【原因究明】目の下のくまはなぜできる?

目の下にくまができる原因を徹底調査!できてしまった時にすぐできる対処法も調べてみました。

view651

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 目の下にくまができる原因

  • 女性の3人に1人が「目のくま」に悩んでいるとも言われています。実は、男性も「目のくま」に悩んでいる方が多いようなのです。

    目のくまの原因としては、睡眠不足や疲労、ストレス、体調不良による血行不良だけでなく、眼精疲労、ドライアイも目のくまには良くないことがわかっています。
    出典 :目のくま解消法・目の下のクマを消す方法 - 目の病気・症状 チェック
  • 肌の不調だけでなく、ドライアイも目の下のくまができてしまう原因だったんですね!

  • 目の下のくまの原因のひとつ、ドライアイ対策

  • ドライアイ対策・予防1.目の休息

    定期的に目を休める。
    遠くを見たり、目を動かして目の緊張を和らげる。
    蒸しタオルで目を暖め血行をよくする。
    目の周囲をマッサージする。
    まばたきの回数を意識的に多くする。
    睡眠不足など生活習慣の乱れにより、涙の分泌量が少なくなるため、ドライアイになることもあります。


    ドライアイ対策・予防2.目薬を利用する。

    ドライアイの症状がひどい場合には、ドライアイ専用目薬を利用する。(但し、過度の目薬はくれぐれも習慣化しないように気をつけてください。)


    ドライアイ対策・予防3.部屋の湿度を保つ

    部屋の湿度が下がると、ドライアイになるリスクが高くなるので、加湿器などを利用して、部屋の湿度を保つようにする。


    ドライアイ対策・予防4.コンタクトレンズの正しい利用をする

    コンタクトレンズを使用する際には、使用上の注意を守り、ドライアイの症状がひどい場合には、コンタクトレンズ専用目薬を利用してください。


    ドライアイ対策・予防5.アイメイクに気をつける。

    最近は、目を大きく見せるための「ぱっちりメーク」が流行っていますが、マイボーム腺がふさがれ、油が分泌できなくなることがあります。ドライアイにならないためにもメーク落としをしっかりと行なうことが重要です。


    ドライアイ対策・予防6.食事・栄養に気をつける。

    目や身体の血流をよくするよう食事に気をつけ、健康補助食品(カシス・ルテイン・ブルーベリー)などを利用する。ドライアイにならないためにも、普段から目に優しい、つまり、あなた自身に優しい生活習慣をするようにしてください。
    出典 :ドライアイ|ドライアイの症状・治療・対策 - 目の病気・症状 チェック
  • 日ごろから気をつけていれば、くまができにくい状態を保つことができそうですね。

  • 推拿とツボ~目の疲れ・ドライアイ・眼のぴくぴく・眼の疾患に良いツボ!#千葉県野田市の推拿と ...

  • 働き女子に多い「目のクマ」のタイプ&消し方

  • 目の下にできたくまのタイプを知ろう

  • 原因がわかれば適切な対処法もわかりやすいと思います。

  • 目の下のくまの応急処置

  • 朝起きて目の下にクマが出来ていたら憂鬱ですよね。早く消したい。そんな時の応急処置をいくつかご紹介します。

    まず、クマが出来るということは血流が悪くうっ血している状態なので、洗顔後蒸しタオルを用意し(出来れば2,3個。電子レンジで一気にチンしておく)、目の周りまたは顔全体を覆って温め血液の流れを良くします。

    しばらくしたら、水で顔を洗う。これを2,3回繰り返します。血液の循環が良くなり肌の色も明るくなり顔全体の印象が変わります。若干ですがクマも改善します。後は、目の周りを軽く押さえるようにマッサージすると良いでしょう。

    目じり→目頭→まぶた→目じりの順にマッサージし、耳の横から首に流すイメージで行います。時間があったら上のようなことも出来ますが、ない場合は化粧品でカバーをします。

    コンシーラーは、シミそばかすなどのカバー力もありおすすめです。タイプは、クリームタイプかリキッドタイプがおすすめです。やわらかく伸びもよいので皮膚の薄い下まぶたにはむいています。つけるときは、伸ばすよりやさしくたたくイメージで。

    自分の肌の色にあったものを選ぶようにしましょう。合わないとそこだけ浮いたよう印象になりますので注意が必要です。
    出典 :目のクマの応急措置
  • 今すぐ消せるというのはかなり助かりますね♪