「赤ちゃんの乾燥肌」はどんな症状が出る?

「赤ちゃんの乾燥肌」はどうなるのでしょうか?原因もしっかり知っておこう

view125

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 赤ちゃんの乾燥肌

  • 潤いを与えるクリームや乳液って誰でも持っていますよね。これって乾燥してカサカサになっている赤ちゃんのホッペにも使えそうな気もしますが、合成界面活性剤でお肌のバリア機能を破壊して肌の中に水を埋め込み、合成ポリマーで蓋をするといった原理で効果を見せかけます。
    出典 :知らないと後悔するほっぺがカサカサな赤ちゃんの乾燥肌対策 | 誰にでもわかる!赤ちゃん大好き
     

    合成ポリマーで蓋をするのですね・・・これは・・・

  • どんどんお肌を破壊し続けるものなのです。確かに一時的にはお肌のハリを感じるし(角質層が水ぶくれになっている状態)肌を触ると潤っている感触がします(肌の表面が合成ポリマーで覆われている状態)しかし10日ほど使用を中止すると、顔がカサカサのしわしわになるはずです。
    出典 :知らないと後悔するほっぺがカサカサな赤ちゃんの乾燥肌対策 | 誰にでもわかる!赤ちゃん大好き
     

    肌に侵入した合成界面活性剤やポリマーが肌から抜けていくのに10日程かかる為だそうです

  • うるおいたっぷりという訳ではない

  • 赤ちゃんのお肌

     

    表面の部分の角質層は大人よりずっと水分量が少ないそうなのです。角質層の上、つまりお肌の一番外側には皮脂膜と言う水分の蒸発を防ぐバリアがあるのです。しかし生後2ヶ月を過ぎると急激に減るとされているのです

  • 肌が乾燥して敏感になり、外からの刺激を受けやすくなります。赤ちゃんの肌を健全に保つためには、大人以上に少ない皮脂を油分を与えることで補い、角質の水分量を十分に保つケアを早い時期からはじめることが大切です。
    出典 :乾燥シーズン到来!赤ちゃんの「カサカサ肌」対策|MaManabi [ママナビ] - ジョンソン・エンド・ジョンソン
     

    意外とかさかさになり易いのです

  • 湿疹が出てしまう

  • ごわごわの服とか静電気が置きやすい化学繊維の素材、刺激の強い洗剤とか、衣類に残留した合成洗剤とか、ハウスダストとか・・・赤ちゃんを取り巻く環境には沢山の刺激が待っていますので、ブツブツとその刺激による湿疹が出る子が多いようです。これがそう簡単になおらないと「アトピー」と診断されてしまう赤ちゃんも現代では多いそうです
    出典 :赤ちゃんの乾燥肌
     

    アトピーは年々増え続けているそうです

  • 乾燥して、ブツブツが出来た肌は強いかゆみを伴っている事が多いです。赤ちゃんは自分の手を上手に痒い場所に持って行く事ができません。顔とか頭とかをどこかにこすり付けたりするしぐさが多い時は、かゆみが原因かもしれません。夜中泣くのも、痒いことが原因の一つになっている場合があるようです。
    出典 :赤ちゃんの乾燥肌
  • 対策をしよう

  • 皮脂が減るからお肌が乾燥しているのです。つまり油を補充してやればいいんですよね。油といっても料理で使ってる油を塗らないように!赤ちゃんが油焼けしちゃいます。精製されたオリーブ油や馬油、ホホバオイルが良いでしょう。なぜなら不純物は毒でもあり、シミの原因になるからです。
    出典 :知らないと後悔するほっぺがカサカサな赤ちゃんの乾燥肌対策 | 誰にでもわかる!赤ちゃん大好き
  • 基本的なステップはママの保湿ケアと同じ。低刺激の洗浄剤で必要以上に皮脂を取り過ぎないように気をつけながら汚れを落とし、乾燥する前にローションやクリームでしっかり水分&油分を補います。乾燥しがちな部分や外出時に出る部分には、肌の様子を見ながらクリームやオイルを塗り直し、しっかり肌を保護してあげましょう。
    出典 :乾燥シーズン到来!赤ちゃんの「カサカサ肌」対策|MaManabi [ママナビ] - ジョンソン・エンド・ジョンソン
  • ワセリン

  • 今では

     

    大人気のワセリンですが、これは赤ちゃんに使う事が出来るのです。保護する役目があるそうですよ

  • 子どもの肌をキッカケにいろいろ調べたり、子どもの体で実験して観察したりしていくうちに、その「効かなかった原因」がわかりました。ずばり、乾燥しているお肌に必要なのは「ワセリン」で保護する事、それ以前に「水分を補充してあげる事」だったからです。
    出典 :赤ちゃんの乾燥肌
     

    保湿して水分を補充するのが大切なのです