若くても油断が出来ない!蓄膿症について

蓄膿症は、気をつけないと大変なことになる病気です。
今回は、そんな蓄膿症について紹介します。

  • TUH55 更新日:2014/02/25

view680

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 蓄膿症

  • 蓄膿症は若くてもかかってしまう病気で、年齢、男女関係なく老若男女さまざまな人がかかります。なので油断できない病気です。
    今回はそんな蓄膿症について紹介します。

  • 蓄膿症の症状

  • 蓄膿症の症状は、鼻がよく詰まったり、鼻からいやなにおいがする、頭が痛いなどの症状があります。
    これらの症状は、見過ごされてそのままにされてしまいがちです。
    なので、少しでも怪しいと思ったら病院に行きましょう。
    そのままにしておくと手術しなくてはならないことになることもあります。

  • 花粉症との見分け方

  • 花粉症と症状が似ていて蓄膿症なのに花粉症と判断してしまいそうですが、
    見分ける方法はあります。
    まず花粉症の場合は、鼻水が透明なさらさらとしたものです。
    しかし、蓄膿症の場合は、色が黄色や緑などでどろどろしています。
    そのため、鼻水の色で判断することが出来ます。
    鼻水が緑色の場合は症状がかなり進んでいます。

    また、花粉症にはない頭痛などもあります。

  • 予防方法

  • 蓄膿症の元となる慢性的な炎症を起こす元は、花粉や風邪などが原因です。
    なので、炎症を起こしにくくするには、風邪のウイルスや花粉から体を守らなくてはなりません。
    風邪や花粉症の症状を抑えるには、マスクです。
    これが効果的でかつ簡単な方法です。

  • また、マスク以外にも予防法はあります。
    それは免疫力をしっかり保つことです。
    免疫力はを保つことは風邪はもちろん、花粉症の症状も和らげる働きがあります。
    しかし、日ごろのストレスで低下しがちです。

  • ストレスで免疫力を低下させないには?

  • ストレスを解消して免疫力を高めるには、
    運動をすると良いでしょう。
    運動をすることによってそのことに集中してイライラを忘れられ、ストレス解消につながります。
    また、運動は健康にもつながります。

  • おわりに

  • 蓄膿症はほかの病気と間違えてしまわないようにしっかり判断しましょう。