脂の取りすぎは逆効果!脂性肌のスキンケアのポイントとは

お肌がオイリーだからと、徹底的に脂を取り除くスキンケアをしていませんか?しかし、お肌には適度な油分が必要です。余分な皮脂は取り除きつつ、必要な皮脂を残すのがポイント。脂性肌だと思っていたら、じつは乾燥しやすい部分がカサカサの混合肌だった、というケースもあります。

view614

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 脂性肌ってどんなお肌のこと?

  • ・顔全体があぶらっぽい。
    ・メイクが崩れやすい。
    ・小鼻から頬にかけての毛穴が開いている。
    ・お肌のきめが全体的にあらい。
    ・ニキビができやすい。
    ・洗顔後、何もつけなくても30分以内にべたつき始める。

  • 脂性肌の毛穴

     

    毛穴が大きくはっきりと見えます。

  • 赤ニキビの一例

     

    炎症を起こしている赤ニキビ。中には化膿しているものもあります。

  • どうして脂性肌になるの?

  • 脂性肌の原因は皮脂の過剰分泌です。さらに過剰分泌に拍車をかけるのが洗顔のし過ぎです。必要以上に皮脂が分泌される⇒気になって徹底的に皮脂を洗い流す⇒「皮脂が足りなくなった」と判断したお肌が皮脂を必要以上に分泌する…という悪循環が見られます。

  • 普通肌と脂性肌の違い

     

    脂性肌は皮脂腺から過剰に脂が分泌されてしまいます。

  • 脂性肌の洗顔のポイント

  • オイリー肌用の洗顔料を使い、使用方法を守って洗顔しましょう。まだ皮脂が残っている感じがしてもガマン!洗顔料はしっかりと洗い流しましょう。

  • 正しい洗顔方法 ―スキンケアの新常識― - YouTube

     

    正しい洗顔方法が丁寧にレクチャーされています。

  • 化粧水は省略しない!

  • 脂性肌だから、ローションは使わないというのは間違い!皮脂が多くてもお肌の水分が足りているとは限りません。ローションでしっかり水分を補いましょう。

  • 化粧水の付け方 - YouTube

     

    しっかりと保湿することでお肌の水分量を保てます。

  • 保湿も欠かさずに!

  • 化粧水の後はクリームや乳液を使い、保湿しましょう。皮脂があるから必要ないと考えるのは自然なことですが、脂分を補うことで皮脂の分泌を抑える効果があります。これは、お肌が「もう皮脂は足りているな」と判断させることができるからなんです。

  • ビーグレン製品の使い方 ホワイトクリームex - YouTube

     

    お肌をこすらず、優しく丁寧に伸ばすのがコツ。

  • 脂性肌を悪化させる原因とは?

  • ・生まれつき男性ホルモンの「テストステロン」が多い
    ・ステロイド系ホルモンの「アンドロゲン」が多い
    ・脂質を過剰摂取している
    ・睡眠不足
    ・間違ったスキンケア

  • 脂ものが好きだから止められない!という場合は?

  • 動物性脂肪を避けるようにしましょう。できれば植物性の油、お肉を食べるよりは魚を選んで。ナッツ類も食べすぎ注意!