子供が病気にかかったら~子供がかかりやすい病気~

年齢によって子供がかかりやすい病気も違うので、子供が病気にかかったらまず、症状をよく見て小児科へ受診しましょう。あわてないで落ち着いて対処して。

view181

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • どんな元気な子でも、子供のころは何かと小児科へお世話になることが多いものです。

  • 子供がかかりやすい病気

  • 乳児期の病気

  • ママから免疫をもらえる病気ともらえない病気があります。いちばん身近な病気は風邪ですが、生まれてくるときにママから免疫をもらえるので、生後6カ月ぐらいまではあまり風邪をひきません。また、麻疹風疹、おたふく風邪も、生後8~10か月ごろまではかかりにくいのです。
    出典 :乳児期にかかりやすい病気|ベビータウン
  • このころの代表的な病気は

  • 風邪、突発性発疹、百日咳、急性中耳炎、湿疹、アトピー性皮膚炎など
    出典 :乳児期にかかりやすい病気|ベビータウン
  • いくつか症状をみてみましょう

  • 突発性発疹・・ほとんどの赤ちゃんがかかる病気です。風邪症状もなく、突然38度~40度くらいの高熱が出ます。熱が3~4日で下がり、その後2~3日全身に赤い細かい発疹が出ます。生後4カ月ころにかかる赤ちゃんもいます。
    出典 :乳児期にかかりやすい病気|ベビータウン
  • 湿疹・・生後2カ月ごろから多くなります。ほっぺたに赤いぷつぷつができたり、白いふけのようなかさかさが出てきたりタイプはいろいろです。ほとんどはかぶれなので顔や手をいつもきれいにして、病院で処方された塗り薬を塗ると治ります。
    出典 :乳児期にかかりやすい病気|ベビータウン
     

    赤ちゃんの肌はとてもデリケート。治療用の赤ちゃんの薬は病院で処方されたものを使用しましょう。

  • 百日ぜき・・鼻水や軽いせきで始まり、熱はほとんど出ません。せきが出始めて3週間ほどすると、連続して出るしつこい特徴のせきが出始めます。「コンコン」から「ヒューヒュー」という音に変わることも。細菌感染なので抗生物質で治療します。
    出典 :乳児期にかかりやすい病気|ベビータウン
     

    予防接種がすんでいない、1歳未満の赤ちゃんがかかりやすいそうです。まずは病院へ受診を。

  • 幼児期の病気

  • 集団生活が始まると、感染症にかかりやすくなります。まだ免疫のない幼児期は、幼稚園・保育園など子供がたくさんいて一緒に遊んだり、触れ合うところでは移したり、移されたりします。症状が出ない潜伏期のうちに人に移す病気もたくさんあります。
    出典 :幼児期にかかりやすい病気|ベビータウン
  • かかりやすい病気・・はしか、水ぼうそう、おたふくかぜ、溶連菌感染症、手足口病、ヘルパンギーナ、リンゴ病など
    出典 :幼児期にかかりやすい病気|ベビータウン
  • 麻疹、風疹の予防接種は必ずしましょう

  • 麻疹、風疹は最優先で受けましょう。麻疹に自然感染すると、合併症が起きたり、命にかかわることもある怖い病気です。風疹は麻疹よりも軽い症状で済むことがありますが、女の子が将来、妊娠中に初めてかかると、難聴や心臓病を持つ「先天性風疹症候群」のあかちゃんが生まれてくることもあるのです。
    出典 :小学校入学前までに受ける予防接種|ベビータウン
  • 子供の将来にかかわる大切なことです。幼児期からのの予防接種はたくさんあるのでスケジュール管理が大変ですが、必ず接種できるように調整しましょう。

  • そのほかの病気の症例

  • 手足口病・・夏から秋に流行するウイルスの感染症です。口の中や手足に発疹や小さい水ぶくれが現われますが、手足の一部ということもあります。発熱はあっても高くありません。4歳以下の乳児に多く発症します。
    出典 :手足口病 子どもの症状チェック -メディカルiタウン
  • リンゴ病・・両方の頬に紅斑(リンゴのように見える)ができることを特徴とする学童期の急性ウイルス性疾患です。冬から春にかけて流行性に発生します。発疹が現われたときには伝染力はないといわれています。
    出典 :伝染性紅斑(リンゴ病)<子どもの病気> - goo ヘルスケア