女性ホルモンを理解してダイエットを成功させよう。

ダイエットしようと頑張っているけどなかなかうまくいかない…そんな方は女性ホルモン周期でダイエットを考えていないのかも?

view158

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • そもそも、ホルモンって何?

  • ホルモンは体内にある細胞でしか作られない化学物質で、その数は70種類以上存在するとも言われています。

     

    それぞれのホルモンには各「標的細胞・器官」があり、そのはたらきをコントロールしています。

  • このうちダイエットに関係してくるのが女性ホルモンなのです。

  • エストロゲン
    プロゲステロン
    オキシトシン
    テストステロン
    出典 :女性ホルモンについて - モテる方法 2.0
     

    女性ホルモンには代表的なものだけでも4つの種類があります。

  • 女性ホルモンは脳の視床下部から伝達があり卵巣からホルモンが分泌されるので卵巣の状態は極めて重要なんだそうです。
    出典 :ホルモン分泌のダイエットサイト
     

    なるほど。卵巣の健康状態も大切なんですね。

  • それぞれのホルモンは一定のリズムで分泌されています。

     

    約一ヶ月周期のサイクルがあります。

  • 女性はこれらのホルモンによって気分や体調が変化します。

  • そしてこの中に痩せるホルモン、太るホルモン があるのです。
    排卵に関わるエストロゲンは卵巣や子宮の発達を促し、女性らしい体つきを作り出します。

  • エストロゲンが多く分泌されている時期は、心身共に体調がよくなり、集中力もアップ。ダイエットや運動の効果も出やすくなります。
    出典 :女性ホルモンとダイエットの関係 | ダイエットナビ | CLUB Panasonic
  • 排卵後から生理が始まるまでを担当する女性ホルモンは、ダイエットの敵。

  • プロゲステロンの働きのひとつに、体内に水分をため込む作用があります。
    出典 :生理中はダイエットしづらい | ダイエットで痩せる方法とコツ
     

    脂肪を蓄える働きも。

  • ホルモンの周期を知るには、基礎体温を計ってみましょう。

  • 基礎体温と女性ホルモン周期にはこのような関係があります。

     

    妊娠を希望するときに計ることが多いですが、ダイエットを成功させるためにも大事なデータなんですね。

  • 衣服に挟むタイプの体温計もあります。

     

    無理なく続けられるタイプを選びましょう。

  • 無料でダウンロードできる基礎体温表も。

     

    かわいいイラストで、楽しく管理できます。

  • 残念なら加齢と共にエストロゲンの分泌は減っていきます。エストロゲンを増やしてくれる食べ物とは何がいいのでしょうか?

  • 大豆イソフラボンはエストロゲンと非常に似た科学構造と働きをしています。
    出典 :エストロゲンを増やす食べ物とは|エストロゲンを増やす
     

    イソフラボンには抗酸化作用もあります。

  • 女性ホルモンと似た働きをするため、骨からカルシウムが溶け出すのを防いで骨粗鬆症を予防したり、更年期の不調を改善します。
    出典 :ダイエット料理レシピ−買い物でカロリーダウン:大豆・豆乳・豆類
  • 豆乳を摂るのが手軽な方法です。

     

    苦手な方は料理法もたくさん。

  • 熟睡も健全なホルモン分泌には大事なことです。ダイエットにも大事なことを確認しておきましょう。

  • ご飯を食べてから睡眠まで最低3時間あけましょう
    出典 :ダイエットの4か条 | 簡単ダイエット情報なら「DIET×DIET」
     

    食べたものは3時間くらいかけて消化されるため、それ以下の時間内で寝てしまうと、きちんと消化されず、脂肪として吸収されてしまうという恐れがあるのです。

  • また冷えは女性ホルモンバランスを乱すといわれています。
    冬の時期だけではなく夏は冷房で、体がとても冷えやすいので注意が必要です。

  • 体を温めるショウガ紅茶もおすすめ。

     

    お腹や腰をカイロで温めるなど、ちょっとした冷えケアをしましょう。

  • 自分のホルモン周期を知り、ホルモンを増やす取り組みが、ダイエットを成功に導きます。ぜひ参考にしてくださいね。