【二重】プチ整形の種類は?それぞれのメリット・デメリットを知る!

二重のプチ整形の種類について、それぞれのメリット・デメリットをご紹介します。これから二重のプチ整形をしようと思っている方は、参考にしてみてください。

  • green 更新日:2014/04/25

view178

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 二重瞼のプチ整形の種類とは

  • 二重瞼の整形は二種類あり、埋没法と切開法です。この二種類のうち、埋没法がプチ整形とよく言われています。

  • 埋没法 プチ整形としてよく知られているでしょう。これは比較的取り組みやすい手術で、金額も一番手頃です。メスを使わないので、手術後、早期の社会復帰ができるようになります。
    出典 :二重整形の種類
     

    メスを使わずに整形を行うため、痛みや腫れも少なく、短時間でプチ整形が終わります。

  • プチ整形の二重まぶた手術は、髪の毛より細い糸で、まぶたの裏側から、希望する二重まぶたのヒダの幅に合わせて2ヶ所留めるだけです。手術時間は、両目合わせて10分ぐらいです。
    出典 :二重整形の種類 - プチ整形.com
  • 所要時間は片目10分~という手軽な方法です。どんな糸でとめるか、止め方の形状などから施術方法、料金、特色などが細分化されていきます。
    出典 :二重まぶたプチ整形.com|失敗しないための5つのポイント
     

    片目につき10分なので、あっという間にプチ整形が終わってしまいそうですね。

  • プチ整形の種類【埋没法】

     

    プチ整形の種類【埋没法】には、点止め埋没法と線止め埋没法があります。それぞれどのような特徴があるのでしょうか。

  • 点止め埋没法とは?

  • 点止め埋没法 現在、多くの医院がこの方法を行っております。メスによる切開をしないで、ズボンの裾揚げをするように針とナイロン糸をつかってひだを作って二重にします。手術時間は、5~10分で終わります。
    出典 :二重整形の種類
  • 線止め埋没法とは?

  • 線止め埋没法 最新の埋没法として、二重のカーブにそって糸を線状に埋め込んで、二重まぶたを形成する方法があります。
    点止め埋没法よりきれいな二重のラインになります。
    出典 :二重整形の種類
  • プチ整形の埋没法のメリット

     

    二重まぶたにしたい場合、埋没法を行うメリットは、切らずに縫うだけなので、やり直しがきくという点。切開してしまうと、元には戻らないことを知っておきましょう。

  • 埋没法のメリット・デメリット

  • メリット 
    ・メスを使わない 施術時間が短い
    ・術後のハレが比較的少ない
    ・比較的、治療費が安い
    出典 :二重まぶたプチ整形.com|失敗しないための5つのポイント
  • デメリット
    ・まれに二重まぶたが一重に戻る場合がある
    ・まぶたに脂肪の多い人には不向き
    出典 :二重まぶたプチ整形.com|失敗しないための5つのポイント
  • 手軽な二重まぶた埋没法ですが基本的には、まぶたの奥の部分に脂肪が少なく二重が作りやすい人に向いています。反面まぶたの厚い人や特に腫れぼったいまぶたでは、うまく二重にならないことがあります。つまり二重埋没法には仕上がりに限界があるといわれています。
    出典 :二重埋没法のメリットとデメリット