快適な睡眠をとるために、今日からできる改善策

今日も遅くまで仕事を頑張った!しかも次の日も早い!さぁ布団に入っておやすみなさーい。
って・・・なんでだ、なかなか寝付けない!この前も寝つきが悪くて会議で居眠りしそうになったし・・・これ、なんとかならないかなぁ?

view211

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 意外と重要な食生活

  • 不眠は、食生活の乱れや運動不足と同様に、生活習慣病を引き起こす引き金のひとつとなるおそれがある、本当は注意しなければならない症状なのです。

    不眠の原因のひとつには「体内時計の乱れ」があります。近年、体内時計に関する研究が進み、「体内時計の乱れ」は不眠の原因となるだけでなく、さまざまな病気に悪影響を及ぼすことがわかってきました。 
    出典 :不眠と生活習慣病 | 体内時計.jp
  • 快眠の条件、睡眠リズムに作用するメラトニンなどのホルモン。これらのホルモンの分泌に大きく影響するのが栄養素。栄養バランスの良い食事ができていない場合、睡眠に必要なホルモンが分泌されず、不眠の原因になります。
    不眠の困った症状としてイライラしたり、不安感を感じたりすることが多くあげられます。これはカルシウムやマグネシウムが不足している証拠。カフェインの過剰摂取も良くありません。寝起きが悪い人は質が良い睡眠がとれておらず、カフェイン・アルコールの過剰摂取が考えられます。
    中でも不安を強く感じるケースはトリプトファンの不足が考えられます。トリプトファンはメラトニンやセロトニンの分泌の大きく関わっています。
    出典 :睡眠の問題と食生活の意外な関係
     

    実は、食生活と睡眠はとても深い関係にあるのです

  • 自分に合った枕を使う

  • 睡眠環境を整える

  • 枕選びで重要なのは、大きく分けて4つ。
    (1)枕の大きさ、(2)枕の素材、(3)枕の高さ、(4)枕のカタチ

    この4つがそれぞれ自分の体型や寝姿勢に合ったものが理想です。
    しかし、この4つ以外に、もっともっと重要な要素があります。それは、好みや感覚です。
    自分の好みや感覚も枕選びには重要な要素になるからです。
    実際、同じ身長・体重・体型の方がいたとしても、合う枕は違うと言われています。
    それは好みや感覚が大きな比重を占めているからです。枕も一期一会。
    商品の説明やお店のアドバイスだけに頼ることなく、自分の好みや感覚を信じ、枕を選ぶことが大切です。
    出典 :枕の選び方 -枕と眠りのおやすみショップ!-
     

    枕選びは重要です!

  • 照明を変える

  • 自分が心地よく感じることが一番です。個々のポイントを参考にしながら、最高のベッドルームをクリエイトしましょう。
    睡眠環境には、温湿度、寝具、音、明るさ、におい、色など、いろいろな要素がありますが、一言で表現すると「自分が心地いいと感じる環境」であることが大切です。
    不快に感じると、交感神経が活性化して眠りから遠ざかります。例えば、暑い、寒い、布団が湿っている、部屋がホコリっぽい、パジャマの肌ざわりが悪い、枕やマットレスが合わない、などなど。
    不快な要素を取り除いて、心地よく感じる環境にしていくと、自然に理想の睡眠環境が整っていくでしょう。
    出典 :理想の睡眠環境を教えてください | ベッド・マットレス・メイキング ASLEEPではお客様より寄せられた、よくあるご質問にお答えします。
     

    安心して眠りにつける工夫を

  •  

    自分に合う快適な明るさをみつけてみましょう

  • 癒しの音楽で気持ちの良い睡眠を

  • 眠りたいのに眠れない人を眠りに誘う睡眠音楽【安眠・快眠・不眠症】 - YouTube

  • 快眠 安眠 不眠症 リラックス 癒し音楽 ピアノ インストゥルメンタル 睡眠 Sleep Music Delta ...

  • 目覚めスッキリ、熟睡できる快眠音楽集【安眠・睡眠・不眠症】 - YouTube