美味しい朝食メニューで、脳にもしっかり栄養補給!

ダイエットのための食生活の見直しはするけれど、
あまり脳への栄養補給のことは考えたことがないのでは?
今日は、健康な脳を保つための秘訣をご紹介します。

  • nelle 更新日:2014/01/31

view351

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 体重のわずか2%の脳が、全エネルギーの24%を消費している
    出典 :脳の健康と栄養
  •  

    これは、浜松医科大学の高田教授の言葉!
    いやぁ、ビックリしました。こんなにも
    脳がエネルギーを必要としていたなんて…。
    だとしたら、脳への栄養補給も
    日ごろから考えるべき大事なことだったんだなぁ…、としみじみ…。

    それも、糖の摂取が脳の機能を高めるのと。
    先生はさらに、
    ダイエットがかえって糖尿病を招き、
    うつや認知症などの脳の機能低下を
    もたらす危険があると述べています。

    日常生活を健康に過ごし、
    ボケずに長生きするためには、
    ダイエットばかりでなく、
    脳の健康と栄養を考える必要が
    あるということなんですね。

  • 高田教授のお話のポイントは!

    脳にとってのエネルギー源は、ブドウ糖
    うつにならないためには 必須アミノ酸のトリプトファンが不可欠
    コレステロールは脳細胞を保護する

    ※トリプトファンは動物性たんぱく質、ブタやウシの赤身肉に多く含まれる
    出典 :脳の健康と栄養
  • 続いて見つけたキーワード!

  • キケン!脳の栄養失調

    生活習慣の中でも直接カラダ作りに関わる「食」において、
    何が脳・ココロにとって大切なのだろうか?
    それは人間が人間になりたての、
    まだ「野人」といった時代の食生活から学ぶ事が多いのだ!
    出典 :キケン!脳の栄養失調|病院・薬・サプリメントの情報満載! healthクリック
  •  

    こちらは、healthクリニックの記事!
    「野人」の食生活とは、
    このようなものだそうです。

    「ザ!雑食」、「NO!偏食」、「噛む噛む」
    「人は群れる」、「絶対、朝食」

    少々ピンとこないところもありますが、
    何となくわかるような気も…。
    続いて、
    意識的にとったほうがいいものをあげています。

  • ココロ・脳に大切な栄養素が含まれる食品たち

     ビタミンB1 玄米、豚肉、豆類、しいたけ、にんにく、緑黄色野菜、牛乳
     ビタミンB2 レバー、肉、卵黄、緑黄色野菜
     ビタミンB6 レバー、肉、魚、牛乳、卵、豆類
     ビタミンB12 レバー、肉、魚、緑黄色野菜
     ビタミンA  緑黄色野菜、うなぎ
     ビタミンC  野菜類、柑橘類などの果物
     カルシウム  牛乳、チーズ、小魚、小松菜、大根葉、ひじき、干しえび
     マグネシウム 玄米、ワカメ、昆布、大豆製品、ほうれん草、イワシ
     鉄分 レバー、小松菜、ほうれん草、ひじき、海苔、大豆製品、卵
     繊維 根菜類、いも類、海藻類、こんにゃく、たけのこなど
    出典 :キケン!脳の栄養失調|病院・薬・サプリメントの情報満載! healthクリック
  •  


    上の表ですと、ちょっと漠然としていますね。
    もっと整理されたものを探していたら、
    こんなシンプルな記事を見つけました!
    ちょっと足りないような気もしますが、
    せっかくなので、
    この4つも覚えておきましょう^^。

  • 食べると脳にいいもの4つ!

  • 1:サーモン

     記憶の発達に役立つオメガ3脂肪酸を摂取するのにとてもよい食材。
     ほかにも大豆、クルミ、カレイ、冬カボチャといった食材が
     オメガ3脂肪酸を大量に含んでいます。
    出典 :脳をブーストさせる4つの食べ物 - GIGAZINE
  • 2:ひまわりの種

     ナッツの類は良質の脂肪を摂るのによいだけではありません。
     抗酸化物質のビタミンEも豊富に含んでおり、
     記憶力の低下を防ぐことができます。
     アーモンド、ヘーゼルナッツ、ピーナツバターなど
     他のナッツ類はもちろんホウレンソウ、ブロッコリー、
     キウィフルーツ、マンゴーなどもビタミンEを多く含みます。
    出典 :脳をブーストさせる4つの食べ物 - GIGAZINE
  • 3:ブルーベリー

     ベリー類は体によいことで有名ですが、脳にもプラスに働きます。
     記憶の老化を防ぎ、空間認識能力にもよい影響を与えます。
     また、血糖値を下げたい場合にも有効です。
    出典 :脳をブーストさせる4つの食べ物 - GIGAZINE
  • 4:赤身の肉

     適量の赤身の肉は、鉄分を補います。ダイエットしていて、
     チキン、卵の白身、魚などをタンパク源としている場合、
     鉄分が不足することが多いです。
     鉄分不足は脳の機能に大きな影響を与え、
     アルツハイマー病のリスクも高めます。
     例え限界まで脂肪の摂取量をコントロールするとしても、
     鉄分までカットしてしまわないように気をつけましょう。
    出典 :脳をブーストさせる4つの食べ物 - GIGAZINE
  • 脳力アップのポイント!

  •  

    こちらもとても役に立ちそうな記事…。
    「脳力アップのためにできること」
    という特集です。
    タニタの健康応援ネットで見つけました。

    食事編、睡眠・運動編、嗜好品編とありますが、
    ぜひとも全部読んで、生活に取り入れたいもの。
    だって、
    あのダイエットのタニタの情報ですからね^^。


  • 脳力UPその1.朝食はきちんとたべる

    脳力UPその2.高GIの食品よりも、低GIの食品

    脳力UPその3. 脳の6割は脂質なので、極端な糖質の制限はNG!
           脂質の「質」が柔軟な脳をつくるカギ

    脳力UPその4. 必須アミノ酸を含む食品をバランスよく食べる
    出典 :脳力アップのためにできること ~食事編 前半~:タニタ 健康・ダイエットBOOK
  • こんな運動が脳に効く!

     



    <ウォーキング>
    <噛むこと>
    <指の運動>

    その詳しい内容については、
    タニタのページで確認してくださいね!

  • 脳に栄養!朝ごはん

     

    最後にようやく、
    目指していたサイトを見つけました。
    美味しそうな朝ごはんのレシピ!
    その上脳にいいレシピだなんて嬉しいですね。

    全部で20品もありますから、
    これでほぼ1か月の朝食はOKです!
    あなたも早速明日から作ってみませんか?