肩こりが原因で起こる頭痛、眼精疲労

肩こりの主な原因は筋肉の疲れや血行不良といわれていますが
長時間のデスクワークなどで、目を酷使することによっても肩こりは起こるようです。

view195

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 慢性的な頭痛を治すには、肩こりの解消が有効である場合があります

     

    なぜなら頭痛は、肩こりなどの筋肉の緊張によって、血流が悪くなり、ひきおこされることがあるからです。

    肩こりによる頭痛を起こさないためにはどうしたらよいか、肩こりによる頭痛の解消法を考えていきたいと思います。

  • 頭痛と肩こりの関係

  • 後頭部から肩にかけての痛み、頭全体が締め付けられるような痛みがある場合、頭痛の原因は肩こりかもしれません。なぜなら、頭から首、肩にかけての筋肉が緊張し、血流が悪くなることで、頭痛がおこるからです。中でも、首や背中の後ろから肩にかけて広がる僧帽筋と、首筋にある肩甲挙筋は肩こりと関わりが深いといわれています。
    出典 :あなたの頭痛は肩こりが原因?!5つの原因と7つの解消方法 | iGotit
  • 肩こりが原因と考えられる頭痛は以下のような症状があります

     

    ギリギリと頭を締め付けられるような痛み

    痛みの程度は激痛から軽いものまで、様々

    いつのまにか始まり、ダラダラと続く

    後頭部から首筋にかけて、頭の両側におこりやすい

    フワフワとしためまい・体のだるさを伴うこともある

  • 上に挙げたような症状の場合、原因は肩こりかもしれません。肩こりが原因ならば、肩こりを予防すればつらい頭痛も解消できます

  • 肩こりによる頭痛・めまいについて

  • ■肩こり・頭痛
    肩こりを持っている方の中には頭痛やめまいがする方がいます。肩こりを持っている方で眼精疲労(疲れ目)の方はいませんか。眼精疲労によって肩こりや頭痛、めまいが起きる場合があるのです。
    出典 :肩こり頭痛|肩こり頭痛解消法・原因 - 目の病気・症状 チェック
     

    眼精疲労を取り除いて、肩こり・頭痛・めまいを予防・解消しましょう

  • 肩こりと頭痛が同時に起きるのには、理由があります。脳には大量の血液が必要なため、首には左右で4本もの動脈が通っています。肩こり(肩の筋肉の緊張)になると、首の動脈を圧迫するようになってしまい、血流が悪化します。
    出典 :肩こり頭痛|肩こり頭痛解消法・原因 - 目の病気・症状 チェック
  • その結果、脳に対して十分な血液が届かなくなったり、静脈に血がたまってしまい「うっ血」を起こしたりします。そして、酸素不足が起こり、頭痛やめまいの原因となってしまうのです。
    出典 :肩こり頭痛|肩こり頭痛解消法・原因 - 目の病気・症状 チェック
     

    肩がこる事によって脳に血が回らなくなり頭痛の原因になるわけです

  • 肩こりが原因で起きる眼精疲労

  • 目を使うといえば、従来はテレビや読書程度でした。パソコン、携帯電話、携帯ゲーム機などが普及している現代では、常に目を酷使している状態かもしれません。
    出典 :疲れ(肩こり・眼精疲労など) | 病名・症状からくすりを探す | 患者・ご家族の皆さま | シオノギ製薬(塩野義製薬)
  • 眼精疲労は、目が痛い、頭が重く痛い、圧迫感がある、目がかわく、ものが見えにくくなるなどの症状として現れます。肩こりやめまい、胃部不快感が伴う場合もあり、非常につらいものです。
    出典 :疲れ(肩こり・眼精疲労など) | 病名・症状からくすりを探す | 患者・ご家族の皆さま | シオノギ製薬(塩野義製薬)
  • 【肩こり頭痛解消法】眼精疲労を予防する。

     

    定期的に目を休める。

    蒸しタオルで目を暖め血行をよくして、マッサージする。

    普段から目や身体の血流をよくするよう食事に気をつけ、健康補助

    食品(カシス・ブルーベリー)などを利用する。

  • 目の過労を避けるために

  • 眼精疲労の原因は、目の酷使。目を酷使する原因を知って、日常生活や仕事の中で予防策をとれば、眼精疲労はかなり軽減することができます。
    出典 :頭痛や肩こり、様々な眼精疲労の症状|眼精疲労・視力について|眼科医療機器ワック(眼精疲労・眼科手術等)
  • デスクで座っている時の姿勢が大切です。

     

    読み書きをする際は、最低40cmの距離を置いて、行うようにしましょう。
    机・椅子の高さが体に合っていないと、疲れ目の原因となる場合があります。
    読み書きを行う際は、明るさに気をつけましょう。暗いだけでなく、明るすぎる直射日光の下でも目は疲れます。
    椅子には正しい姿勢で、背筋が曲がっていたり、目がディスプレイに近づきすぎるのは疲れ目の原因。
    パソコンなどでの作業を行う場合は1時間ごとに10~15分ほど休憩をとって目を休ませます。

  • ディスプレイやキーボードは目の位置より下にくるようにしましょう。目線より上に来ると、眼球と空気の触れる面積が広くなり、目が乾きやすくなります。特に、椅子は背中のカーブに沿ったものを選んで、正しい姿勢を保ちましょう。照明は目にやさしい白熱灯がおすすめです。
    出典 :頭痛や肩こり、様々な眼精疲労の症状|眼精疲労・視力について|眼科医療機器ワック(眼精疲労・眼科手術等)