0歳児赤ちゃんの基礎知識について

0歳児の赤ちゃんについての基礎知識について解説していきたいと思います。

view265

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 赤ちゃんが生まれれると……

  • 赤ちゃんが生まれると、赤ちゃんの育児が中心になるような生活が始まります。

  • おっぱいをあげても泣き止んでくれなかったり、寝て欲しい時に寝てくれなかったりで、戸惑ったり、時にはイライラすることもあると思います。
    でも、ほんの少し赤ちゃんのことを知るだけで、そうした戸惑いやイライラは少なくなっていくものです。
    出典 :SHP-0ヶ月の赤ちゃんの基礎知識
  • 生まれたばかりの赤ちゃんは?

  •  

    生まれたばかりの赤ちゃんはママのお腹にいた時の感覚がまだ残っています。耳はちゃんと聞こえていますが、目は明暗がやっと分かる程度です。
    昼夜の区別がつかず、一日中ウトウトしてます。

  • 赤ちゃんは心臓が小さいので脈拍は速く、体温も36.5~37.5度と高めです。
    ママは既に出産した病院で説明を聞いているかもしれませんね。でもパパは意外に知らない方もいるようです。この機会に知っておいてくださいね。
    出典 :SHP-0ヶ月の赤ちゃんの基礎知識
  • 赤ちゃんは一人でいると不安になります

  • 赤ちゃんが泣く理由

     

    お腹が空いた、オムツを取り替えて欲しい、などの不快感を赤ちゃんは泣いて周りに伝えることはご存知ですよね。
    それらと同様に、赤ちゃんにはもうひとつ泣く理由があります。

  • ちょっと難しい話ですが、霊長類(サルの仲間)が持つ欲求の一つに「集団欲」というものがあって、独りでいると不安を感じるのだそうです。
    それで、赤ちゃんも一人になると不安を感じ、その不快感を泣いて知らせるのだそうです。
    その度にあやすのは大変ですが、お母さんやお父さんにあやされれば赤ちゃんは安心できるのです。
    出典 :SHP-0ヶ月の赤ちゃんの基礎知識
  • ですので、泣いた時は、「幼児期に必要なスキンシップだ」と思ってあやしてあげて下さい。
    出典 :SHP-0ヶ月の赤ちゃんの基礎知識
  • 赤ちゃんは泣くのが”運動”と割り切る

  • 「泣かせちゃいけない」などといつも気を張り過ぎると、ストレスでママもパパも疲れちゃいます。育児生活はスタートしたばかり。
    「泣くのは赤ちゃんの運動」とある程度は割り切って、あまりナーバスにならないようにしてください。
    出典 :SHP-0ヶ月の赤ちゃんの基礎知識
  • けして感情的になり過ぎないようにしてください

  • 赤ちゃんが泣き続けても、絶対に、「うるさい!」と怒鳴ったり、叩いたりしないで下さい。 泣いた時に怒られてしまうと、声を出すことに抵抗を覚えるようになり、表情が豊かになる時期に声をあげて笑わなくなったり、言葉の発達が遅れたり、ひどい場合、食欲を失くしたり、情緒不安定になったりしてしまうのです。
    出典 :SHP-0ヶ月の赤ちゃんの基礎知識
  • 毎日のことですので大変だとは思いますが、赤ちゃんはママやパパを始めとする周りの人たちの温かいケアを体全身で覚えていくものなのです。
    出典 :SHP-0ヶ月の赤ちゃんの基礎知識