武井壮さんの睡眠方法に注目が集まっているようです。

テレビでよく見かけるようになった武井壮さんの睡眠について注目が集まっているようですので、まとめてみました。
また、どのくらいの睡眠時間を取るのが効果的なのかについて、一般的な説をを紹介します。
自身の睡眠の向上に役立ててください。

view13866

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 武井壮さんとは?

  • 武井壮さんはタレントとして活躍されている芸能人です。
    元陸上選手であり、そのことを活かした芸風となっています。
    神戸学院大学の法学部を卒業しており、その後、中央学院大学の商学部を卒業しています。
    出身地は東京都の葛飾区です。
    身長は175センチ、体重は69キロであり、スリーサイズは上から100、77、92となっています。
    血液型はA型です。

  • 武井壮さんの芸風として、自分の肉体を駆使したさまざまな活躍が注目されています。
    たとえば、百獣の王を目指すためにさまざまな動物を戦って勝つことができるという独自の理論を披露しています。
    独特の戦法を用いて動物と戦うエピソードを披露しており、それに対して多くのファンが生じています。

  •  

    武井壮さんはとてもユニークな芸風を持った方なのです。

  • 武井壮さんの睡眠方法

  • 武井壮 最強の睡眠法「リボ睡眠」の秘密 - YouTube

     

    いろいろ試していたのですね。

  • 武井壮さんは40歳なのですが、睡眠時間について独自の理論を提唱しています。
    その中でも驚くべきことは、自身の睡眠時間が45分しかないという点です。
    しかも、この45分の睡眠というのは普通の人が7時間睡眠をしたのと同じ質のものだというのです。
    実際に医師に確かめてもらった結果、一般人が7時間睡眠する時のレム睡眠の長さと同じだけのレム睡眠を武井壮さんはたったの45分で取ることができるのです。
    だからこそ、短時間の睡眠でも問題なく生活をすることができるといっています。

  • 武井壮さんは朝ベッドから起きてから、ずっと休まずに仕事を続けます。
    20時間以上も仕事を続けてから、やっとベッドに入るのですが、その時に眠りにつくスピードがとても早いです。
    なんとたったの1分程度ですぐに熟睡することができます。
    実際に脳波計によって確かめた結果でも、1分で眠りに入ることのできる点が確認されています。
    通常は、眠りにつくまでに15分程度の時間がかかるそうです。
    武井壮さんは自分は布団についてからすぐ眠るタイプといっているのですが、このような人はほとんど例がありません。
    しかも、45分しか睡眠時間を取らず、きっちりとその時間が経てば起きます。
    その後は特に眠たくなる様子もなく働き続けるようです。

  • 一般男性の場合は、深い眠りに入るためには25分程度の時間がかかります。
    武井壮さんの場合は14分経過するともう深い睡眠に入ることができます。
    また、武井壮さんの睡眠時間の中で深い睡眠の占める割合は約半分となっていて、これはとても高い割合となっています。
    普通の人は睡眠時間の中でも深い睡眠は全体の2割程度しかないようです。

  • ただし、武井壮さんは番組の中で疲労度を測定したことがあり、その時の数値は正常の値を大きく超えるものだったようです。
    したがって、45分睡眠をしていても完全に体の疲れが取れているわけではありません。
    現在は武井壮さんはとても元気な状態で仕事を続けているのですが、将来的には何らかの弊害が生じる可能性があるといえるでしょう。

  • ベストな睡眠時間とは

  • 日本人の平均的な睡眠時間は6時間から8時間の間であることが多いです。
    多くの方は上記に当てはまっているでしょう。
    ただし、6時間から8時間以外の睡眠時間の方が以上であるというわけではありません。
    体質や生活習慣、職業などによって、適切な睡眠時間には大きな個人差があります。
    たとえば、歴史上の偉人の中には極端に睡眠時間が短い方や、逆に睡眠時間の長い方がいます。
    自分の体に合った睡眠時間を見つけ出すことが大切であるといえるでしょう。

  • 一般的には加齢とともに必要となる睡眠時間は減少するとされています。
    たとえば、赤ちゃんや小さな子供の方が大人よりも睡眠時間は長いです。
    また、20歳の頃と比べて60歳の頃の方が睡眠時間が短くなったという方は多いでしょう。

  • 多くの調査によって分かっていることとして、睡眠時間が極端に長い場合や、逆に極端に短い場合は死亡率が増加するということが知られています。
    また、精神的な疾患によって睡眠時間に大きな変化が生じることがあります。
    睡眠時間そのものにはあまりこだわらず、睡眠の質を高めて、自分が最もリラックスできる状態で寝ることが大切だといえるでしょう。
    健康な方であれば、自然と適切な睡眠時間を確保することができるようになります。

  • 睡眠の質を高めるには

  • 寝付きが悪いためにお酒を飲む人は多いです。
    寝酒という言葉があるぐらい浸透している習慣です。
    しかし、これはあまりおすすめできる方法ではありません。
    最初のうちはお酒を飲むことによって眠ることができていたのに、アルコールへの耐性ができてしまうことによって、同じ量ではなかなか眠れなくなります。
    そのため、必要以上に多くの量のアルコールを飲んでしまうことになります。
    また、血中のアルコール濃度が下がると覚醒が起きやすくなるため、その段階で眠りが浅くなってしまいます。
    したがって、寝酒は睡眠の質の低下を引き起こすことになります。

  • 睡眠の質を高めるために特別なことをする必要はありません。
    まずは生活習慣を整えましょう。
    そして、ベッドや枕、布団などを自分が心地よく眠れるものにすることが大切です。
    眠る直前に運動をしたり、食事をするのはやめておきましょう。
    また、ゲームをしたり、パソコンをするなど、目を酷使することもよくありません。
    以上のことに気をつけて、部屋の明かりを消して眠ることによって、質の高い睡眠を実現できます。

  • どうしても眠りの質を改善することができない時にはきちんと医師に相談をしましょう。
    たかが眠りのことだと甘く見るのではなくて、人間にとって睡眠は非常に大事なことであると自覚して、必要ならば医師の診断を受ける覚悟をしましょう。

  •  

    武井壮さんに憧れるのは構わないのですが、睡眠時間を真似する必要はありません。
    自分の体に合った睡眠を取ることを優先させましょう。