストアで選ぶときは

  • ドラッグストアには、医薬品と称されている保湿クリームが冬になるとたくさんラインナップされます。それぞれに異なる保湿成分が含まれているので、商品を選ぶ際には、どんな成分が入っているのかを確認しながら選びましょう。
    出典 :乾燥肌に効く薬【FJ-Beauty乾燥肌対策館】
     

    成分を見て選びたいですね

  • 細胞に含まれる水分量をアップしてくれるレチノール、ホルモン分泌や新陳代謝を促進してくれるビタミンE、角質から水分が蒸発するのを防いでくれる尿素、血行促進効果のあるへバリンなど、保湿成分だけでもかなりの種類があります。
    出典 :乾燥肌に効く薬【FJ-Beauty乾燥肌対策館】
     

    ありがたいですよね

  • 上手に使おう

  • 薬の上手な使い方

     

    薬はせっかく使うなら効果的につかいたいですよね。乾燥肌の場合は保湿がとっても大切なのです

  • 肌の「アレ・ワレ・かゆみ」が出た時に塗る外用薬には、より効果的な使い方があるのでご紹介しましょう。 薬を塗るタイミングでおすすめなのは、お風呂上がりです。お風呂から上がって10分以内、肌が半乾きの時に外用薬を塗ります。こうすることで、細胞間の水分を逃さない状態になります。
    出典 :乾燥肌は保湿修復で治そう。 | 冬の肌あれ・かゆみ上手な治し方と予防法。
  • 手やかかとのひび割れは、寝る前に外用薬を塗って手袋や靴下を履き、患部を覆うとよいでしょう。密閉効果で、成分が肌に浸透しやすくなります。また、寝ている時に布団に薬がつくのを防ぎます。手袋や靴下の保温効果で血行がよくなれば、肌細胞が活性化することも期待できます。
    出典 :乾燥肌は保湿修復で治そう。 | 冬の肌あれ・かゆみ上手な治し方と予防法。
     

    その都度使う事をおすすめします