マタママさん注意!母子感染する「サイトメガロウイルス」の怖さとは…?

「サイトメガロ ウイルス」って聞いたことありますか?
妊娠した後に感染すると、母子感染で子供にも感染。
赤ちゃんに障害が発生してしまう危険性があるそうです。

どんなウイルスなのでしょうか?

view521

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 「サイトメガロウイルス」って?

  • CMV(Cytomegalovirus:サイトメガロウイルス 学名HHV-5(human herpesvirus 5))は、ヘルペスウイルス科ベータヘルペスウイルス亜科に属するウイルスのひとつです。世界中に見られ、どこにでもいるありふれたウイルスで、日本では成人の60~90%(妊娠可能年齢の女性では、60-70%)は過去にCMVに感染したことがあるといわれています。過去に感染したことがあれば、ヒトの体内では様々な組織に親和性があるので、体中どこにでもいますが、細胞の中に入り込んでしまうため、免疫の攻撃から逃れやすい性質があります。これはヘルペスウイルスの仲間に共通する特徴ですが、いったん感染するとウイルスは一生、私たちの体の中に潜んでいます(潜伏感染)。妊娠・出産などに際して、潜んでいたウイルスが増殖を再開することがありますが(再活性化)、そのために何らかの症状が出ることは通常ありません(不顕性感染)。ただし、免疫力が落ちた人や胎児は例外です。
    出典 :先天性サイトメガロウイルス感染症|先天性トキソプラズマ&サイトメガロウイルス感染症患者会「トーチの会」
     

    殆どの人が感染しているんですね。でもやっぱり胎児には影響があるようです。

  • サイトメガロウイルスの症状 (健康な人の場合)

  •  

    サイトメガロウイルスに感染しても、通常は無症状。まれに、発熱などの体調不良を感じることはありますが、重大な症状は現れません。ただし母体内でウイルス感染した新生児や、成人の場合でもAIDSなどにかかって免疫機能が弱まっている場合は重症化しやすく、最悪の場合、命に関わることもあります。サイトメガロ(Cytomegalo=巨大な細胞)の語源は、細胞内でも、光学顕微鏡で見えるほど大きなウイルスによる粒子が見えることに由来しています。

    引用)http://allabout.co.jp/gm/gc/371480/

  • 免疫力が低下している成人、胎児に影響があるんですね。

  • 赤ちゃん注意!“先天性”サイトメガロウイルス感染症

  •  

    先天性サイトメガロウイルス感染症とは、子宮内の赤ちゃんにサイトメガロウイルスが感染し様々な症状が出てきてしまう感染症です。症状をともなう感染症が発生しやすい状況は、お母さんが妊娠中に初めてサイトメガロウイルスに感染してしまう、いわゆる初感染の場合です。初感染では、お母さんの血液にはウイルスを認識し、攻撃する抗体という免疫のタンパク質がないために、赤ちゃんに症状が出やすく、かつ重症になる可能性が高くなります。

    引用)http://www.med.kobe-u.ac.jp/cmv/cmv.html

  • 感染すると・・・赤ちゃんへの影響は?

  • 問題になるのは、妊娠時に初めて感染した場合です。CMVに対する免疫を持っていないため、無防備な状態のまま胎盤を通して胎児へと感染してしまいます。胎盤感染してしまう胎児の頻度は30~50%と言われています。しかし、感染した全ての胎児に症状が現れる訳ではなく、何らかの症状が見られる感染児(症候性感染児)は10-30%程です。大多数の子どもは、感染していても症状は見られません(無症候性感染児)。
    出典 :先天性サイトメガロウイルス感染症|先天性トキソプラズマ&サイトメガロウイルス感染症患者会「トーチの会」
     

    感染したからって、全ての赤ちゃんに症状が現れるってわけではないようです。

  • 先天性サイトメガロウイルス感染症で起こる症状

  •  

    ■低出生体重:赤ちゃんが軽い体重で生まれてきます。
    ■小頭症:頭の大きさ(頭囲)が小さくなります。
    ■紫斑:出血を止める働きのある血小板が減少して、皮下に出血が起こります。
    ■肝炎:肝臓の細胞が壊れる肝炎の状態になります。
    ■難聴:耳の聞こえが悪くなります。片耳の場合も両耳の場合もあります。
    ■発達障害:軽度のものから重症のものまで、その重症度には大きな差があります。
    ■てんかん:けいれん発作を起こすことがあります。
    ■視力障害:網膜の炎症や眼球形成自体に異常が起こり、視力に影響が出ます。
    ■死亡:多くはありませんが、最重症の場合は死亡することもあります。

    引用)http://www.med.kobe-u.ac.jp/cmv/cmv.html

  • 色んな病気に・・・怖いですね。

  • 治療法は?

  • 残念ながらCMV感染を予防できるワクチンはまだありません。米国では複数の製薬企業がCMVワクチンの臨床試験を行っていますが、それらの多くはHIV患者や臓器移植患者が対象です。先天性CMV感染の予防を意図して開発されたワクチンは、臨床試験で「ワクチン接種しなければ2人感染するところを1人だけの感染に抑える(50%の防御効果と言います)ことができる」ことが示されましたが、これでは効果として不十分ですし、「時間が経つとワクチンの効果が減少してしまう」欠点があることがわかってきています。このため先天性CMV感染の予防のためのワクチンが実用化されるのは先の話と考えられます。 実際に私達がワクチンを受けられる様になるまでには、早くとも10~20年はかかると考えられています。
    出典 :先天性サイトメガロウイルス感染症|先天性トキソプラズマ&サイトメガロウイルス感染症患者会「トーチの会」
     

    う~ん・・・薬は無いようです・・・予防するぐらいなのでしょうか?

  •  




     予防法は?