脳を鍛えて、脳の働きをよくするにはどうしたらいいの?脳に良い食べ物って?

放っておくと、使わない脳がどんどん増えていく。脳が退化していく。。。そんな症状を撃退し、脳の働きを良くするにはどうしたらよいのでしょう?脳を鍛えるためのポイントとは?

view1599

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 脳を鍛えて、脳の働きを良くする食べ物って?

  • 普段から口にしている、何気ない食品の中には、私たちの脳の働きを良くすると言われているものがあります。脳トレなどで脳を意図的に鍛えるだけでなく、ちょっとした食習慣の見直しで、脳を中からも鍛えて働きを良くしてみてはいかがでしょうか?

  • 私たちの知的能力を高めるといわれている食品があります。あなたの脳に相性のよい食品を見つけて、それを食事に加えてください。脳は身体全体の重量の2%しか占めていませんが、他の臓器に比較すると10倍の食欲を持った飢えた臓器なのです。正常に機能するためには、毎日摂取するカロリーの最低20%を消費します。カロリーの他に、バランスのとれた多様な食事を通じてニューロン(神経単位=細胞とその樹枝状突起を含む)のために良い栄養素を取らなければなりません。
    出典 :脳の働きを良くする10の食品 - Yukihisa Fujita Mystery World - Yahoo!ブログ
     

    神経細胞のためにも、バランスの良い食事を!

  • 脳の働きを良くする、脳を鍛える10の食品!

  •  

    サバやいわし、あじなど。

  • 1. 脳を維持するために油性魚(オイル豊富な魚)(鯖、鰯、鮭など)
    脳全体の50%以上は脂質からできています。さらにその70%以上がよく知られたオメガ3脂肪酸(多くの代謝経路に関与する不飽和脂肪酸)です。これらの脂肪分は、脳細胞の生産と維持に欠かせないもので、細胞膜の流動質を保ちます。脳の脂肪分は、ニューロン(神経単位)活動で役割を果たします。脳機能の衰えや記憶障害は、オメガ3脂肪酸の不足によることがあります。油性魚はオメガ3脂肪酸の最も良い供給源ですが、魚が嫌いな場合には、堅果油(クルミ・ハシバミ・クリ・アーモンドなど)または西洋油菜は同様の成分を含んでいます
    出典 :脳の働きを良くする10の食品 - Yukihisa Fujita Mystery World - Yahoo!ブログ
     

    青魚がいいようですね。

  •  

    トマトソースなどで煮込んでも。

  • 2. 脳のエネルギー減として豆類(レンズ豆、ヒヨコ豆など)
    脳はブドウ糖に依存しているといわれています。これは脳が機能するためにはブドウ糖が必要なことを意味しています。脳は1時間に5グラムのブドウ糖を消費します。しかし、脳はブドウ糖を蓄えることはしません。したがって血液循環システム経由で常時供給されなければなりません。知的能力の中で最も困難な仕事、記憶力は、血液中のブドウ糖のレベルに依存しています。
    出典 :脳の働きを良くする10の食品 - Yukihisa Fujita Mystery World - Yahoo!ブログ
     

    マメを、コメや小麦の代わりに。

  •  

    手軽で安いバナナは取り入れやすい

  • 3. 冷静な脳にバナナ
    脳のインパルス(神経衝撃)を伝達するのに欠かせないマグネシウムを多く含んでいるバナナは、ビタミンB6の供給源でもあります(1本のバナナはビタミンB6一日必要量の4分の1を含んでいます)。このビタミンはマグネシウムの吸収と細胞での利用に関係するだけでなく、アミノ酸の代謝と神経伝達物質、特にセロトニン(神経伝達物質の一つ)とギャバ(GABA=ガンマ・アミノ酪酸)を作りだして神経システムの活動に関係しています。これら二つの分子が、慎重で冷静でコントロールされた行動のための適正な心の状態を作り出します。バナナが嫌いな人は、代わりにプルーンまたは乾燥果物を摂取してください。
    出典 :脳の働きを良くする10の食品 - Yukihisa Fujita Mystery World - Yahoo!ブログ
     

    バナナの栄養価の高さは有名ですね

  •  

    カレーなどに入れると食べやすいレバー

  • 4. 知能のためにレバー(肝臓)(子牛、牛肉、鶏肉など)
    脳は身体が必要とする酸素の20%を消費します。そして鉄分が血液中のヘモグロビンという手段で酸素を脳に運ぶのに必要とされます。レバー(肝臓)は、この貴重な金属を含む保証付きの食品です。同様にレバーは、ビタミンBの供給源としても重要です。1980年代以降B9、B12、B1、B6などのビタミンB群は、認知機能を改善することが試験の結果分かっています。レバーが嫌いならば、ハム、牛肉、栄養補助食品としての酵母菌で代替することができます。
    出典 :脳の働きを良くする10の食品 - Yukihisa Fujita Mystery World - Yahoo!ブログ
     

