桑田佳祐をも襲った【食道がん】とは?

様々な芸能人もこの【食道がん】に苦戦させられました。その症状とは?

view3649

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 食道がんの初期症状と進行

  • 食道がんの初期症状は殆ど無いでしょう。
    食道がんになる人は10対1の割合で男性が多いようです。なかでも食道がんになる人の多くは、お酒やタバコが好きな人、熱い食べ物や塩辛い食べ物が好きな人が多いです。
    食道がんの初期症状は先ほども述べた通り、自覚症状がないのが多いですが、中には胸の奥がわずかにしみるような初期症状を経験する方もいます。
    食物が通過する感じを自覚する方もいます。



    食道がんの初期症状から中期へと移行すると、物を食べた時の固形物が通過困難になると共に、痛みを感じるようになるでしょう。
    食道がんにも無症状食道がんが20%であると言われています。



    食道がんの初期症状が発症して1年以内に死亡してしまう人が多い病気で、5年以上の生存率も5%と、とても死亡率の高い病気なのです。
    食道がんの初期症状が殆どないので、がんが転移して初めて食道がんであるとわかる場合が多いのです。
    食道がんの初期症状を早期発見するためにも、定期検診などを受けるようにしましょう
    出典 :食道がんの症状:食道がんの症状と治療法
  • 食道がんの特徴

     

    食道がんは早期のうちからリンパ節に転移がみられるのが特徴です。日本人の場合は扁平上皮がんがもっとも多く、発生率は男性が女性の6倍程度です。そのほか、腺がんや特殊な上皮から発生するバレット食道がんがあります。

    また、世界には食道がん多発地帯があり、食道がんを発生しやすい食生活や習慣があるといわれています。

  • それぞれの状態の症状

     

    ・食道がんの初期症状は「沁みる感じ」

    ・進行した食道がんでは「詰まる感じ」

    ・声がれや咳・血痰にも要注意

  • 早期がんでは症状のない人が半数以上

  • 早期がんではその症状がやや異なります。症状がない人がほとんどで、食事のつかえ感を訴える人は進行がんと違ってずっと少なく、食道のしみる感じ、不快感、違和感を訴える人がいます。

    浅いびらん型の食道がんは特にミカンなどの刺激物でしみる感じを訴えることが多いようです。
    出典 :食道がん│病気事典│ここカラダ
  • 進行がんは食べ物のつかえが特徴

  • 進行がんは、食べ物の「つかえ感」を訴えることが多くなります。食べ物が通過するときに痛みを感じることもあります。また、まったく症状がないこともまれにあります。食道の周りには気管、気管支、肺、大動脈、反回神経(声帯に分布している神経)、脊柱[せきちゆう]などがあり、がんが進行してこれらの周囲臓器に浸潤してくると、食道の症状以外に、いろいろな症状が出てきます。体重減少、吐血、せき、声がかれる(嗄声[させい])、背部痛などです。

    食べ物のつかえ感は、特に急いで食べたときや、よくかまないで食べたときに出やすい傾向にあります。そのため、つかえ感を感じていても、ゆっくりよくかんで食べれば、つかえなくなりますので、治ったと思い発見を遅らせることも少なくありません。ただし、こういう場合は食事の時間が長くなりますので、よく注意していれば、家族がその変化に気づくことがあります。
    出典 :食道がん│病気事典│ここカラダ
  • 円柱上皮などから発生する腺がん

     

    発生学的には、胎生期のある時期には胃と同じ円柱上皮が食道の内面をおおっている時期があり、この円柱上皮が取り残されていたり、逆流性食道炎などの刺激で扁平上皮が円柱上皮に変わったりすることがあります。逆流性食道炎によってできた円柱上皮をバレット上皮といいますが、この上皮には胃がんと同じような腺がんの発生が多いといわれています。最近の欧米ではこの腺がんが増加しており、食道がんの50%以上がこの腺がんです。日本でもわずかですが、バレット腺がんは増加の傾向にあります。

  • 酒、たばことの関係が深い

  • 食道がんの原因は、ほかのがんと同様に、はっきりしたことはまだ解明されていません。しかし、圧倒的に男性に多く(男性対女性比:約7対1)、誘因として飲酒、喫煙との関連性が確かにあるようです。多喫煙、多飲酒の習慣がある人では食道がんの発生率は、吸わない・飲まない人の40倍との報告があります。また刺激物、熱い食事や熱いお茶などを好む人にも食道がんが多いといわれています。発がん物質としてはニトロサミン*がよく知られています。

    年齢分布では60代がもっとも多く、次いで50代、70代と比較的高齢者に多くみられます
    出典 :食道がん│病気事典│ここカラダ
  • あなたは大丈夫??メディカルチェック!

  • 早期には症状がはっきりしないことが多く、病状が進行するにつれ、食べたものがつかえて通りにくくなるといった自覚症状が出てきます。さらに進むと、水分しか通らなくなり、胸や背中の痛み、声がかれる、くびのつけ根にグリグリが触れるといった症状が出てきます。こういった症状が出たときにはかなり進行している状態です。強い酒やたばこをよくすう人に多く、また、熱い茶粥を毎日食べる地方にも多いのが特徴です。40歳以上で思い当たる症状が一つでもあれば、すぐに医師の診察を受けてください。
    出典 :食道がん 症状チェック -メディカルiタウン
  • 食道がんを患った芸能人

  • やしきたかじんさん(シンガーソングライター、タレント)

     

    2012年1月、食道がんであることを公表し現在闘病中。

  • 小澤征爾さん(指揮者)

     

    2010年1月、人間ドックで見つかった食道がん治療のために仕事を半年間休業。
    食道の全摘手術を受ける

  • なかにし礼さん(作家)

     

    2012年、体調不良から内視鏡検査を受けたところ、初期より少し進行した食道がんを発見。
    現在仕事をキャンセルして闘病生活中。

  • 桑田佳祐さん(ミュージシャン。サザンオールスターズのボーカル)

     

    2010年7月、食道がんを早期発見し、歌手活動を休業して翌月に手術。
    無事成功し、現在は復帰。

  • 桑田さんは現在復帰して活躍されてますね。やはり早期発見が大切です。

    只今か闘病中の方は、早く病に打ち勝ち復帰される事を願います。