ダイエットするなら、ダイエット効果が高い生理後2週間がチャンス!。

たった一ヶ月の中でも、女性には、ダイエット効果が高い時期とダイエットをしてもあまり効果が得られない時期があるのです。ダイエット効果が得られない時期にまで、体重計の数字に一喜一憂するのはやめて、ダイエット効果が高い時期に賢くダイエットをしませんか?。

view74

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 生理前は、ダイエット効果は得られません。

  • 生理前から生理中はダイエット効果なし。

     

    毎月生理がくることからもわかるように、女性の体は約一ヶ月をサイクルとしてホルモンバランスが変化し続けています。このホルモンバランスの変化をよく知った上で、ダイエットの計画をするといいでしょう。

  • 生理の約2週間前から生理前というのは、個人差も大きいですが、月経前症候群と呼ばれ、精神的なイライラや体の具合が悪くなるなど、心身の不調に悩む人も多いものです。

    この時期は、体では黄体ホルモンという女性ホルモンが多く分泌され、妊娠に備えて、栄養を補給しようとしたり、水分や塩分を水分をため込もうとするため、食事や間食を控えめにしたつもりなのに、なぜか体重が増えた、というようなことが起こることになります。

    もともとイライラしやすい時期なのですから、それ以上ダイエットのことでイライラするのは、精神衛生上よくありません。この時期は、ダイエットは難しいと割り切って、過ごすのがいいでしょう。

    また、生理中も生理痛や体が重く感じるなどの症状がでることもあることから、ダイエットに向いているとはいえません。ただし、ダイエットに向いていないからと、暴飲暴食するのはやめましょう。

  • 生理前から生理中の過ごし方。

     

    なんだか、むしょうに何かが食べたくなったり、食欲が抑えられないといったことが起きるのもこの時期です。

    そんなときは、食べるのを我慢してばかりでは、余計にイライラが募りますから、ストレスを軽減してくれると言われているビタミンCやカルシウムを含む食品や、便秘解消に効果がある食物繊維を多く含む食品、むくみやすい時期でもあることから、利尿作用のあるものを少しずつ食べるようにするといいでしょう。

    また、体がだるいからといってじっとしてばかりでは、気分までふさぎ込んでしまいますから、ストレッチなどで体をほぐしたり、ゆっくりとお風呂に入ってマッサージなどをするといいでしょう。

  • 生理後2週間がダイエットチャンス!。

  • ダイエットするなら、生理が終わってから2週間。

     

    生理が終わると、体にため込んだ水分も抜け、代謝もよくなり、精神的なイライラも体のだるさも、おさまりますから、まさにダイエットチャンスといえるでしょう。

    食事や間食を控えるだけのダイエットではなく、体も動かす健康的なダイエットを行いましょう。また、生理中にダイエットを頑張っても落ちなかった体重が、生理後には落ちるようになるでしょう。

  • ダイエット記録をつけよう

     

    ダイエットをしているなら、毎日の体重計測を日課にしましょう。そして、それをグラフにつけることがポイントです。

    グラフにしてみると、瘦せる時期、太る時期が一目瞭然ですから、生理前から生理中は体重が増えやすく、生理が終わると体重が減りやすくなるのがよくわかるはずです。(もちろん、ダイエットをどれだけ頑張っているかによって体重は変わりますから、生理が終わると誰でもが瘦せるわけではありません。)

    生理前から生理中は、少し体重が増えたとしても、生理が終わればまた体重は元に戻ることが、グラフを見て納得できれば、体重が増えやすい時期に多少増えてしまったとしても、それほどイライラしたりせずに済むでしょう。また、時期により増減があったとしても、全体として右肩下がりの体重グラフになれば、ダイエットへの意欲も湧いてくるというものですね。