ボケを防止!知って得する簡単チャレンジ!!

人間はどんどん年をとっていくとボケてくる。。。
それはしかたないけれど何とかボケない方法はないものでしょうか?
努力すればそれだけ脳もがんばってくれます!
いろいろな方法をチャレンジして毎日の生活に取り入れてみましょう!!

view219

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ボケる?

  • 人間の知的能力は、40~50代のあたりまでは伸びつづけるとされますが、その後はだんだん下降線をたどるようになります。

    年をとれば、骨も筋肉も内臓も、体のさまざまな部分が衰えてくるように、脳の働きも低下します。

    新しいことを覚えにくくなったり、物忘れしたりするのは、多かれ少なかれ誰にでも見られるもの。

    病的なものではありません。
    出典 :【認知症】ぼけとは何か?単なる老化と認知症との違いは?: 縁処日記
     

    これ以上進むと大変なのです。。。

  •  




    少しくらいなら当たり前です

  • ボケることにも意味がある!?

  • 「最初に、これだけは知っておいていただきたい。人は誰でもボケるのです。ボケることによって、『老いる』ということへの苦痛を和らげ、老いた自分を受けいられるようになる。つまりボケは、人生の最後をバラ色に彩るための、自然の摂理でもあるんですよ。」
    出典 :ボケる脳とボケない脳の違い
     

    知らなかったです。。

  •  




    ちょっとくらいのボケはバラ色の人生へのため?

  • でもボケたくない!!

  • 脳は不思議なもので、リハビリを行うと、失われた部分を補うように、ほかの部分が動き出すようになるのです。

    出典 :ボケ&生活習慣~知って得!八つのボケない生活習慣-ボケないための栄養ナビ
     

    使えばいいのだ!

  • ボケない脳になるために

  • 「普段、人間が活用している脳神経細胞は、全体数のわずか一部にすぎない。大部分は、実は使われないまま眠っているのです。問題は、細胞の数ではなく、今ある細胞をどう活性化できているかということ。活性化するためには、たえず脳に刺激を与えてあげることが必要なのです」

    脳に与える刺激としては、できるだけ多くの領域(言語野、運動野など)の脳神経細胞を働かせる刺激がよいという。 よく手を使う仕事をするとよいといわれますが、これは、手を動かすことによって、脳の広い範囲の領域が刺激を受け、活性化されるからなのです」
    出典 :ボケる脳とボケない脳の違い
     

    刺激は大切です!!
    手仕事はやはり脳に良いのですね

  •  



    こういう趣味をもっている方はどんどんやりましょう!

  • 元気老人らなるには、肉をたっぷり食べて栄養をとることが必要です。
    草食系老人ではなく肉食系老人になることが大切なのです。
    出典 :草食系老人から肉食系老人になろう | 縁処日記
     

    肉は体によくないわけではないのです!

  • (武田邦彦氏)
    ボケない方法は3つあり野菜・肉・酒をとる。

    (おおたわ史絵氏)
    肉食老人は認知症になりにくい。といわれている。
    ビタミンBが認知症予防に良い。
    ビタミンBが含まれているのは豚肉・うなぎなど。
    出典 :ホンマでっか!?TV | 楽して長生きするには?
     

    肉食老人(笑)

  •  



    ボケたくないからといって
    食べすぎはだめですよ!

  • 知って得!八つのボケない生活習慣

    ◎ 「百マス計算」より効果的な「目標立て」
    ◎ 新しいことにチャレンジ
    ◎ 暗記を楽しむ
    ◎ 仕事や家事はテキパキ集中的
    ◎ 自分でできることを人任せにしない
    ◎ テレビより会話
    ◎ 手紙を書く、日記を書く(記録をつける)
    ◎ ビタミンEは脳のビタミン
    出典 :ボケ&生活習慣~知って得!八つのボケない生活習慣-ボケないための栄養ナビ
     

    これならできますよ!

  •  




    本屋さんでも売っているしパソコンでもできますものね。

  • 当たり前のことをする!!

  •  「脳の活性化に良い事」として、白澤先生は3つ挙げておられます。
     
     ウォ-キング・姿勢を正す・階段の上り下りで、「姿勢を正す」というのは、背筋をのばすことで、体の中の筋肉(インナ-マッスル)を鍛えるらしいです。これってダイエットにもよさそうですね。

     日常の習慣としては(1)よくかむ(2)本や新聞は声を出して読む(3)カラオケ(4)予定を立てる(5)料理をする

     要するに、「体を動かし、よくかんで食べ、声を出して、頭と手を使う」ということなんですね。
    出典 :認知症予防・ボケない脳を作る~TV『団塊スタイル』より ツキをよぶ美しい文字(エッセイ&うまい字の書き方)/ウェブリブログ
     

    子供に言っていることと同じかも??
    当たり前のことだけどそれができなくなってしまうのです。

  •  


    カラオケで脳を活性化!!
    楽しくいろいろチャレンジすることが一番なのです!