ちょっと怖い?大人の手足口病

夏場になると多く発症することの多い“手足口病”ですが
子供だけの病気だと思っていませんか?
実は、大人でも感染し重症化することもあるのです。
いったいどんな怖さがあるのでしょうか。

view275

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • 手足口病とは?

  • 「手足口病」は、コクサッキーウイルスの一種が原因となって発症するウイルス性疾患で、手足や口の周りに水泡状の湿疹が現れることから命名されました。

    手足口病のウイルスには湿気や高温に強いという特徴があるので、流行するのは夏場が多く、夏の始まりとともに発生し、7月の終わりごろにピークを迎えます。
    初期症状が風邪に似ているため夏かぜと間違えられやすくなっています。

    手足口病は感染者の鼻水や唾液などの分泌物によって感染し、飛沫感染もおこります。
    3日から5日の潜伏期間があり、発症した後は1週間から10日ほどかけて自然に治癒しますが、急性髄膜炎による急性脳炎を引き起こすことがあり、乳児の場合は死亡するケースもあります。
     
    手足口病は乳幼児に多くみられる病気で、感染報告数の90%以上は5歳以下の子どもです。
    しかし、最近では大人に感染するケースも増えてきており、大人に感染した場合は症状が重くなる傾向があります。
    出典 :大人の手足口病の症状とは?|治療と予防に関する必須知識
  • 感染が報告されている方の90%が乳幼児といわれていますが
    最近では大人でも感染し、症状が重くなる傾向にあるというから
    要注意です。

  • 手足口病になる原因とは?

  • ・乳幼児のオムツ交換など、排泄物にふれることで感染

    ・免疫力や体力が低下している

  • よくみられる症状

  • 初期症状

     

    風邪と似た症状で、のどの痛みや
    発熱がよくある症状です。
    中には40度近くの高熱になることもあります。

  • 中期症状

     

    口の中、てのひら、足の裏に2~3ミリ程度の水疱ができます。
    その痛みで、歩行が困難になったり
    食べることもつらくなったりします。

  • 体のだるさ

     

    体が重く、だるく感じるようになります。
    車の運転は避けたほうがよいでしょう。

  • 頭痛

     

    頭痛がひどくなる場合があります。
    髄膜炎の可能性もあるので注意が必要です。

  • 足の筋肉が痛む

     

    高熱の時はとくに、筋肉痛のような痛みを
    伴う場合があります。

  • 爪がはがれる

     

    発疹が治まって、1~2か月後に手足の爪が
    はがれるという事例もあります。

  • 大人の手足口病の潜伏期間は3〜7日間で、
    発症後は鼻水や便から2〜5週間かけてウイルスが排出されます。
    出典 :大人の手足口病の症状とは?|治療と予防に関する必須知識: 大人 手足口病 症状
  • 手足口病の治療法

  • 大人の手足口病には、これといった治療薬が存在しません。
    従って、夏風邪にかかったときと同様に、時間の経過と共に自然に治癒するため
    症状が治まるまで自宅で安静にしているのが一番効果的と言えるでしょう。

    特に治療薬がないため、発熱した場合は解熱剤、痒みがひどい場合は痒み止めというように
    症状に応じて薬を使い分けることになります。
    これ以外にも、数種類の漢方薬も効果的に用いられています。
    出典 :大人の手足口病の症状とは?|治療と予防に関する必須知識: 手足口病 大人 薬
  • 手足口病については、ワクチンもないので
    日頃から栄養のある食事と十分な睡眠を心がけ
    手洗い、うがいを習慣づけるようにするのが
    何よりの予防法ということです。