マー君を支えた里田まいレシピ「オメガ3脂肪酸」って?

オメガ3脂肪酸って知っていますか?実は「薬」ほどの効果があるすごいものだったのです!

view650

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 「脂肪酸」とは?

  • 脂肪酸は、一般的に脂肪又は油と言われている物の構成要素であり、脂質に属する。色々な呼び名があって混乱してしまいそうだが、実用上これらを区別する必要性はあまり無い。脂肪という言葉は、肥満を連想させるために悪いイメージがあるかもしれない。確かに、脂肪の摂り過ぎは肥満、そして生活習慣病という結果をもたらす。だが、それを恐れるが故に脂肪の摂取を過度に抑えることは、同様に不健康への道である。
    出典 :脂肪酸とは何か?
  • 脂肪酸は体に良い!?

  • 脂肪酸は人体にとって大切な栄養素であり、これを適度に摂取することが健康を維持するために必要な一条件である。
    脂肪酸は、体内に入ると脂肪組織の中にエネルギー源として蓄えられる。又、人体の細胞膜、脳、各種ホルモンを構成する材料になるなど、極めて重要な働きを持っている。脂肪酸には幾つかの種類がある。摂取量が不足した場合に体内で合成されるものもあるが、なるべく様々な食品からバランス良く摂取するのが望ましい。
    出典 :脂肪酸とは何か?
  • 「オメガ3脂肪酸」とは?

  • 必須脂肪酸である。アルファリノレン酸、エイコサペンタエン酸(EPA)、ドコサヘキサエン酸(DHA)などがある。存在量は他の脂肪酸に比べて少なく、必要摂取量も他の脂肪酸に比べて少ない。オメガ3脂肪酸は、心臓病のリスク低減、知能向上、精神障害の緩和など、人体にとって様々な利点があり、油というよりも「薬」と思った方が良いかも知れない。
    出典 :脂肪酸とは何か?
  • 「薬」ほどの効果を得られるなんてすごいですね!

  • どんな食材に含まれているの?

  • 色々な食材から摂取するのがいいみたい!

  • 緑黄色野菜

     

    オメガ3脂肪酸はえごま油、シソ油、亜麻仁油、くるみ、青魚、緑黄色野菜、豆類などの食品に含まれています。


    食品から摂取することができれば良いと思いますが、オメガ3脂肪酸は普段の食事から取るのが比較的難しいので、オメガ3サプリメントなどもうまく活用するといいと思います。
    出典:http://www.hakuraidou.com/info/omega3.htm

  • 青魚は効果的!

     

    有力候補として、先ず魚介類が挙げられる。特に、鯖[さば]、鰯[いわし]、秋刀魚[さんま]などの青魚にはオメガ3脂肪酸が豊富に含まれている。
    出典:http://www.tadopika.net/fattyacid/fat.html

  • 中でも、鯖[さば]、鮪[まぐろ](脂身)、鰯[いわし]、秋刀魚[さんま]、鰤[ぶり]、鮭[さけ]、鯡[にしん]などの青魚は、オメガ3脂肪酸を豊富に含んでいるので、これらの魚は積極的に摂取すると良い。又、これらの青魚は、たんぱく質やビタミンDといった重要な栄養素の供給源としても優れている。淡水魚を含めた他の魚は、上記の青魚程ではないにしても、この脂肪酸を含んでいる。魚以外の海洋生物は、一般的に油の含有量が少なく、オメガ3脂肪酸も僅かである。これらの例としては、烏賊[いか]、蛸[たこ]、貝類、海老[えび]、蟹[かに]、海藻などが挙げられる。
    出典 :オメガ3脂肪酸の摂取法
  • ナッツ類

     

    くるみに含まれるオメガ3脂肪酸は植物由来のαリノレン酸(ALA)で、青魚の脂肪分に多く含まれる海洋由来のDHA、EPAと同じ仲間の脂肪酸です。オメガ3脂肪酸の供給源は魚介類だけではなく、くるみなどの植物由来のものに目を向けて積極的に摂取することが大切です。
    出典:http://www.californiakurumi.jp/health/omega3part/

  • オメガ3脂肪酸を摂ろうとする場合、魚に目を向ける人が多いですが、クリス=エサートン博士は次のように述べています。「くるみに含まれるオメガ3脂肪酸は海洋性供給源のオメガ3脂肪酸と同じものに変換され、炎症に対して同様の効果を示した。炎症を抑制すれば、動脈硬化の進行、すなわち動脈内のプラーク(血管壁にできるコブ)の形成と蓄積が抑制できる」と。
    出典 :カリフォルニア くるみ協会 :: くるみのオメガ3脂肪酸