初めての妊娠♪不安にならないために知っておきたい事!!

初めて赤ちゃんができた時はとても嬉しいですよね♪
その反面不安もたくさんあると思います!
不安は母体に良くないので今のうちに妊娠について知って
おきましょう♪

view835

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠前にチェックしておきたい病気

  • ●風疹…妊娠初期に感染すると、胎児に視力や聴力の異常や
    心臓疾患などの障害を起こす心配があります。
    妊娠前に抗体の有無を確認し、抗体がない場合はワクチン接種を受け、
    その後2ヶ月間は避妊するなどの対応をとります。
    ●貧血…妊娠すると血液の循環量が増え、貧血ぎみになります。
    もともと貧血の人は、妊娠するとさらにひどくなりますので、
    妊娠前から改善する努力をしましょう。
    ●子宮筋腫…子宮内に筋肉のこぶのようなものができる病気で、
    こぶの位置によって受精卵が着床しにくいことから、
    不妊や初期流産の原因になることがあります。
    月経痛がひどかったり、妊娠しにくいときは、病院で調べてもらうとよいかと思います。
    出典 :はじめての出産|妊娠中の不安を解決
  • ●虫歯…妊娠中はホルモンバランスの変化やつわりの影響で、
    虫歯や歯周病が悪化することが多いです。
    またお腹が大きくなると、歯医者さんでの治療を受けるのも
    大変になってきますので、妊娠前に歯の病気は治しておきましょう。
    ●性感染症…梅毒や淋病、エイズなど、ママだけでなく
    赤ちゃんにも大きな影響を与える病気があります。
    妊娠前にパパと一緒に検査を受け、必要があれば治療しましょう。
    ●はしか…妊娠中の感染は、ごく初期に流産の心配があります。
    また、大人の感染は重症化しやすいため、妊娠前に感染の有無を
    調べておきましょう。


    出典 :はじめての出産|妊娠中の不安を解決
  •  

    さて、いよいよ妊娠です♪

    知っておきたい事がたくさん

    あります♪

  • 妊娠初期

  • 妊娠初期は、出血や腹痛、おりもの、下痢、つわり、
    便秘など様々な症状が出てくるので、自分で対処する
    準備をしておく必要もあります。

    妊娠中の約10ヶ月、赤ちゃんを不安になることなくお腹の中で
    育てるために、どう変化していくのか簡単に理解しておきましょう。
    出典 :初めての妊娠で身体の変化を知って不安を持たない方法 | nanapi [ナナピ]
  • 妊娠期間

  • 10ヶ月と言いますが、妊娠で言うところの1ヶ月とは4週間。
    つまり28日間です。通常の1ヶ月とは違うという事をまずは
    理解しておいてくださいね。

    妊娠の1ヶ月と言うのは、最終月経が開始する日から数えて
    28日間です。つまり次の月の生理予定日は、すでに2ヶ月目です。
    出典 :初めての妊娠で身体の変化を知って不安を持たない方法 | nanapi [ナナピ]
     

    28日で1か月なのですね!

  • 妊娠3ヶ月(8から11週目)

  • 子宮は握りこぶし大に成長します。外見は、まだ
    変わる事はないでしょう。この辺りになると強い
    悪阻(つわり)を感じる人が増え、ほとんどの人は妊娠に気づきます。
    出典 :初めての妊娠で身体の変化を知って不安を持たない方法 | nanapi [ナナピ]
     

    ちょうどつわりが始まる時期ですね!

  • 不安定な時期ですので、くれぐれも無理な生活は
    しないように気をつけなければなりません。
    悪阻がひどい場合は、医師に相談を。
    出典 :初めての妊娠で身体の変化を知って不安を持たない方法 | nanapi [ナナピ]
  • 妊娠5ヶ月(16から19週目)

  • 子宮底長15から18cm。ほとんどの人は悪阻が治まり、
    食欲が出て体重が増加します。
    お腹も明らかに膨らんできて胸も大きくなってきます。
    出典 :初めての妊娠で身体の変化を知って不安を持たない方法 | nanapi [ナナピ]
     

    体重管理に気をつけたいですね!

