寝ても寝ても疲れがとれない【睡眠疲れ】質を上げる事で改善しよう!

寝ても寝ても疲れがとれない経験をした事はありませんか?
そんな睡眠の疲れは質を上げて
ばっちり解消しましょうね

view219

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • まずはチェックしてみましょう

  • 睡眠は何がベストなのか

  • 「何時間寝るのがベストですか?」とよく聞かれるが、ベストな長さには個人差があるだろう。今回は、「朝、前日の疲れをひきずらずにスッキリと起きることができて、よく眠れた、と満足できる睡眠」を目標として話したい。
    出典 :寝ても疲れが取れない あなたがよく眠れないその理由とは|食の安全|ダイヤモンド・オンライン
  • http://diamond.jp/articles/-/21232(一部引用)

     

    実際、身体の中では、睡眠不足によって副交感神経の働きがにぶくなる。そうすると、自律神経のバランスが悪くなり、血流が悪くなることで、身体だけではなく、脳のパフォーマンスも低下する。つまり、「あまり寝ていない」ということは、仕事を効率よくすすめるための足かせとなる。そして、脳のパフォーマンスが落ちることで、脳の働きによって生み出されている心も乱れてしまう

  • ここが怖い睡眠不足

  • •毎日の疲れがとれず身体が重い
    •集中力が欠けて色々なミスをする
    •居眠りをしてしまう
    •小さなことでイライラしてしまう
    •肌が荒れる
    •記憶力が著しく低下する
    •思考力が著しく低下する
    •食欲の制御ができず肥満になる
    •気分が落ち込みやすく不安に駆られやすくなる
    •鬱病になるリスクが高い
    •高血圧になるリスクが高い
    出典 :健康重視!短時間睡眠でも疲労をばっちり回復するための4ステップ | iGotit
  • 安心快眠方法

  • 1.熟睡するための準備をする
    2.熟睡した状態を維持できるように睡眠環境を整える
    3.体内リズムを整える
    4.必要な睡眠時間を把握する
    出典 :健康重視!短時間睡眠でも疲労をばっちり回復するための4ステップ | iGotit
     

    このような事も注意したい点ですね

  • 入浴で体温のリズムを作る
    健康な人の体温は、1日の中で1度くらい上下します。体温が下がる時間帯には寝つきやすく、体温が上がる時間帯には寝つきにくいことが分かっています。ですから、寝床に入る予定時刻の15~30分前にお風呂に入ると、体温が下がってくるときにスムーズに眠ることができます。
    出典 :寒くても大丈夫!冬に熟睡する方法あれこれ - 疲れ・冷え性対策特集 | 疲れ解消法や冷え性の予防・改善法 - AllAbout
     

    これを利用して丁度良い時間に眠気が来るようにするのもベスト

  • 寝室だけでなく寝床の中の温度も大事
    冬の寝室では16~19度で、睡眠感がもっとも良くなります。大まかに言うと、ナイトウェアの上に一枚羽織ってちょうど良いくらいが目安です。リビングから寝室に入ったときに寒いと感じると、交感神経が興奮して眠気が覚めてしまいます。また、夜中にトイレに行く時も、部屋や廊下が寒いと脳卒中や心臓マヒを起こすこともありますから、注意が必要です。
    出典 :寒くても大丈夫!冬に熟睡する方法あれこれ - 疲れ・冷え性対策特集 | 疲れ解消法や冷え性の予防・改善法 - AllAbout
  • 寝床の中は、体温に近い32~34度が最適です。眠る1時間前から、電気毛布や湯たんぽで温めておきましょう。電気毛布を一晩中つけておくと、眠っている間に起こる自然な体温の低下を妨げてしまいます。眠るときに一旦スイッチを切り、目覚める予定時刻の1時間前に、スイッチが入るようにタイマーをセットしましょう。
    出典 :寒くても大丈夫!冬に熟睡する方法あれこれ - 疲れ・冷え性対策特集 | 疲れ解消法や冷え性の予防・改善法 - AllAbout
     

    このような温度も気にしておきたい所

  • http://diamond.jp/articles/-/21232?page=4(一部引用)

     

    「疲れたー!」と言いたくなることは日々あると思う。それだけに、疲れが蓄積されていくと、予期せぬ大きな問題を引き起こす。ぐっすり寝てリセットできるようになると、身体だけではなく気持ちまで楽になるのを実感するはずだ。明日の朝起きたら、疲れの残り具合をチェックして、まずはできるところからはじめてほしい。