冬になると増える粉ふき肌、何とかしたい粉ふき肌の原因について

空気が乾燥する冬になると増える、粉ふき肌。そんな、何とかしたい粉ふき肌の原因について、まとめてみました。

view97

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 冬になると増える「粉ふき肌」

  • 粉ふき肌という言葉を聞いたことがあるでしょうか?
    粉ふき肌とは人間の肌の表面の脂分の低下による乾燥したときに起きる肌荒れのようなものです。
    出典 :粉ふき肌の原因と対策
  • 基本的に触るとカサカサとしていて乾燥し、少しヒビ割れているように見えます。特に部位としては、皮脂の分泌の少ない脚やスネのあたりにできやすいようです。
    出典 :粉ふき肌の原因と対策
  •  

    目立たないところだしいいやと放置しておくと、肌がボロボロになってしまう可能性もあります。

  • 冬になると増えてくるのが、肌の乾燥や粉ふきの悩み。「肌がカサついてかゆい」「フケのような白い粉をふいている」―そんな症状にお悩みの人も多いのではないでしょうか。
    出典 :どうにかしたい!粉ふき肌の改善策 [湿疹・皮膚炎] All About
  • 肌の乾燥は全身に起こりますが、なかでもカサつくのが「足のすね」や「二の腕」「背中」。こうした部位は皮脂の分泌が少ないため、白い粉をふいた「粉ふき肌」の状態になりやすいのです。
    出典 :どうにかしたい!粉ふき肌の改善策 [湿疹・皮膚炎] All About
  • 年齢層としては、やはり肌の若い10~20代でこの症状がみられるようなことはほとんどなく、30~40代以上と中年以降になると徐々に現れてくるようです。
    出典 :粉ふき肌の原因と対策
  • 粉ふき肌の原因とは?

  • 一般的に、皮脂の分泌量は男女ともに30代をピークに低下していく、と言われています。
    出典 :冬の肌トラブル!〜粉ふき肌〜 -これであなたも医の達人-
  •  

    若い頃は十分な皮脂の分泌量があり、皮膚をしっかりと守ってくれていますが、30代~40代になると皮脂の分泌量も少なくなり、粉ふき肌の症状が出てしまう場合があります。

  • 30代、40代を対象とした意識調査(池田模範堂)によると、乾燥が気になる部分としてすねをあげるひとが60%以上(そのほかは、腕、背中・腰、ふともも、ふくらはぎ、首など)、すねの乾燥が気になる人の80%以上が粉ふき肌を経験しているそうです。
    出典 :冬の肌トラブル!〜粉ふき肌〜 -これであなたも医の達人-
  • 粉ふきは医学的に、肌表面にある角質層の落屑(らくせつ)と説明することができます。つまり、肌表面からはがれ落ちた細胞の死骸というわけです。落屑自体は、肌の新陳代謝の一過程なのですが、冬の季節には特に目立つようになってきます。
    出典 :どうにかしたい!粉ふき肌の改善策 [湿疹・皮膚炎] All About
  • 粉ふきが現れてしまう原因は、当然乾燥肌によるものが主な要因となっています。したがって予防のための対策はやはり乾燥肌の防止がベースとなるのですが、単純に普通の乾燥防止のスキンケアでは粉ふきが治まってくれないことも多々あります。
    出典 :イヤな顔の粉ふき解消!乾燥肌対策ポイント
  • 粉ふき肌対策について

  • まず最初に理解しておくべきなのが、正しいケアをしておきさえすれば、粉ふきは必ず治すことができるという点です。痛みやかゆみなどの目立った苦痛がないために、メイクでごまかしたりしつつ、つい放置してしまっているという方もおられますが、そうしている間にも肌はどんどん傷んでしまっています。
    出典 :イヤな顔の粉ふき解消!乾燥肌対策ポイント
  •  

    粉ふき肌は、大したことが無いと放置してはいけません。
    老化の原因となったり、肌トラブルを引き起こしてしまいます。

  • 粉ふき肌の対処法の一番は、保湿です。入浴後の肌は水分を失いやすいので、湯上り後5分以内にクリームなどを使って保湿しましょう。化粧水で水分をたっぷり与え、乳液やクリームでしっかりと蓋をするのが大切です。
    出典 :冬の肌トラブル!〜粉ふき肌〜 -これであなたも医の達人-
  • 化粧品自体も、保湿成分が沢山入っているものを選びましょう。時間があれば、たっぷりの化粧水をコットンに染み込ませ、パックするローションパックもおすすめです。
    出典 :冬の肌トラブル!〜粉ふき肌〜 -これであなたも医の達人-
  • また、体質を改善することも粉ふき肌対策に役立ちます。
    血液をサラサラにする効果のある食物繊維や緑黄色野菜などの食材をバランス良く摂取することで、体質改善も心がけて、体の中から粉ふき肌を改善してしまいましょう。