  • 妊娠9ヶ月(32から35週目)

  • 子宮底長27から30cm。子宮に胃が圧迫されるため、
    悪阻とは別の意味で食欲が減退する人も増えてきます。
    膀胱も圧迫されるので頻尿になります。おりものの量も増えてきます。
    出典 :初めての妊娠で身体の変化を知って不安を持たない方法 | nanapi [ナナピ]
     

    夜も頻尿になってしまう人もたくさんいます!

  • 妊娠10ヶ月(36から39週目)

  • 子宮底長30から33cm。産道が柔らかくなり、おりものの
    量が増えます。見た目はお腹の皮もパンパンに張った状態です。
    胎児が下りてくるため、胎動はあまり感じなくなってきます。
    出典 :初めての妊娠で身体の変化を知って不安を持たない方法 | nanapi [ナナピ]
  •  

    いよいよ赤ちゃんとご対面ですね♪

    この時期にはもう不安も減っていると

    思います♪

  • 妊娠時期の注意点

  • 生理が遅れて妊娠に気がついたら必ず病院へ行ってください。
    市販の検査薬で陽性結果が出た場合も同様です。
     
    市販の検査薬は流産や子宮外妊娠などでも陽性が出ますので
    ひとつの目安と考えて病院で最終確認をしてください
     
    妊娠期間を通して、タバコやアルコールは控えてください
     
    特にタバコは血管が収縮する上、ニコチンがおなかの赤ちゃんに
    ダイレクトに血液を通じて伝わります。
     
    百害あって一利なしなので妊娠期間中だけでもがんばって控えてください。
    出典 :初めての妊娠
     

    タバコとお酒は禁物です!

  • またサプリメントなどで栄養を補助している人や
    不規則な生活をしている人などは規則正しい生活と
    食生活改善に努めましょう。
     
    無理のない範囲で結構ですが、和食中心の食事は
    カロリーも少なく栄養バランスがいいのでお勧めです。
    出典 :初めての妊娠
  • 妊娠期間を通じて運動は控えめにしてください。
     
    特に妊娠初期は流産しやすいので、おなかに張りを
    感じたら無理をせずに横になってください。
     
    安定期に入ってからは、安産のために適度な運動は
    したほうがいいですが、飛んだり跳ねたりする運動は控えましょう。
    出典 :初めての妊娠
  • あまり太りすぎると妊娠中毒症になり母子ともに危険な
    状態になることもありますので気をつけてください。
     
    逆に体重が増えなさすぎるのも注意です。
    胎児と羊水と胎盤で大体7~8キロ位になります(出産時点で)
    体重増加を気にしすぎて、無理なダイエットをすると
    赤ちゃんに十分な栄養が行きません。
    出典 :初めての妊娠
  • 妊娠時期の過ごし方

  • 妊娠時期は、体調を第一に無理をしないようにしてください
     
    仕事をしている人は休めないことも多いと思いますが、
    おなかの張りを我慢していると流産してしまうことも
    ありますので注意してください。
     
    つわりなどで気分が優れないことが多いと思いますが
    気分転換を上手にしてみてください。
     
    妊娠初期はとにかく眠たいので、寝たいと思ったら寝てください。
    安定期に入ったら無理のない範囲で旅行などしてみてください。
     
    旅行をする場合はあちこち動き回るのではなく
    1箇所滞在型でゆったりとしたプランをお勧めします。
     
    出典 :初めての妊娠
  • アロマトリートメント

  • 妊娠中はおなかが重くなるにつれ、肩こりや腰の痛みを伴うこともあります。
    これらのトラブルの解消法としてアロマトリートメントは効果的なケアといえます。

    精油を使い全身をゆったりとマッサージすることで、心と体がリラックスできます。
    また、オイルトリートメントを使ったマッサージは血行を良くし、妊娠中のむくみや
    冷え性にも効果があると言いえるでしょう。
    しかし、精油の中には子宮収縮作用があるために妊娠中には使用できないものがあります。
    出典 :アロマ トリートメント◇アロマトリートメント◇初めての妊娠&出産 NAVI◇
  • [妊娠中に使用できない精油]
    アニス  アンジェリカ  オレガノ・カンファー  キャロットシード  クローブ

    シナモン  ジャスミン  スパイクラベンダー  セージ  タイム・チモール  

    タラゴン  バジル  フェンネル  ラバンジン  ラベンダー・スーパー  

    レモングラス  レモンユーカリ
    出典 :妊娠中 使用できない精油◇妊娠中使用できない精油◇初めての妊娠&出産 NAVI◇