天才に育つ右脳教育!これから右脳教育を考えているあなた!

早期教育ブーム!天才が一番凄いわけではないですが、心優しい天才になって人を手助けできる人になって欲しい。
そんな子供に育つために。早期右脳教育考えてみよう!

view427

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 右脳教育で天才が育つ理由

  • まず右脳教育に興味を示されるご両親は、教育熱心で、とてもレベルの高い方々です。
      右脳教育で有名な七田教育を受けたお子さん達が、さまざまな分野の表舞台で大活躍し始める時代になって来ました。
      ロンドンオリンピックでは、トランポリンの伊藤正樹選手が4位入賞を果たしました。
    私の息子も胎教から七田教育を始めましたが、しっかりと目的意識を持つようになり、現在は一般入試で六大学に合格し、野球部の活動も毎日頑張っております。

      右脳教育で育ったお子さんは、自分の夢を実現するイメージ力や、物事を部分で捉えるのでは無く全体像をしっかりと掴む能力、またその判断を一瞬で出来てしまう直観能力に長けております。

     これらの能力は、社会に出てからもそれぞれの専門分野で各自の能力を生かす上での助けになり、天才を育てる原動力となる事を期待をしております。
    出典 :右脳教育で天才が育つ理由 - Yahoo!知恵袋
  • 右脳教育とは

  • 大脳は、右脳と左脳とに分かれていて、お互いに助け合って働いています。

     右脳は感覚脳、イメージ脳と言われるのに対して、左脳は理屈脳と言われます。

     幼児期は、右脳が先に成長しますので、どちらかと言うと、右脳で感じ、右脳感覚で行動します。

     ですから、幼児に物事を分からせるには、理屈で言うのではなく、感覚で、訴える事が適しているのです。

     当園の教育は、「 教える教育 」ではない、「 体験させる教育 」と申し上げているのは、ここに根拠があります。

     幼児期に、この右脳をしっかり育てておくと、大人になって感性豊かな人間になります。

     そして、勘がひらめくので創造力を生かした人生を築いていくことが出来ます。
    出典 :くすのき幼稚園 右脳教育について
  •  

    感性って人の心を動かすには必要ですね。

  • 「脳を育てる」とは

  • 脳は、五官を通した外界からの刺激によって成長します。

     つまり、感覚刺激が脳を育てるのです。ですから、できる、わかるを

     問題にする学校教育とは、違います。

     手足を動かして脳を刺激すると、運動感が身につき、運動好きになります。

     薄着で皮膚刺激を繰り返すと、風邪やアレルギーに強い子が出来ます。

     絵本読みを繰り返していると、いつのまにか文字感が身についてきて、読み書きが

     大好きな子になっていきます。

     歌や音楽の刺激を繰り返すと音感が身につき、音楽が大好きな子が

     出来上がります。

     かずの刺激を繰り返すと、数量感が身について生涯理数系に強い子に

     育ちます。

     お母様やお父様に是非知って頂きたいのは、幼児期の教育で大切なことは

     文字や数字や体操を教えることではない、ということです。
    出典 :くすのき幼稚園 右脳教育について
  • 幼少期のトレーニングはとくに大切

  • 一般的に、0~6歳くらいまでは右脳が優位に働くとされています。右脳が活発になっているこの期間に聴覚で適切な刺激を受けることは、とくに効果的。右脳の眠った力が目を覚まし、さまざまな才能を一気に開花させることができるのです。
    出典 :右脳教育(右脳開発)とは|聴覚を鍛えて才能開花!右脳教育システム「ブレインスイッチ」の傳田聴覚システム研究所
  •  

    日本の未来をお任せします。

  • 右脳教育といえば
    右脳教育七田チャイルドアカデミー創始者の七田眞先生。
    そんな先生からのメッセージ

  • 子どもたちは、右脳が優位に働く状態で生まれてきます。この時期にこそ、学習に役立つ「右脳の能力」を育ててあげると、その後の学習がとても楽になります。右脳教育は、心の教育がベースとなります。人と人との一体感・愛が右脳を開くキーワードです。七田チャイルドアカデミーの教室は、親子の一体感・愛情を育むことを何よりも大切にしています。そして、引き出した右脳の能力を、表現に導くことで左脳の能力につなげる「全脳教育」を実践しています。教育の本来の目的は、知識を教え込むことではなく、子どもが持っている優れた能力を引き出してあげることなのです。

    教室には子どもの好奇心をやる気に変える工夫がいっぱいです。七田チャイルドアカデミーの教室でたくさんの子どもたちが、本来持っている「天才的能力」を引き出してくださることを、心より願っています。
    出典 :七田眞からのメッセージ|幼児教室 七田式教育・右脳教育の七田チャイルドアカデミー
  • みんなより早くお勉強ができたとしてもそんな時、分らないお友達に
    同じ目線で教えてあげる優しい子に育って欲しいですよね。

  • ドーマン式 右脳開発、赤玉ドッツカード

  • 右脳教材の代表です。

  • 『ドッツカード』はもともと、グレン・ドーマン博士が40年近く脳障害児の為に研究を重ね、その成果がめざましいので、これは通常の健常児が才能が伸びないなんておかしいと思った所から開発されたものです。
    出典 :ドッツカード・フラッシュカードって?作り方は? | 妊娠のQ&A【OKWave】
  • 早期教育のデメリット

  • 早 期教育も遊びを取り入れた教材を開発していますが、本来の遊びと早期教育の遊びでは本質が違います。遊びは本来、自発的に作り上げていく世界であるのに 対し、早期教育の場合は準備された活動を受動的に受け入れることで成立する世界です。また、集団遊びが減ることで協同作業が苦手になる危険性もあり、協調 性のない子どもに育っていく危険性もあると言われています。
    出典 :早期教育のメリット・デメリット ~ Hipopotam
  • メリット、デメリットありますが
    きちんとした目標や目的、子供が楽しんで活用すればメリットの方が多いですね。