慢性外傷性脳損傷(パンチドランカー)の疑いがあると言われる有名選手!

ボクシングなどの格闘技で脳に蓄積するダメージが限度をこえると発症するのが、パンチドランカーです。
パンチドランカーになってしまうと、選手生命がなくなってしまう他にも、認知症とよく似た脳の障害を発症してしまいます。
疾患の疑いがある有名選手についてまとめました。

  • akiko 更新日:2014/11/20

view21118

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • プロボクサーの20パーセントが患っている!?

  • パンチドランカーは、慢性外傷性脳損傷という脳の疾患です。
    ボクサーの職業病ともいえるでしょう。

    ボクシングをやり始めてからだいたい15年ぐらいに発症する確率が高くなります。
    また、プロボクサーのうちおよそ20パーセントがこの疾患を患っていると言われています。

    認知症とよく似た、脳の障害を患ってしまう病気であるため、一度パンチドランカーになってしまうと、ボクサー生命が終わってしまうばかりか、その後の人生も大きく変わってしまう恐ろしい疾患です。

  •  

    慢性外傷性脳損傷、パンチドランカーになってしまうのは、ボクサーだけではありません。

    アメリカンフットボールも危険です。

    ヘルメットを被っている分、ボクシングよりは頭を保護してくれる率は高まりますが、ボールが頭に当たると、パンチドランカーになってしまう危険性も、高まります。

  •  

    プロレスリングもパンチドランカーの危険があります。

  • 疑いのある選手、告白した選手

  •  

    たこ八郎氏も、パンチドランカーの障害があります。

    パンチドランカーが原因で、ボクサー引退後は、記憶障害や排尿障害に悩まされていた時期もありました。

    二桁の言葉が記憶できなかったり、寝ながらおねしょをしてしまったりすることもありました。

  •  

    K1のゲーリー・グッドリッジ選手もパンチドランカーの障害に悩まされています。

    パンチドランカーを世間に公表したあとは、引退されています。

    引退後は、軽い認知症があり、生活に支障をきたしてしまうこともあります。

  •  

    ボクシングのボウ・ジャック氏は、重度の認知症を患っていました。
    椅子に座った状態で、なにもないところで、パンチをずっと繰り返す日常を送っていたそうです。

  • NHLではPittsburgh Penguinsの若きスーパースターSidney Crosby
    無期限欠場へ。下手をすると若干24歳にしてもうあの華麗なプレーがフルスピードで、フルシーズン見られることはないのかも、という事態まで心配しなくてはいけないのかもしれません。
    出典 :アメリカスポーツ三昧 : パンチドランカー in アメスポ
  • パンチドランカーを扱ったフィクション

  •  

    元プロボクサーの高橋ナオト選手です。

    元日本バンタム級、日本スーパーバンタム級チャンピオンです。

    マンガのはじめの一歩のモデルとなった人物です。


    彼自身も自著伝「ボクシング中毒者」で、パンチドランカーになってしまったことを告白しています。

  •  

    殴られた犬の誇りという高橋ナオト氏の自叙伝です。

    パンチドランカーになってしまうと出てくる障害とは?

    自転車をまっすぐにこぐことができないため、電柱などにぶつかってしまう。

    手の震えが止まらないため、ラーメンなどを食べたときには汁をこぼしてしまう。

    などです。

    高橋ナオト氏の場合は、障害の程度が軽めのものなのですが、重度になると生活するのも一苦労なのです。

  • パンチドランカーの予防法とは?

  • 脳へのダメージをできるだけ避けることがパンチドランカーの一番の予防法なのですが、それでは、ボクシングの試合をすることはできません。

    注意しなければならないのは、長年キャリアを積んだ選手や、激しい試合をする選手です。
    脳のダメージを蓄積させないようにすることが一番の予防策ともいえます。

    そのため、ボクサー選手の場合、チャンピオンになったと同時に引退する選手も大勢います。

  • 脳のダメージへの蓄積によってパンチドランカーの重症度が変わります。

    これまでの試合などで、脳に強いパンチを何度も浴びてきた選手であれば、パンチドランカーの危険性についても認知していることでしょう。

    ダメージの蓄積が強ければ、脳へのダメージをこれ以上受けないようにするために、試合はしないなどの選択も必要です。

    しかし当の現役選手にとっては、自分の夢をあきらめるか、あきらめずにプロ選手としての道を歩むのかが大きな問題となるのではないでしょうか。