「善玉・悪玉コレステロール」はどう違う?「中性脂肪&悪玉」は脂質異常症のもと!健康管理に留意!

「中性脂肪」と「コレステロール」は違うの?「悪玉と善玉」の違いは?そんな健康管理に役立つ基本情報から、それらが引き起こす「脂質異常症」までをまとめてみました。

view435

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 「中性脂肪」と「コレステロール」はどう違うの?

  • コレステロールと中性脂肪はどちらも体内の脂質、いわゆる脂肪の一種です。

  •  

    脂肪にもさまざまな種類があります。

  • 「中性脂肪」とは、体内に食べ物などから摂取した栄養で余分なものが、皮下の脂肪組織や肝臓に蓄えられた脂質のことで、エネルギー源の脂質であり、中性脂肪が蓄積されるとこれが肥満の大敵である、体脂肪になります。

  •  

    過食は「中性脂肪」をもたらしますね。

  • 一報、「コレステロール」は、細胞膜やホルモンなどをつくったりする成分として、生命維持に重要な役割をする脂質をいいます。しかし、これには「善玉」と「悪玉」と呼ばれる異なったタイプのコレステロールがあり、悪玉は体に悪い影響を及ぼします。

  •  

    何分にも、過剰はよくないようですね。

  • 「善玉・悪玉コレステロール」、両者の違いを教えて!

  • そもそも「コレステロール」は、血液中や脳、肝臓などに含まれ、細胞を構成する細胞膜の材料であり、副腎皮質ホルモンや男性ホルモン、脂肪の消化を助ける胆汁酸などの原料でもあり。人体には欠かせないものです。

    しかし、体内の重要な構成組織として大切な役目をしているコレステロールですが、過剰に蓄積すれば生活習慣病のもとになるというのは有名な話です。

  • 血液中のコレステロールは、たんぱく質と複合体を形成してリポタンパクとして存在しています。リポタンパクは、比重の重さによってhigh density lipoprotein(HDL、高比重リポタンパク)、low density lipoprotein(LDL、低比重リポタンパク)、very low density lipoprotein(VLDL、超低比重リポタンパク)、cylomicron(カイロミクロン、乳び脂球)の、4種類に分けられます。
    その内、コレステロールを主に運んでいるのがHDLとLDLで、HDLに運ばれているコレステロールをHDLコレステロール、LDLに運ばれているコレステロールをLDLコレステロールと呼んでいます。
    出典 :HDLコレステロールとLDLコレステロールはどこが違う?|病院・薬・サプリメントの情報満載! healthクリック
     

    HDLとLDL、この2種がポイントです。

  • 2つのリポタンパクはまったく逆の働きをしており、HDLが体の隅々の血管壁にたまったコレステロールを抜き取って肝臓に運ぶのに対して、LDLは肝臓のコレステロールを体の隅々に運んでいます。
    LDLコレステロールが増えると、体の隅々に運ばれるコレステロールが増えて動脈硬化を促進する方向に傾くため、LDLは「悪玉コレステロール」と呼ばれています。
    逆にHDLコレステロールは、体の隅々の余分なコレステロールを肝臓に運び、動脈硬化の防止につながるため「善玉コレステロール」と呼ばれています。
    出典 :HDLコレステロールとLDLコレステロールはどこが違う?|病院・薬・サプリメントの情報満載! healthクリック
     

    コレステロール自体が完全な「悪」ではなく、過剰なコレステロール×LDL(悪玉コレステロール)が「悪」なのですね。

  • 「中性脂肪」や「コレステロール」が引き起こす、脂質異常症(高脂血症)って何?

  • 脂質異常症(高脂血症)とは血液に含まれる脂肪の量が異常に多い状態のこと。2,000万人以上が患っている生活習慣病のひとつです。

  •  

    食習慣の変化は、高脂血症患者を多くもたらしました。

  • 脂質異常症には3つのタイプがある!

  • 脂質異常症には、

    (1) LDLコレステロールが多いタイプ(高LDLコレステロール血症)
    (2) HDLコレステロールが低いタイプ(低HDLコレステロール血症)
    (3) トリグリセライド(中性脂肪)が多いタイプ(高トリグリセライド血症)

    の3タイプがあります。

  • 中性脂肪や悪玉コレステロール対策に、「特定保健用食品」!

  •  

    認定商品のみ使用できる「トクホ」マーク

  • 特定保健用食品とは、 いわゆる「トクホ」と呼ばれているモノで、厚生労働省が、「健康への有効性」を表示することを認可した食品です。

    特定保健用食品は臨床試験をふくむデータなどに対して厳しい審査が行われ、有効性を科学的に証明されたモノに認可されます。
    同じメーカーの同品目の製品であったとしても、 ひとつひとつの個別の製品ごとに厚生労働省の審査が行われ、特定保健用食品には「トクホ」のマークが必ず表示されています。

    健康管理にこうした食品を役立てるのも有効ですね。

  •  

    日常、たびたび口にする、お茶や油、ヨーグルトなど様々なトクホ商品が。