解消しよう「切迫早産のリスク」を減らす努力をしよう

切迫早産のリスクを減らす必要があるのです。減らす為にはまず知る事から始めましょう。

view166

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 切迫早産は

  • 切迫早産は、37週未満でお腹の張り、出血、破水など出産の兆しが見られる状態、つまり早産になりつつある状態のことをいいます。 赤ちゃんの体は、ママのお腹の中に40週前後いることで外の世界に出てくる準備が整うため、在胎37週未満で産まれてきた赤ちゃんは、体の機能が成熟していない場合があります。
    出典 :切迫早産とは? | スモールベイビー.com
     

    このような状態を避けたいからこそリスクファクターは減らすべきなのです。

  • 妊娠すると

     

    体が変わって少しリスクが高まります。細菌感染だけじゃなく、生活習慣も以外なものがリスクになってくるものです。そこで、そのリスクを減らす努力をすることで安静に過ごす事が出来るのです。

  • リスクサイン

  • リスク1:夜間の腹緊。リスク2:規則的な下腹痛。性器出血。悪臭を伴う帯下。リスク3:月経程度の出血。破水感。強い腹痛。
    出典 :日本医科大学多摩永山病院女性診療科・産科医局-情報-切迫流早産
     

    これらのリスクサインがあるのです。

  • 切迫早産には安静臥床以外、確かなエビデンスレベルに裏打ちされた治療はない。言い換えれば、これほど日常生活における注意やサポートが重要になる疾患はない。未然に早産(切迫早産)を予防することが最大の治療となる。
    出典 :日本医科大学多摩永山病院女性診療科・産科医局-情報-切迫流早産
  • このようなものもリスクファクターになる

  • 前期破水妊娠37週未満の破水。 妊娠中毒症妊娠20週以降に高血圧、たんぱく尿、むくみのうち一つもしくは二つ以上の症状が現れる症状。 子宮頚管無力症産道の一部である頚管の閉じる力が弱く、開いてしまうこと。 胎盤位置異常胎盤の位置が正常ではない状態。
    出典 :切迫早産とは? | スモールベイビー.com
  • 母体合併症ママ自身に糖尿病、腎臓病、心臓病などの持病がある。 子宮内感染ウイルスや細菌、原虫などが子宮内に侵入し、胎児に感染すること。 多胎妊娠双子、三つなど。 羊水過多・過少症羊水が必要以上に多すぎたり少なすぎたりする症状。 胎児の先天異常赤ちゃん自身の生まれながらの異常。
    出典 :切迫早産とは? | スモールベイビー.com
  • 切迫早産と診断されたら

  • 切迫早産のいちばんの治療法は安静です。安静の度合いは、症状の程度や原因によって、外出を制限する程度から、入院が必要になる場合までさまざまです。子宮口が開かないようにするために子宮収縮抑制剤を服用もしくは点滴したり、細菌による感染を除去するために抗生剤を投与することもあります。
    出典 :切迫早産とは? | スモールベイビー.com
     

    安静はとっても大切な事です

  • i.妊娠中の就労については様々な意見があるが、EBMに基づく明確な指針はない。 ii.労働量を60-70%に減少させることで、妊娠中も継続することが可能と考えられているが、危険物(化学薬物、放射線)を扱うものや厳しい自然環境(高温や直射日光)での就労は避ける。
    出典 :日本医科大学多摩永山病院女性診療科・産科医局-情報-切迫流早産
  • iii.異常がない場合でも妊娠中は時間外労働や休日労働はさけるようにする。子宮収縮など切迫早産徴候があれば、仕事を休み安静を保つようにするべきである。
    出典 :日本医科大学多摩永山病院女性診療科・産科医局-情報-切迫流早産
  • チェックしてみて

  • 夜間にお腹が張る●悪臭をともなうおりものが出る●規則的あるいは異常な下腹部痛がある●月経程度の出血や破水感、強い腹痛がある
    出典 :妊娠中の病気、トラブル克服シリーズ 「切迫流産・切迫早産の巻」|プレママ特集|プレママタウン
     

    これらが兆候になるので、気をつけましょう

  • リスクは

     

    やはり沢山のものが有るのです。安静がとても大事なのです。まずは安静にして受診するようにしましょう。不安な場合は産婦人科に受診するのも良いかもしれませんね。