眠れない人が増えています。睡眠の事もっと知ってみませんか?

睡眠(すいみん)とは、ねむること。

周期的に繰り返す、意識を喪失する生理的な状態のことである

  • pocca 更新日:2014/01/29

view228

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 自然と眠れることが大切ですが、そうできないのなら、対策があります。

  • 不眠症という言葉も、近年随分耳にするようになりました。

    布団に入ってからもなかなか眠れない。やっと眠っても頻繁に目を覚ましてしまう。朝目覚ましに起こされても全然眠り足りない。


    そういった症状があるなら、対策が必要です。

  • 眠れる音楽 癒し 快眠 安眠 催眠 不眠症 リラックス インストゥルメンタル ピアノ ストリングス音 ...

     

    視覚から聴覚から眠りを誘ってみましょう。

  • 入眠障害

     

    入眠障害は、布団に入っても中々寝付くことが出来ないというパターンの不眠症です。 この症状に悩まされている不眠症患者は最も多く、「早く眠らないと明日に差し障る」と考えてしまうことで、より深刻な不眠症になってしまうことが多いようです。

  • 布団を湯たんぽや、電気毛布であらかじめ温めておくことで、自然と入眠できる人もいるようです。

  • 中途覚醒

     

    眠りについたにもかかわらず、頻繁に目が覚めてしまう症状が中途覚醒です。 生活リズムの乱や、飲酒、ストレスが原因となることもあるようです。

  • 熟眠障害

     

    充分な時間眠りについているはずなのに、朝起きてみるとどうもすっきりしない。体が疲れたままの状態にある。そんな症状が熟眠障害に分類されます。 日中睡魔に襲われる事が多い人は、実はこの熟眠障害なのかもしれません。

  • 早朝覚醒

     

    身体は疲れているのに早起きしてしまって、もう一度眠ることが出来ないといった場合は、早朝覚醒を疑ったほうがいいのかもしれません。

  • ツイッターではこんな情報も

  • 【不眠症】 寝付きが悪い、何回も起きてしまうなど症状は様々。 ストレッチ、ぬるめのお風呂にゆっくりつかることで眠りを誘います。 レバー、チーズ、レタスの芯、ホットミルク、ホットココアも効果的。 逆にコーヒー、激しい運動、PCや携帯の光は脳が覚醒するので避けましょう。
  • 睡眠薬を飲めば治る?

  • 確かに、睡眠薬を飲めば、寝る事はできるかもしれません。でも、それは薬の力で寝ているだけで、根本的な問題を解決した事にはなりません。

    どうして眠れないのか?その原因を見つける事も大切です。

  • ~ストレス対策~

  • ストレスが溜まっていても、不眠症になってしまう可能性があります。

    こういう場合は、ストレスをなくすことで睡眠もきちんととれるかもしれません。

    あらゆる角度から、不眠を考えてみるのも良いでしょう。

  • ~温度差を利用する~

  • 寝る前にお風呂に入る、あらかじめ布団を温めておくなど、温度を変化させることで入眠できる可能性もあります。