【現代型不眠を防ぐ】体内時計4つの調整法

体内時計のズレは生活習慣病や肌荒れ・太りやすい体質も生み出し、
現代型不眠という不眠症まで引き起こしてしまいます!
体内時計のリセットは毎日続ける事が大切なようです。
体内時計のリセット法を是非確認してみてください。

  • choco 更新日:2013/12/12

view341

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 体内時計の調整は毎日必要

  • 体内時計のサイクルは1日25時間

  • 体内時計とは、おなかが空いたり、眠くなったり、目覚めたり......という人間が本来持っている活動のリズムのこと。

    一度狂いだしてしまうと、朝起きられなかったり、昼に眠くなってしまったり、夜なかなか寝つけなかったり......と、体のリズムも乱れてしまうそうです。とくにシフト交代制のお仕事をしている方などには、こういった悩みを持つ方も多いのではないでしょうか。
    出典 :朝やるだけでスッキリとした1日が送れる体内時計調整法 - Ameba News [アメーバニュース]
  • 地球は1日24時間のサイクルで回っていますが、体内時計はそれよりも少し長く、1日約25時間という周期を持っています。そのため、決まった時間帯に活動するのなら、体内時計も地球に合わせて、毎日リセットが必要なんだとか。
    出典 :朝やるだけでスッキリとした1日が送れる体内時計調整法 - Ameba News [アメーバニュース]
     

    現代人は不規則な生活で、ただでさえ体内時計が狂っていますよね・・・毎日リセットする事が大切なようです

  • もし体内時計がズレたままだと・・・

  • 現代型不眠やお肌のトラブルまで引き起こす!

  • ○現代型不眠症を引き起こす
    ○生活習慣病になりやすくなる
    ○がんの発症リスクが高くなる
    ○肌が乾燥する
    ○太りやすくなる
    ○長生きできない
    出典 :体内時計が乱れるとこんなことに・・・。体内時計をリセットして長生きしよう! | TREND STYLE
  • 現代型不眠とは・・・

  • 現代人に特有の不眠症

  • パソコンや携帯電話・TVなどのメディアや生活環境による夜間の光環境の変化、休む間もなく動く24時間社会、加速する高齢化社会などにより、生活のリズムや昼夜のメリハリが崩れ、眠りをうながすホルモン「メラトニン」の分泌が低下したり、体内時計が乱れることによって不眠を訴える人が、現代の日本では増えています。
    このような、体内時計の乱れによってもたらされる不眠を「現代型不眠」と呼びます。
    出典 :体内時計の乱れによる不眠とは? | 体内時計.jp
  • 働く女性も陥りやすい

  • 現代型の不眠症とは、「忙しいから寝る時間を削る。でも寝ようと思えばいつでも寝られる」と思いこみながら、実はぐったりと疲れ切った日にもなかなか寝付くことができずに睡眠不足に陥る、というものです。

    何でもやりたいデキる女性たちの間で蔓延しているのが、この「現代型不眠症」。寝つきが悪いので、当然睡眠不足になり、翌日の午前は仕事がはかどらない、家事ができない。

    でもどうにか打開すべくドリンク剤を飲んでノルマをこなす、そして仕事、外食、深夜にまた仕事、寝つけず…という繰り返しから他の病気を発症してしまいます。そして、この不眠症は従来の薬では治りません。
    出典 :仕事がデキる女性ほど陥りやすい「現代型不眠」が及ぼす影響 | 美容ブログ [女性の美学]
  • 薬では治りにくい体内時計のズレによって引き起こされる病気。毎日ズレをリセットしていく事が大切なようです。ここからは簡単に実践できる体内時計リセット法をご紹介します♪

  • 簡単に出来る♪4つの体内時計のリセット法

  • ○朝起きたら光を浴びる

    体が起きる準備をするのにコルチゾールというホルモンが分泌されますが、
    これが最も多く分泌されるのが朝6時。
    朝6時に起きて、カーテンを開けて朝日を浴びることで
    脳の体内時計がリセットされます。

    曇りや雨の日は外を見るだけでも同様の効果が得られるので、
    起床後はカーテンを開けましょう。
    出典 :体内時計が乱れるとこんなことに・・・。体内時計をリセットして長生きしよう! | TREND STYLE
  • 起床後1時間以内に朝食を♪

  • ○起床後1時間以内に朝食を摂る

    でんぷん質(パンやごはん)、たんぱく質(卵・ハム・牛乳など)が摂れる
    朝食を食べましょう。

    朝食を食べるという行為は、体の各部分の体内時計をリセットします。
    起床後1時間以内に朝食を摂ることで、
    脳のリセットと体のリセットを間をあけないですることが出来るので、
    体全体が正しいリズムになります。
    出典 :体内時計が乱れるとこんなことに・・・。体内時計をリセットして長生きしよう! | TREND STYLE
  • 起きる時間は一定に

  • ○起きる時刻を毎日一定にする

    たとえ寝つく時間か違っても、起きる時間はいつも一定にすること,朝は体内時計をリセットする大切な時間です。もし「遅く寝たんだから遅く起きよう」と寝坊していると、休のリズムか乱れ、夜の快眠のさまたけにもなります。
    休日だからといつまでもぐずぐず寝ていないで、規則正しい生活を送ることかよい睡眠にも繋がります。
    出典 :疲れを寄せ付けない朝活・夜活 : 女性の疲れをとるための対処法はこれだ!
  • 夜は光で刺激を与え過ぎない

  • 生活を徹底的に直したい方はこちらもチェックしてみて下さい♪

  • お肌のトラブルも引き起こす体内時計の乱れ。今すぐできる4つのポイントから実践してみてはいかがでしょうか ^ ^