睡眠不足が及ぼす身体への悪影響とは?

日本は世界で一番睡眠が少ない国だと言われています。
睡眠は日々の疲れを回復してくれるだけではなく精神面や体重にも影響します。
UPの活動量計で有名なJawbone (ジョウボーン) が睡眠に関する研究をおこなった結果、睡眠はなんと「体重」にも関係する事が明らかになりました。

view36

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 日本人は世界で一番睡眠が少ない国?

  • 日本人は世界で睡眠時間が一番少ないだけではなく、睡眠に対する意識が最も低い国なんです。
    不眠症を放置しておくと鬱病になるリスクも高まってしまいます。

    UPのウェラブルで有名なJawbone社(ジョウボーン)が研究したところ睡眠はなんと体重にも大きく影響しているんです。そんなに食べていないのに中々痩せないと思っている方や、ダイエットにチャレンジしても体重が落ちない!そんな方はもしかして「睡眠」が原因かもしれません。

    Jawboneの研究結果によると就寝時間にバラつきがある方や就寝時間が夜中をすぎる「夜更かし人間」は翌日のカロリー摂取がとても高い事が判明しました。それにかわって「朝型人間」はより健康的な食べ物を好む事が分かりました。

  • 朝型人間と夜型人間が好む食事の違い

     

    朝型人間だと野菜、果物、食物繊維が多い炭水化物、赤みのタンパク質、心臓に負担のかからない脂肪。
    夜型人間だとカフェインやアルコール、糖質、加工された炭水化物、加工肉、などが多い傾向があります。

    こんなにも違いがあるなんてびっくりですね。
    たしかに夜更かししていたり、残業などしている時はついついカフェインは糖質が多い食べ物を
    好んで食べている気がします。

  • 体重を減らすには何をすればいいの?

  • 夜遅く寝る人は自然と翌日のカロリー摂取が高くなってしまいます。
    これが一日だけだとそれほど身体に悪影響はありませんが、普段から夜更かしの人は常に平均の摂取カロリーが多いので体重はちょっとづつ増えていきます。
    なので12時前に寝る様にすれば自然を身体が健康的な物を欲する様になり、体重も落ち、健康的な身体になれます。

    それほど多く食べていなくても中々痩せれない理由は「睡眠」にあったのかもしれませんね!

  • Jawbone UP3 (ジョウボーン アップ3)

     

    こちらがJawboneのUP3活動量計。
    「これが活動量計?」と思う様なスタイリッシュなデザインです。
    UP3は活動量、活動時間、カロリー、食事、睡眠の長さだけではなく睡眠の質、レム睡眠更に心拍数も測定出来てしまうんです!