鼻がつまって困る?じゃ、今日からコレに注意して!

鼻がつまって困る?じゃ、今日からコレに注意して!

風邪や花粉などで、鼻が詰まってたまんない!
って人、多くなってきています。
ちゃんと予防してますか?
薬もちゃんと飲んで・・・ってでもそれだけじゃダメなんです!

日頃からのちょっとした生活習慣が、
鼻づまりの原因になったりするので要注意です!

view298

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 【汚れている部屋が原因になる!】

  •  

    鼻炎の原因としてよく挙げられるのは、ハウスダストやダニなどです。鼻炎アレルギーを悪化させる要因としても知られています。これらが体内に入ると、抗原抗体反応が起こり、健康な人・成人になってからでも、アレルギーになる可能性があります。病院では、何の物質に対して体が反応しやすいのか検査してもらえます。ハウスダストやダニ以外に、ヒノキやスギなどの花粉へのアレルギーがあるかどうかも調べてもらえるので、鼻の調子がおかしいなと感じたら、一度病院でチェックを受けるといいでしょう。

    引用)http://health-to-you.jp/rhinitis/hanazumarigeninkaizen4309/

  • 布団やじゅうたんなどに潜むダニ

    日本の住宅にいるダニの約90%をしめるヒョウヒダニ。なかでも、その一種であるヤケヒョウヒダニとコナヒョウヒダニの2種類が主な原因となります。家のホコリをはじめ、人やペットの毛などをエサとして繁殖するこのダニは、死骸もハウスダストによる症状を引き起こす最大の原因となっています。
    出典 :ハウスダストによる症状 症状・疾患ナビ | タケダ健康サイト
     

    居なさそうに見えて実は・・・!なダニ。ちょっと気にした方が良さそうです。

  • 改めて・・・鼻づまりのメカニズム

  •  

    鼻づまりのメカニズムですが、鼻からのどまでの空洞を鼻腔(びくう)といい、この鼻腔の粘膜にはふだんから粘液(鼻水)が分布されています。(1日1~1.5リットル)この鼻腔に冷たい空気やウィルス、ほこりなどが入ると粘液(鼻水)の分泌を増やし、外へ異物を出し体への侵入を防ごうとします。粘膜が炎症を起こし、粘膜の下にある毛細血管が拡張して腫れて鼻腔が狭くなることや、鼻水や鼻水の乾燥をまねくことによって鼻が詰まるというわけです。特に赤ちゃんや子供の鼻腔は狭いのでなおさらです。

    引用)http://hanadumari.ojaru.jp/

  • ウイルスや花粉に対抗するためにじゅるじゅるになったり、詰まったりするんですね!

  • 【点鼻薬の使い過ぎが良くない】

  •  

    点鼻薬を日頃から常用するのは、おすすめできません。点鼻薬のほとんど、特に市販されているものは、鼻の粘膜を傷つけてしまうものが多いのです。薬というものは、作用が強いものほど、副作用も強力だと覚えておいてください。医療機関で処方されるものは、市販のものよりはいいのですが、やはり粘膜への刺激が強いです。

    引用)http://health-to-you.jp/rhinitis/hanazumarigeninkaizen4309/

  • 点鼻薬の恐ろしさ

    点鼻薬は鼻に噴射すれば数秒後には鼻づまりが治まってしまう魔法のような薬です。しかし、持続力は弱く、数時間すれば元の状態に戻ってしまいます。点鼻薬は、使い続けることでどんどん効果がなくなっていきます。点鼻薬は自律神経に働きかけ、鼻粘膜の血管を細くし、鼻の炎症を抑える薬です。使って数時間すると元に戻りますが、またすぐに点鼻薬を使う事で段々と自律神経が狂い始めます。そうなると点鼻薬を使う前より鼻づまりが酷くなり、またその鼻づまりを治すために点鼻薬を使う・・・。というような悪循環に陥るのです。これが点鼻薬中毒です。使えば使うほど鼻の環境は悪くなっていく一方なのにも関わらず、その酷くなった鼻づまりを治すために点鼻薬を使う・・・。一種の病気と言っても過言ではありません。
    出典 :点鼻薬で鼻づまりを解消 | 鼻づまり解消.com
     

    「点鼻薬中毒」になってしまう恐怖・・・注意しましょう。

  • 【肉・卵の食べすぎが鼻づまりの原因?】

  •  

    意外な事実かもしれませんが、肉や卵に代表される動物性たんぱくの摂りすぎも、鼻づまりを引き起こします。たんぱく質を摂りすぎると、腸内で消化されない分が「未消化物」として残ってしまい、腐敗を起こして腸にダメージを与えます。腸は、パイエル板というリンパの集まった組織に囲まれているので、ここが傷つくと鼻炎アレルギーやアトピーの原因になると言われています。また、東洋医学の視点から見ると、肺と大腸はリンクしています。動物性たんぱくの摂りすぎで野菜もそれほど食べない人は、便が出にくくなり、その影響が呼吸器全体を含む「肺」に来ます。東洋医学の「肺」は、鼻や口も含めた広い範囲を指しているのですね。便秘気味のお子さんに喘息もちが多いのは、こんなところからきているのです。

    引用)http://health-to-you.jp/rhinitis/hanazumarigeninkaizen4309/

  • 意外なところに原因が。食生活の乱れも、こんな影響があるからこそちゃんと見直す必要があるんですね。

  • 生活のリズムがみだれると、ホルモンバらんスもくずれることがあります。そうなると、鼻づまりがかいぜんしない、色が濃くなる、などがあらわれてきます。ストレスの解消には、人それぞれの方法がありますが、体を動かすことも有効です。鼻づまりの解消には、ぜひとも必要な栄養素です。タバコは、すっただけ体内のビタミンCを破壊します。しかし、何かげつたってもそのままの上体なら、じこ治癒のうりょくが弱くなっているかもしれません。みぢかな例では、タバコが揚げられます。ビタミンCは、皮膚の結構を良くします。はれた日の散歩だけでも、ストレスの解消効果がありますし、体動かすと新陳代謝が活発になります。 ですから、喫煙者ははだあれに悩むことが多いのです。このようになる前に、はやめに、ストレスを発散しましょう。過剰なストレスにさらされると、体内のホルモンバらんスが崩れます。日焼けで肌が荒れることもありますが、これは、本来なら数日で元の上体に戻ります。そのままでは、びょうきにもかかりやすくなります。ただしい生活習慣は、とても大切なものです。これが、鼻づまりの原因になることもあります。そのじこ治癒のうりょくの弱くなる原因が、生活習慣のみだれなのです。次に、ストレスをためるのも良くありません。家でごろごろしているじかんをあてて、すこしでもうんどうするようにしましょう。
    出典 :生活習慣の改善で鼻づまりの解消を|鼻づまり解消ならえぞ式すーすー茶※口コミ・販売店はコチラ
     

    ビタミンCを取る、タバコを控える、ストレス発散、運動・・・体に良いことが、鼻づまりの解消に繋がることを忘れずに!

  • 自分で理解しているつもりだった「鼻づまり」の原因も、
    意外なところにあったりするものです。
    「どうして治らないのかな?」と思ったら、
    まずは冷静に自分の普段の生活をチェックしてみましょう!