「先天性眼瞼下垂」とはどんなもの???

「先天性眼瞼下垂」とはどのようなものなのでしょうか!どんな症状が出る?

view320

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 先天性眼瞼下垂とは?

  • 生まれつき、上まぶた(眼瞼)が下がっている状態です。その多くは、まぶたをつり上げる上眼瞼挙筋(じょうがんけんきょきん)という筋肉の発育不全によるもので、単純性下垂と呼ばれます。
    出典 :先天性眼瞼下垂 とは - コトバンク
     

    先天性なので生まれつきですよね

  • 特徴はある

  • 人によって両目の場合もありますが、たいていは片方の目だけに発症します。どちらにせよ、視力障害が出ることはほとんどないので、その点は安心して良さそうです。ただし、幼い頃から片目で物を見るクセが付いてしまうと、乱視や弱視になる可能性はあります。
    出典 :先天性眼瞼下垂の特徴
     

    眼の使い方次第ですが、あまり問題がなさそうですね

  • 思春期になってから

     

    嫌な思いをするという事があるそうなので、なるべく幼いうちに診療をうけさせてあげるのをおすすめしている人は多いそうです!

  • 幼少児の場合は就学の少し前に行うことをお勧めしています。左右差が大きく気になる場合、視界が狭く日常生活に支障を来たす場合、まぶた以外の場所にいろいろな症状が起きている場合、などです。
    出典 :先天性眼瞼下垂の原因、手術適応・時期、治療方法(眼瞼下垂)/松山市民病院 形成外科(愛媛県松山市)
     

    こんな感じですよね

  • 原因ははっきり分かっていない

  • はっきりとした原因は解明されていませんが、家族のだれかに眼瞼下垂の人がいた場合に発生する場合もあるようですが、家族に眼瞼下垂の罹患歴がない場合でも発症するケースが多くあるようです。
    出典 :眼瞼下垂 原因|みやび形成外科|眼瞼下垂専門サイト
  • 先天性動眼神経(せんてんせいどうがんしんけい)まひ、マーカスガン現象(下垂した片側のまぶたが、口を開くとともに上がる現象)などの神経の異常や重症筋無力症(じゅうしょうきんむりょくしょう)、進行性外眼筋(しんこうせいがいがんきん)
    出典 :先天性眼瞼下垂 とは - コトバンク
     

    これらで起きる事があるので注意が必要です

  • 程度で保険対応の有無が決まるのか

  • 上マブタを持ち上げる筋力が無い あるいは、非常に弱いことで上マブタが下垂しています。左右で目の開きが異なっていたり目の表情に動きが無いなど見た目にも明らに「病的」と分かる場合が多く保険適応は問題なく認められます。(程度は重度の眼瞼下垂)
    出典 :先天性眼瞼下垂症
     

    軽度の場合は認められない場合もあるので実費になるようです

  • 単純性眼瞼下垂…生後あるいは1年以内に発症する。眼瞼挙筋の発達不全。眼瞼縮小症候群…遺伝などで起こる両眼性の眼瞼下垂。動眼神経麻痺…動眼神経(脳から眼球までの間にある神経)の障害によるもの。
    出典 :先天性眼瞼下垂の特徴
     

    ちょっと分かり難いですが、この三つですね

  • どこの病院にいけば良いのか

  • 特に子供の場合には、全身麻酔が必要になることがあるので安全な環境で手術が出来る病院・クリニックを選択する必要があります。まずは、大学病院や総合病院の形成外科に相談してみましょう。
    出典 :先天性眼瞼下垂症
  • 幼少期の間に

     

    治療しておきたいですが、やはり子供の体力を考えても信頼できる所が良いですよね!