病気を治す薬を飲んで発症する?薬物性肝障害の治療法について

病気を治す薬を飲んで発症するという薬物性肝障害を知っていますか?そんな薬物性肝障害の治療法について、まとめてみました。

view64

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 病気を治す薬で体を壊す「薬物性肝障害」

  • いろいろな病気を治すために薬は使われます。しかし、薬はのんだ人の体質によっては、薬として期待する作用以外の好ましくない作用を体に及ぼすことがあり、これを副作用といいます。
    出典 :薬物性肝障害| 肝臓・胆嚢・膵臓の病気 - Yahoo!ヘルスケア
  •  

    薬には副作用があり、飲み方や体質によっては、体に悪影響をおよぼす可能性があります。

  • 過去に報告された副作用の原因となる薬では抗生剤が最も多く、鎮痛薬などを含む中枢神経作用薬や細菌などを排除する抗生物質などがこれに続きます。薬物が原因で起こる肝障害を薬物性肝障害と呼び、大きく分けて中毒性のものとアレルギー性のものとがあります。
    出典 :薬物性肝障害| 肝臓・胆嚢・膵臓の病気 - Yahoo!ヘルスケア
  • 現在、日本で使われている薬剤は安全確保のため厳しい安全基準が定められており、使用量や使用法を間違えることがなければ中毒性肝障害を来すことはまれです。
    出典 :薬物性肝障害の症状や原因など - goo ヘルスケア
  • しかし、食品に分類されるサプリメントややせ薬、ハーブを含む自然食品ではこのような安全性の確保や注意事項の表示が義務づけられていないため、それ自身がもともと含む成分や意図的に添加された薬物により、しばしば中毒性肝障害が起こったり、死亡例が出るなど社会問題になっています。
    出典 :薬物性肝障害の症状や原因など - goo ヘルスケア
  • 【薬物性肝障害の原因となる薬剤】

     

    抗生物質、解熱鎮痛薬、消化器用薬、化学療法薬、漢方薬などが多い

  • このため最近では「薬剤性肝障害」という言葉を使うのをやめ、「薬物性肝障害」と呼ぶようになり、日本肝臓学会で「薬物性肝障害」の診断基準の改定が行われました。
    出典 :薬物性肝障害の症状や原因など - goo ヘルスケア
  • 薬物性肝障害の症状

  • 薬物性肝障害の主な症状は、発疹や発熱、痒みや黄疸症状などがあり、そのほとんどが薬を飲んで1日くらい経ってから現れてきます。
    出典 :薬物性障害?薬の副作用orアレルギー反応?
  • <薬物性肝障害の主な症状>
    全身のだるさ、吐き気、食欲不振、発熱、腹痛(消化器症状)、黄疸、発疹など

  • 副作用は服用開始後、1~4週以内に起こることが多く、60日以内にそのほとんどが観察されます。薬物性肝障害の大半を占めるアレルギー性肝障害の初期症状には、発熱や皮膚症状(発疹、発赤、かゆみ)、黄疸などがあります。
    出典 :薬物性肝障害| 肝臓・胆嚢・膵臓の病気 - Yahoo!ヘルスケア
  • 軽症の場合は自覚症状がなく、血液検査でAST(GOT)やALT(GPT)と呼ばれる肝細胞からの逸脱いつだつ酵素、ALPと呼ばれる胆道系酵素やビリルビンの値が高値を示すのみですが、重症化すると全身の倦怠感や吐き気、嘔吐、黄疸などを来し、肝不全から死亡に至ることもしばしばです。
    出典 :薬物性肝障害| 肝臓・胆嚢・膵臓の病気 - Yahoo!ヘルスケア
  • 薬物性肝障害の治療法

  • まず、原因となる薬物の利用を停止します。黄疸や胆汁うっ滞といった症状が長引くケースでは、副腎皮質ホルモン薬や胆汁酸製剤などが適用されます。また原因とされる薬物を特定できない場合、使われている薬で治療上必ず必要であり、且つ他の薬に変更できないケースでは、それを除く必須でない他の薬はすべて利用を停止します
    出典 :薬物性肝障害 | 治療法は症状と原因から
  •  

    薬物性肝障害の治療は、服用している薬を止めることが大事です。

  • 黄疸を認める場合には、入院治療が必要です。一般にグリチルリチンの静脈注射が有効です。黄疸に対しては胆汁酸製剤ウルソデオキシコール酸を内服し、黄疸の治りが悪いときには副腎皮質(ふくじんひしつ)ホルモン(コルチコステロイド)が使用されます。
    出典 :薬剤性肝障害 とは - コトバンク
  • 投薬中止後、肝機能が改善することは診断の助けになります。多くは、原因となる薬剤の中止で症状は改善し、その後の予後は良好です。しかし、まれに、肝臓の障害が非常に強く劇症肝炎となることがあり、集中治療室での治療、さらに肝臓移植が必要になることがあります。
    出典 :一般のみなさまへ | 日本消化器病学会
  • 最後に

  • 漫然と服用を続けると、かつて問題になった「やせ薬」のように、7日間の服用で「肝移植しか治療法がない」といった状況になることもあるので、すみやかに服用を中止するのが原則です。
    出典 :薬物性肝障害| 肝臓・胆嚢・膵臓の病気 - Yahoo!ヘルスケア
  • 薬物性障害は、病院で処方された薬だけに限らず、市販薬もしくはダイエット食品などでも、起こりますので、服用後何らかの異変がありましたら、早めに医師に相談する事が大切です。
    出典 :薬物性障害?薬の副作用orアレルギー反応?
  • 特に海外から個人輸入した薬など、日本でまだ認可されていない薬を飲む場合には、薬物性肝障害の症状が出ないかどうか十分に注意をすることが重要となります。