赤ちゃんの散歩は○!紫外線は×!子供・赤ちゃんの紫外線対策☆

子供や赤ちゃんの紫外線対策は行っていますか?
散歩に出るのは良いのですが、紫外線は赤ちゃんに
悪影響を及ぼす危険性があるのです!
健康的な散歩に出るようにしましょう☆

view366

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • 子供、赤ちゃんの紫外線対策は?

  •  


    子供は真っ黒に日焼けしているほうが健康的だ
    と昔は誰もが思っていましたし、母子健康手帳にも
    『日光浴のすすめ』という項目があるほど
    日光浴は健康に良いと信じられていました
    (1998年に母子健康手帳から日光浴の項目が削除されました)。

  • しかし紫外線の悪影響(皮膚がん・白内障など)が徐々に分かってきたことから、紫外線対策(UVケア)先進国のオーストラリア、アメリカでは1980年代頃から、日本でも1990年代に入り、ようやく紫外線対策を積極的に行うようになってきました。
    出典 :子供、赤ちゃんの紫外線対策
     

    紫外線は悪影響とわかってきているのですね!

  • 紫外線は赤ちゃんの体に負担!!

  • お昼の日ざしは特に強く、赤ちゃんの肌に浴びせるのは考えもの。
    かつては「赤ちゃんは、天気のよい日には日光浴をさせましょう。
    太陽の恵みは成長期に欠かせないものだから」
    と言われていましたが、最近ではかえって
    体によくないことがわかってきました。
    太陽光線の中の紫外線を大量に浴びると、シミ・ソバカスの原因
    となるだけでなく、免疫機能の低下や将来、皮膚ガンを招く可能性が。
    赤ちゃんの肌を紫外線から守れ!
    出典 :赤ちゃんの日焼け対策 - gooベビー
     

    日光浴が良いと言われていたのは今は昔の事!!

  • 日本人のお肌のタイプは!!

  • 日本人には大きく分けて3タイプのお肌があります。


    タイプ1) 色白で日光に当たるとすぐ赤くなり、
    小麦色にならないタイプ
    タイプ2) 上記のタイプ1と下記のタイプ3の
    中間で日本人に最も多いタイプ
    タイプ3) 日光に当たってもほとんど赤くならず
    すぐに小麦色になる色黒のタイプ

    特に注意が必要なのはタイプ1の人。メラニン色素が
    少ないため、日に当たったときに細胞がダメージを
    受けやすいのです。まずは赤ちゃんや家族の
    スキンタイプを見極めましょう。

    出典 :赤ちゃんの紫外線対策|ベビータウン
     

    スキンタイプをしっかり知る事が大切なのですね!

  • 日光浴の効果

  • 1.日光を浴びると、新陳代謝を促し
      ビタミンDを生成することができます。
      ビタミンDは骨の形成に必要な栄養素です。
      母乳には含まれていないので、食品から摂取するのでしたら
      赤ちゃんだったら、しらす干しやサケをほぐして
      離乳食に混ぜて与える事ができます。
      
    出典 :赤ちゃんの紫外線対策■赤ちゃんベビーを紫外線から守る
  • 2.お母さんのおなかの中にいた赤ちゃんが
      昼間と夜の区別を身につける上でも
      昼間の日光浴は効果的です。 
      夜泣きをする赤ちゃんに、明るい昼間は起きていて
      夜間はぐっすり眠る習慣を体に覚えこませましょう。
    出典 :赤ちゃんの紫外線対策■赤ちゃんベビーを紫外線から守る
  • 3. 赤ちゃんもママも外にでて、外気にふれることは
      気分転換になります。家の中にいるよりも、外にでて
      眼に入るもの、聞こえるものは赤ちゃんの刺激になるでしょう
      それは、食欲不振の解消にも役立つことでしょう。
    出典 :赤ちゃんの紫外線対策■赤ちゃんベビーを紫外線から守る
     

    外気に触れる事により、赤ちゃんの肌や粘膜が鍛えられるのです!!!

  • 紫外線対策!

  • 長そで、長ズボンのかわりを見つけよう

     

    紫外線対策には長そで、長ズボンがベスト。
    暑くて無理なら、それにかわるものを見つけて。
    大きいタオルは、サッとかけて広い部分を覆えるので便利。
    つばの広い帽子をかぶせれば6割ほどの紫外線がカットできます

  • 外出時は日焼け止めでお肌をガード。
    真夏も日焼けさせない
    日焼け止めは決して早すぎるということはないのです。
    紫外線吸収剤(紫外線を化学反応により放出する物質。
    赤ちゃんによってはこれで炎症を起こす子も)
    を使用していないベビー用を選んで。
    また、外出時は露出している肌部分すべてに日焼け止めを塗りましょう。
    とくに手・耳・鼻・首などは忘れやすいので気をつけて。
    出典 :赤ちゃんの日焼け対策 - gooベビー





  • ●帽子や長袖を着用させましょう
     これからの季節、外出時はなるべく長袖で直射日光を防ぎ、帽子もかぶらせましょう。
    ●日やけ止めをつけましょう!
     衣服でカバーできない手や足、お顔などには日やけ止めをぬってあげて!
    ●紫外線の強い時間は外出を避けましょう!
     お散歩や買い物は、紫外線が最も強くなる午前10時から午後2時はなるべく避けましょう。
    ●日蔭を利用しましょう
     道を歩くときや公園に行くときなどは、ベビーカーの日よけ木陰
     建物の陰など日陰を利用しましょう。




    出典 :赤ちゃんの紫外線対策|ベビータウン
  • 最近は赤ちゃん用のサングラスが販売されています。
    紫外線は眼にも悪影響を与え、白内障や角膜炎の原因
    になると言われてます。
    赤ちゃん用のサングラスは後ろにゴムバンドがついていて、
    落ちないようになっています。
    出典 :赤ちゃんの紫外線対策■赤ちゃんベビーを紫外線から守る
  • 歩き回るベビーにUVケアできるベビーローション!

