何が駄目なの?「急性中耳炎の原因」について知ろう!

急性中耳炎の原因をしっかり知ろう。何があるのでしょうか!子供にも起きるもの!

view118

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 中耳炎が起きる場所は・・・

  • 耳は、図にあるように外耳・中耳・内耳といった3つの部分にわかれます。そして中耳炎は、この真んなかの部分である中耳で起こる病気で、ここから鼻の奥へとつながった「耳管」とよばれる管が大きく関係しています。
    出典 :中耳炎|急性中耳炎|反復性中耳炎|原因|症状|治療法
  • 外耳  耳介から外耳道の部分。ここで外部からの音の方向を聞きわける。中耳  鼓膜から耳小骨までの部分。鼓膜が音をキャッチし、その振動を耳小骨という小さな骨を介して内耳に伝える。内耳  蝸牛という部分。文字通りカタツムリのような形をした部分で、ここで音の振動を電気信号に変え、聴神経から脳へと伝える。
    出典 :中耳炎|急性中耳炎|反復性中耳炎|原因|症状|治療法
  • 分かりやすい

     

    画像はこちらです。中耳炎というものの原因が分かれば対処の方法も思いつくのではないのかと思いますが・・・一般的に知られているのは耳に水が入った等じゃありませんか?

  • 急性中耳炎の原因

  • 急性中耳炎はほとんどの場合、肺炎球菌やインフルエンザ菌などの細菌が中耳に感染して起こります。その他にも、ウイルスや真菌(しんきん:かび)が原因になることもあります。 細菌などの病原菌は、ほとんどの場合、外耳ではなく、耳管から入ってきて中耳炎を起こします。
    出典 :アステラス製薬|なるほど病気ガイド|中耳炎 病気の基礎知識
  • これは、外耳からの病原菌の侵入を鼓膜が防いでいるのに対して、中耳は耳管によって、鼻腔と咽頭の間の部分につながっており、風邪などで鼻やのどが炎症を起こしている時に、そこにある細菌やウイルスが耳管を通って侵入するためです。
    出典 :アステラス製薬|なるほど病気ガイド|中耳炎 病気の基礎知識
  • とくに子供の耳管は、大人の耳管に比べて太く短く、また水平に近いため、病原菌が入りやすくなっています。子供が急性中耳炎を起こしやすいのは、このためです。
    出典 :アステラス製薬|なるほど病気ガイド|中耳炎 病気の基礎知識
  • 耳に水なんてものは嘘?

  • 中耳と鼻の奥とは、耳管という管でつながっています。風邪などで鼻や喉の炎症があると、この耳管を通って細菌が入り中耳に感染を起こすのです。ですから、正常な鼓膜であれば耳の穴から水などが入って中耳炎になることはありません。
    出典 :急性中耳炎になったら?
  • 正常に動いている場合は

     

    水が入って起きるという事はないようですね。痛みがとれても炎症は残っています。痛くなくなったからといって治療を止めないようにしてください。医師の指示を受けて治療しましょう。特に鼻汁が出ていたり、のどや鼻の炎症が続いていると治りが悪くなります。

  • 風邪は大きな原因になる

  • 風邪(鼻炎、咽喉頭炎など)が最大の原因です。  鼻やノドの炎症が耳管(鼻と耳をつなぐ管)を通じて耳に及び、中耳に感染をひきおこします。その結果、鼓膜の奥に膿がたまり中耳炎となります。子供の場合、耳管が短く、太く、水平に近いため中耳炎を起こしやすくなっています。
    出典 :小児の急性中耳炎について
  • 夜間の対応を知っておこう

  • 1. 耳を冷やすこと(保冷シート;冷えピタなどを適当な大きさに切って、切れ目を入れ、耳を挟むようにして前後に貼るのは、かなり有効です)。2. 鎮痛解熱剤(カロナールやアンヒバ座薬など)
    出典 :急性中耳炎