風邪っぽいかも…?風邪のひき始めに、徹底対策で瀬戸際ブロック!

マスクに手洗いうがい、しっかり予防したけど、なんだか寒気が…。「風邪を治す薬」はありません。風邪はひき始め、最初の2日間の対策が肝腎!
今すぐできる対策で自分の免疫がフルパワーになったら、きっと明日は元気に!

view6833

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 徹底的に予防したつもりが…

  • 寒気?ひょっとして、風邪かも・・・?

  • 波打ち際でブロック!

  • 風邪はひきはじめの2日間が勝負

  • 風邪はひき始めの二日間が肝心

    まずは「ひき始めの二日間」をどうすごすかで、軽微な風邪で済むか、それともこじらせるかが決まるという。
    体が変調を来たしてウイルスの力が充分発揮されていない間に自分の免疫力・自己回復力を少しでも整え、体調の悪化やウイルスの増殖を抑えるのが重要。

    時々「体調がすぐれないかな?」「熱っぽいかな?」と感じても
    「それなら今日は早めに寝よう」「果物など軽いものを食べて横になろう」「無理をせずに外出せず自宅で本でも読んでいよう」と判断して無理をせずに過ごしたら、翌日や翌々日ごろには調子が戻っていた。
    そんな経験をしたことのある人は多いはず。
    これがすなわち「ひき始めの二日間」の態勢作りがうまく行き、風邪を波打ち際で撃退したということなのだろう。

    出典 :「風邪引いたかも」と思ったら こじらせないためのひき始め対策:ガベージニュース(旧:過去ログ版)
  • 風邪薬は「風邪を治す」ものではない

  • 「かぜは薬で治さない」学会が指針

    ・自然に治るもので、かぜ薬で治るのではない。

    ・ほとんどがウイルス感染。
    ただし、インフルエンザを除いて、有効な抗ウイルス薬は存在しない。

    ・抗菌薬(抗生物質)はかぜに直接効くものではない。

    ・かぜ薬は、症状の緩和が目的の対処療法にすぎない。

    ・発熱は体がウイルスと戦っている免疫反応で、ウイルスが増殖しにくい
    環境を作っている。


    出典 :「かぜは薬で治さない」学会が指針 軽ければ自宅で安静に
  • 「ひき始め」に有効な葛根湯は飲む時期が大切

  • ・ゾクゾクっと寒気がする
    ・首筋や背中がこる
    ・頭痛や筋肉の痛みがある
    このような風邪の初期症状の段階で威力を発揮するのが、葛根湯なのです。


    風邪は、大きく分けて二つのタイプがあります。

    ・悪寒より発熱がひどい
    ・のどが痛い
    ・口が渇き、冷たいものを飲みたがる

    このような症状の風邪タイプには、「葛根湯」は効果がありません。
    出典 :漢方薬の誤解! 葛根湯の正しい飲み方は? [漢方・漢方薬] All About
  • やってしまいがちなNG

  • 風邪のひき始めに有効な対策

  • 予防だけじゃない!一日中マスクでしっかり保湿

  • a 日中はもちろん夜寝るときにもマスクを着用する

    b ハミング:
    ・「ん」を鳴らす(特に鼻や喉の炎症に効きます)
    ・「お」を鳴らし、胸を軽くたたく(気管の炎症を感じる場合、タンをきりたいときに)

    出典 :スタジオ・レイ:[クリッピング]-[風邪をひいたら]
  • 「ニンニク」と「生姜」

  • ・風邪予防にニンニクがよいってホント?
    ニンニクは、自然の抗生物質、抗ウイルス性を持っています。
    せき、のどの痛みなどを改善する可能性も示唆されています。
    にんにくは細かく刻んで空気に触れさせることで、アリシンという健康効果のある物質がよく働くようになります。
    市販のニンニクサプリメントよりも、生のにんにくを使用した方が効果があるようです。

    風邪の引きはじめに、刻んだり、おろしてアリシンを活性化させたニンニクを1日1~2片食べるのがよいと言われています。


    ・風邪予防に生姜がよいってホント?
    生姜は抗炎症作用や咳を和らげるのに効果があると言われています。
    生姜は免疫を上げたり、風邪を予防するというより、風邪の症状を和らげるのに役立つようです。

    出典 :2/2 サプリ・食事で始める!今年の風邪予防・風邪対策 [栄養管理] All About
  • 「りんごが赤くなると、医者が青くなる」

  • 1日1個のりんご、または1~2個のみかん、1~2個の梅干し、或いは梅干し茶を摂取することをお勧めします。
     りんごの食物繊維は、腸内の善玉菌を増やし、悪玉菌の活動を抑えるなど、腸内環境を整えます。
    ポリフェノールを含み、活性酸素を除去する作用があります。
    また、アレルギー症状の原因となる「ヒスタミン」を抑える働きもあります。
    出典 :風邪予防の決め手は?
  • 大椎のツボ

  • とにかく睡眠&休養を!

  • 瀬戸際ブロックで、明日は元気っ!