  • 赤ちゃんがよちよち歩きを始めるとおでかけの時間が長くなり
    浴びる紫外線もベビーカーの上だけにいた時期よりも大量に。
    公園遊びも活発になり、あっという間に肌は日焼けして真っ赤に。
    そんな時期の赤ちゃんの肌にはUVケアできるローションを。
    出典 :紫外線対策!赤ちゃんのUVケアグッズ集合! [ベビー用品] All About
  • ジョンソンベビーのベビーローション UVケア

     

    安全性はもちろん、肌への白残り・塗りやすさ・落としやすさも
    ママには気になるところ。
    ジョンソンベビーのベビーローション UVケアは、
    白残りがなく伸びがよく、ムラなくキレイにササッと
    赤ちゃんの肌に塗ることができます。
    塗った後にベタつかず服につく心配も無し。
    石けんで洗えば簡単に落とせるのもポイント。
    肌に負担をかけると言われている紫外線吸収剤を不使用の
    赤ちゃん用UVケアローションはいくつか出ていますが、
    中には白残りや伸びにくさ・塗りにくさが見られるものも。
    ジョンソンベビーのベビーローション UVケアは
    紫外線吸収剤不使用ですが、この使いやすさは優れもの。
    無香料・無着色、独自の厳しい安全基準もクリア。

  • もしも日に焼けてしまったら!

  • 患部を冷やしてあげて
    とくに重症のところは念入りに
    日焼け後のケアは「とにかく冷やすこと」
    冷たいタオルやクールローションを常備すると便利です。
    赤ちゃんによっては紫外線に当たりすぎると、
    水ぶくれやはれを起こしてしまう子も。
    症状が悪化したら医師の診察を。

    焼けてしまったら十分冷やして
    日焼けはやけどと同じ。
    やけどしたときと同じ処置が望ましいのです。
    冷たいタオルを日焼けした個所に当ててあげましょう。

    クールローションでもOK
    ほっぺや鼻など顔の出っ張ったところ、
    肩など紫外線に当たりやすいところはそれだけ肌に負担が。
    重点的に冷やしてあげましょう。
    出典 :赤ちゃんの日焼け対策 - gooベビー
  • 赤ちゃんにかけるだけで紫外線対策 UVエスケープ!

  • まだおでかけを始めたばかりの赤ちゃんから
    歩き出す前の赤ちゃんにおすすめなのが、
    UVカットできるケープ。
    ベビーカーや抱っこ紐の中で過ごすことが多い赤ちゃんに
    サッとかけるだけでUVケアができます。
    パイル地で肌触りが優しく、汗も吸ってくれるので、肌がけにぴったり。
    ベビーカーにセットしやすいようケープの両端にクリップが付属。
    出典 :2/3 紫外線対策!赤ちゃんのUVケアグッズ集合! [ベビー用品] All About
  • ランデブーのブルー地ドット柄

     

    このケープに使われている生地は、
    オーミケンシ社の「サンダイヤ」。
    光触媒酸化チタンをレーヨン繊維に練り込むことで、
    紫外線の透過を少なくしています。
    また、光をあてると消臭・抗菌防臭に優れた効果
    を発揮し、洗濯してもその効果が持続するという新素材。
    紫外線を98.3%カットします。

  • 子供・赤ちゃんほど紫外線対策が必要な理由!

  • 皮膚がんや、しみ、しわは大人になってから気になりますので、
    私たち日本人は大人になってから紫外線対策(UVケア)
    を意識することが多いのですが、子供の時に浴びた紫外線の影響は
    その時にはすぐに出ず、大人になってから出てくるので、子供の頃、
    若ければ若いうちに紫外線対策を行うことが非常に重要なのです。
    出典 :子供、赤ちゃんの紫外線対策
  • 例えば・・・

    ○1歳時に紫外線を大量に浴びた(その後はUVケアを徹底した)
    ⇒18歳で皮膚癌に!

    ○5歳時に紫外線を大量に浴びた(その後はUVケアを徹底した)
    ⇒28歳で皮膚癌に!

    ○10歳時に紫外線を大量に浴びた(その後はUVケアを徹底した)
    ⇒38歳で皮膚癌に!
    出典 :子供、赤ちゃんの紫外線対策
  • 例えばの話ですが、若い頃に紫外線を大量に浴びるほど
    皮膚がんを発症する年齢も若くなり、子供の頃、紫外線を
    浴びた年齢が1歳違うだけで皮膚ガンを発症する年齢は
    大きく違ってくることも分かっているのです
    (上記の例で言うと、1歳と5歳、4歳違うだけで皮膚ガンを
    発症する年齢は10歳も違ってくるのです。
    実際はこれ以上に違ってくるといわれています)。
    出典 :子供、赤ちゃんの紫外線対策