【肝臓が疲れやすい】と感じたことがありますか?自覚症状は

肝臓は、臓器の中でも最大の内臓で、体の機能にも大変重要な役割を果たしています。【肝臓が疲れやすい】というのは一体どういうことなのかをまとめてみました。

  • Forti 更新日:2014/09/24

view100

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • まずは、肝臓お疲れ度チェックをしてみましょう!

  • 肝臓障害の初期症状としてもっとも多いのが、肝臓に脂肪がたまる脂肪肝。自覚症状がなく、肥満や飲酒と無縁の人にも「隠れ脂肪肝」が増えているのも、怖いところ。あなたの「肝臓お疲れ度」をチェックしてみましょう。
    出典 :肝臓お疲れ度チェック - Yahoo!ヘルスケア
  • 肝臓の働きとは?

  • 【1】脂肪を消化するために必要な胆汁を作ります。【2】 栄養素を貯え、栄養素としてからだが吸収できるように肝臓で変化させます。【3】 体内に入った毒物を分解し、毒のないものに変えます。
    出典 :肝臓|からだとくすりのはなし|中外製薬
  •  

    働きは500以上もあります!

  • 働きは少なくとも500以上あるとされ、これと同機能を持つ化学工場は作れないとも言われるほど多機能であるため、人工臓器としての実用化が非常に難しい臓器である。他方、臓器の中での部位による機能の分化が少なく、一部に損傷があっても再生能力が強いため、その損傷などがあっても症状に現れにくい。
    出典 :肝臓 - Wikipedia
  • 肝臓が疲れやすい原因は?

  • 食べ過ぎ・飲み過ぎ、睡眠不足、ストレス、運動のし過ぎなど、日常的な行いの一つひとつが、肝臓の酷使や脂肪の沈着につながり、肝臓疲労を引き起こす原因になります。
    出典 :肝臓と疲労の意外な関係|働きと効果|オルニチン研究会
  • 起こりうる肝臓の病気について

  • 脂肪肝

     

    自覚症状がないため、定期的な健診が必要です!

  • 食事で摂った脂肪は、小腸で脂肪酸に分解され、肝臓に送られます。しかし、糖分や脂質を摂りすぎて、肝臓に送られる脂肪酸が増えると、肝臓で脂肪酸から作られる中性脂肪が肝臓にたまります。また、アルコールの飲みすぎでも肝臓に中性脂肪がたまります。皮下や内臓に中性脂肪がたまると肥満になりますが、肝臓にたまると脂肪肝になります。
    出典 :脂肪肝とは|脂肪肝の症状・改善・食事療法・原因
  • 肝硬変

     

    慢性肝炎が長く続くと、やがて肝硬変に…!

  • 慢性肝炎の状態が長く続くと、「肝硬変」(肝臓が小さくて硬くなる)になります。肝硬変は、肝臓が小さくて硬くなるだけでなく、正常に働くことのできる細胞の数が減り、肝臓の機能が失われていきます。そして、肝臓がんを発症しやすい状態になります。
    出典 :肝硬変の症状・原因・食事|肝硬変|病気・症状チェック
  • 肝癌

  • 肝癌は、世界的に見て、2008年において年間70万人の死亡者を出しており、140万人死亡の肺癌、74万人死亡の胃癌に続いて3番目の癌死の原因となっている
    出典 :肝癌 - Wikipedia
  • 肝細胞がんは他臓器のがんと異なり、基礎疾患として慢性の肝臓病(慢性肝炎(まんせいかんえん)または肝硬変(かんこうへん))のあることが多く、長期に“肝細胞の破壊・再生を繰り返すこと”が肝がん発がんの大きな原因と推定されています。
    出典 :肝がん(肝細胞がん)の症状や原因など - goo ヘルスケア
  • 肝臓に負担をかけないようにするには?

  • お酒の飲みすぎに注意!

  • お酒を飲んだ翌朝に不快な気分におそわれる「二日酔い」。原因は、大量のアルコールを摂取し、アセトアルデヒドが肝臓で十分に処理されないことです。
    出典 :飲み過ぎに注意 | 知っておこう!上手な飲み方、付き合い方 | サッポロビール
  • 肝臓はそうひ弱な臓器ではありませんので、そう優しくなりすぎる必要はありません。昔から言われておりますように、「腹八分目」「適度な運動」「十分な睡眠」をとることに心がけてください。
    出典 :Dr.中島の肝臓病講座
  • やはり、お酒の飲みすぎが一番肝臓に負担がかかるようです。また、食べ過ぎや、ストレス、睡眠不足、運動不足もよくありません。そのため、肝臓が疲れていると感じる場合は、一度セルフチェックをしてみてみましょう。自覚症状がない場合が一番怖いですので、セルフチェックをして疲れている場合は医師の診察を受けることをお勧めします。