    嫌いな人も多いレバーですが味付けを濃いめにするなど工夫も

  • 5. 脳細胞を快適に保つレッド・ベリー
    すべての食用ベリー(ブラックカラント、ストロベリー、ラズベリー、ブルーベリー、ブラックベリーなど)は、まぎれもないビタミンCの鉱脈です(ブラックカラントはキュウイ・フルーツの2倍、オレンジの3倍のビタミンCを含んでいます)。これらのベリーは、酸化防止栄養素を含み、それがベリーの色に現れています(アントシアン、ポリフェノール、フラボノイドなど)。
    出典 :脳の働きを良くする10の食品 - Yukihisa Fujita Mystery World - Yahoo!ブログ
     

    冷凍果物などで安く一年中手に入ります

  • 6. 脳の機能を向上する甲殻類と貝類
    ビタミンB12と蛋白質(特にリジン=強力な神経伝達物質であるドーパミンの前駆物質)を豊富に含むけれど、脳の機能向上によいのは海産食品と甲殻類(牡蠣、ハマグリ、小海老など)に含まれるオリゴ・エレメント(生命の維持に欠かせない微量元素の成分)です。オリゴ・エレメントは、ストレスと戦い、それから派生するいろいろな障害を予防するために極めて重大なものです。心配、精神的疲労、神経質な性分と闘う「治癒力のある兵器」といわれることもあります。
    出典 :脳の働きを良くする10の食品 - Yukihisa Fujita Mystery World - Yahoo!ブログ
     

    えび、かにやはまぐりなど、和洋に使える食材

  • 7. 脳の接続性向上によい卵
    卵は、脳細胞膜の再生に不可欠なレシチンとホスファチドを含んでいます。知的能力を向上するには、蛋白質の質にその価値があります。卵はアミノ酸に富んでいて、重要な神経伝達組織の再生に欠かせないものです。記憶の過程で使用されるメチオニン(アミノ酸の一種)とセリン(アミノ酸の一種)から作られる化学合成物であるアセチルコリン(神経伝達物質)の場合も同様です。ここではノルエピネフリン(副腎ホルモン=学習を刺激する)の精製がチロシン(アミノ酸の一種)とフェニルアラニン(必須アミノ酸の一種)の存在が必要です。そしてそれらは卵の蛋白質に含まれているのです。卵が嫌いな人は、白身魚で代替することができます。
    出典 :脳の働きを良くする10の食品 - Yukihisa Fujita Mystery World - Yahoo!ブログ
     

    毎朝、卵を一個とる習慣を。

  • 8. 記憶力向上にほうれん草
    すべての葉物野菜はビタミンB9(または葉酸)を多く含んでいます。これは胎児の神経組織の成長と血液細胞の再生に活発な役割を果たすことが知られています。ビタミンB9不足の症状の一つは、意識高揚と記憶力の減退です。葉酸摂取不足の老人によくみられるこの現象は、ビタミンB9が神経細胞樹枝状突起の維持に必要であるということで説明することができます(神経細胞樹枝状部ではB9のレベルが高い)。

    ほうれん草が嫌いならば、クレソン、ラムズ(子羊)レタス、アイスバーグ(氷山)レタス、ブロッコリ、または色々な種類のハーブを食べるといいでしょう。特にローズマリー(ハーブ)は注目に値します。そのアロマ(芳香)に含まれるある種のフラボノイドは、大脳の血流を刺激して集中力と記憶力に影響を洗えます。
    出典 :脳の働きを良くする10の食品 - Yukihisa Fujita Mystery World - Yahoo!ブログ
     

    試験時期などには是非ほうれん草を。

  • 9. 脳を刺激するココア
    メキシコ中部に王国を築いたアステカ人の時代から、ココアは薬品と考えられていました。後に伝説の女たらしカサノヴァは、ココアを媚薬として使用していました。ココアを化学的に分析した結果、多くの驚くべきことが分かっています。ココアのカロリー面での重要な役割の他に、カフェインに似た分子(テオブロミンとテオフィリン)とアンフェタミン(覚醒剤)に似た分子(フェニルアラニンとチラミン)を含むことが分かっています。これがチョコレート(ココア)に強壮剤、心理的刺激剤としての力を与えています。同時にチョコレートには高いマグネシウム含有量(100グラム当たり330ミリグラム)を含み、セレトニン(神経伝達物質の一つ)に類似した分子を含んでいます。これらが「抗ストレス」、「抗鬱」効果をもたらしているのです。
    出典 :脳の働きを良くする10の食品 - Yukihisa Fujita Mystery World - Yahoo!ブログ
     

    コーヒーを一回ココアに変えてみては?

  • 10. 脳を若く保つアヴォカド
    アヴォカドは、ビタミンEが大変豊富です。このビタミンは、最も強力な酸化防止剤の一つで、脳の脂肪組織の老化を防ぎます。アヴォカドが嫌いな場合は、油性の果物(ナッツ類、特にヘイゼルナッツなど)を代替食品とすることができます。
    出典 :脳の働きを良くする10の食品 - Yukihisa Fujita Mystery World - Yahoo!ブログ
     

    アボカドは美容にも抜群の効果