肝細胞がんを知っていますか?【肝臓疾患】

肝炎と密接な関係にあると言われているがんです
すこしまとめてみたので
参考にしてくださいね

view211

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 肝細胞がんとは

  • 肝臓のがんは肝臓にできた【原発性肝がん】と別の臓器から転移した【転移性肝がん】の2種類あります
    原発性肝がんが90%を占めています

  • 肝がんの背景には

     

    肝炎ウイルス(C型、B型)の感染による
    慢性の肝炎や肝硬変があるの絵です
    日本ではC型ウイルスの肝がんは約70%にも
    なるのです

  • 肝がんの高危険群(ハイリスクグループ)

  • C,B型肝炎ウイルスに感染している人はハイリスクグループと呼ばれています
    リスクの高い人は肝がんが発症しても早期に発見し治療する事が出来るよう
    定期的に検査を受ける事が必要です

  • C型肝炎ウイルスの人は

     

    インターフェロンなどによる抗ウイルス治療によって
    発がんの可能性を減少させることが明らかになってきているのです

  • 症状【沈黙の臓器】

  • 肝臓は【沈黙の臓器】と呼ばれ初期には自覚症状がほとんどないのです
    定期的な健診を行っている時に発見される事が多いのです

  • 人による症状

     

    腹部のしこりや圧迫感
    痛みやお腹が張った感じ
    癌が破裂すると激痛や血圧低下を招きます

  • 検査と診断は

  • 超音波検査
    CT,MRI検査
    腫瘍マーカー
    血管造影検査
    等が主流になってきます

  • 日本の肝がん治療

     

    日本の肝がん治療は世界でもトップレベルで
    早期発見、早期治療により
    長期生存も期待できるのです!!

  • 予防として

  • どの癌でも言える事ですが
    合併症が多いのが肝臓がんです
    アルコールは発症率を上げますので注意しましょう

  • その他合併症

     

    肝硬変
    肝性脳症
    胃静脈瘤
    食道炎
    などがおき危ないのです

    注意して予防として
    アルコールの過剰摂取は辞める
    生活習慣を見直すなどをしましょうね