野菜の皮は剥くなッ!?栄養素を逃がさないオススメ調理法 まとめ

ちょっと工夫するだけで、栄養素を逃がさず効率よく食べられる方法をまとめてみた!

view837

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • 加熱で失われるビタミンC

  • ほうれん草を茹でたときのビタミンC残存率

     

    加熱時間が長くなると汁の中にビタミンCが溶けて、失われる量が多くなります。

  • ほうれん草のオススメ調理法

  • サッとゆでたほうれん草を細かく切り、軽くすったゴマで和えれば出来上がりです。

    ゴマのビタミンEを補強することで、ほうれん草にたっぷり含まれるビタミンAとビタミンCの酸化を防ぐことができるうえ、ゴマにはコレステロール値を抑えるリノール酸も多いなど、健康への目配りのきいた一品となります。
    出典 :ほうれん草の効果的な調理法と選び方 - - 健康で免疫力を高める食べ物・栄養食品効果効能ナビ
     

    ビタミンを失わないようにサッと茹でるのがポイント!

  • ほうれん草のごまあえ

     

    ・材料 4人分
     ほうれん草 2わ(400g)
     すり黒ごま 大さじ6
     砂糖     大さじ2
     しょうゆ 大さじ1+1/2

    出典:http://www.ntv.co.jp/3min/recipe/20130411_2.html

  • 【1】 ほうれん草は水で洗い、ザルに上げて水気をきる。

    【2】 たっぷりの湯を沸かし、ほうれん草を根元のほうから入れて色よくゆで、冷水にとって冷ます。
        一度にたくさん入れると湯の温度が下がるので、何回かに分けてゆでる。

    【3】 ほうれん草の水気をギュッと絞り、4cm長さに切ってほぐしておく。

    【4】 すり黒ごまと砂糖をよく混ぜてほうれん草をあえ、しょうゆをかけて全体をあえる。
    出典 :ほうれん草のごまあえのレシピ|キユーピー3分クッキング
  • スープや味噌汁で汁ごと食べる

  • 野菜を茹でると湯に栄養分が溶けだしてしまいます。

    そのまま、野菜をスープやお味噌汁にして汁ごといただくか、野菜を茹でて食べるより蒸す方が、栄養分が野菜にとどまりやすく、茹でた野菜より甘味が強いです。
    出典 :栄養が逃げるのでやっちゃいけない「NGな野菜の食べ方」 | 美レンジャー
     

    スープや味噌汁は、体も温まるし一石二鳥だね!

  • 野菜は皮を剥かない

  • ごぼう

     

    豊富な栄養成分を持つゴボウを調理する際、下ごしらえで皮をむいたり、水や酢水に長時間浸すことによってアク抜きすると、含まれているそれらの栄養成分が溶け出してしまう。

    出典:http://www.nikkeibp.co.jp/archives/419/419412.html

  • 皮は剥かない!くわばたりえのこだわり「きんぴらごぼう」

  • きんぴらごぼう

     

    ごぼうもれんこんも皮剥かない「きんぴらごぼう」

    歯ごたえがあって栄養もたっぷり摂れるのだとか♪

    レシピ・作り方
    http://ameblo.jp/kuwabata0324/entry-10585665898.html

  • 生野菜だけではなく温野菜もバランスよく食べる

  • 韓国人は1人当たりの野菜の消費量が日本の2倍です。

    量を摂るだけでなく、バランスも大切にしていて、1回の食事で葉野菜から温野菜をバランスよく食べています。

    だから韓国の女性は肌のきめが細かく、艶がある人が多いのです
    出典 :栄養が逃げるのでやっちゃいけない「NGな野菜の食べ方」 | 美レンジャー
     

    韓国の女性は、温野菜も食べているんだね!知らなかった~

  • 栄養価を減らさず長持ちさせる野菜の保存方法

  • ・にんじん
     新聞紙でくるんでから、ポリ袋に入れて野菜室に立てたまま保存します。
     水がついていると腐りやすいので、水滴がついていたら、すぐにふき取ってあげるのがポイントです。

    ・ネギ
     ネギは、ビニール袋に入れて野菜室で立てて保存すると長持ちすると言われています。
     細かく刻んだり、適当な長さに切ってから、ラップで巻いて冷凍庫で保管しておくと、
     次使うときも冷凍のまま使えるので便利。
    出典 :栄養価を減らさず長持ちさせる  野菜の保存方法 ~健康の診断サイト カラダカラ
     

    正しい保存方法で保管して、しっかり栄養を摂ろう!