驚かないで!まつげが抜ける病気はあります

ある日突然まつげが抜け始める。
気が付いたらどんどん抜けていって、全部無くなってしまうのではないかと不安になる。
そんな経験をされた方もいらっしゃるかもしれません。
実はまつげが抜けてしまう病気があるのです。

view77

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • まつげが抜ける病気

  • くるんと長い、上を向いたまつげは女性の憧れでもあります。
    メイクにおいてまつげを重視していらっしゃる方も多いことでしょう。

    そんな大切なまつげが抜ける…女性であれば特に気になるこの症状。
    実は病気が原因で抜けてしまうことがあるって、ご存知でしたでしょうか?

    原因を突き止めることが出来れば、まつげが抜けてしまう前に対処が出来るかもしれません。
    まつげが抜けて心配している女性がいらしたら、是非一度読んでみて下さい。

  • ★こんな症状ありませんか?★

     

    写真を見て下さい。
    まつげの一部がすっかり抜けて隙間が出来てしまっています。

    これは非常に重症ですが、このような状態になってしまうこともあるのです。

    <考えられる病気>
    ①円形脱毛症
    ②眼瞼炎(がんけんえん)
    ③結膜炎

    <主な症状>
    ①まつげが部分的に抜ける・または全体的に抜ける。
    円形脱毛症の場合、頭髪や体毛も同時に脱毛している場合も考えられます。

    ②眼瞼炎にも症状が2種類あります。
    ・眼瞼縁炎…まつげの根元付近に起こる炎症
    ・眼瞼皮膚炎…まぶたの皮膚に起こる炎症

    これらの炎症によって、まつげが抜けることがあります。

    ③結膜炎…まぶたの裏側と眼球前方の表面を結びつないでいる薄い膜「結膜」に炎症がおこる病気。
    結膜炎にかかることによっても、まつげが抜けることがあります。

  • 円形脱毛症によるまつげの抜け

  • 円形脱毛症といえば、頭髪が丸く抜けてしまうことを思い浮かべる方は多いでしょう。
    しかし、円形脱毛症は時として頭髪だけでなく体毛にも影響することがあるのです。

    円形脱毛症の症状には様々な型があります。
    ①通常型…小さい脱毛が1~複数個発生する
    ②全頭型…頭髪が全部抜けてしまう
    ③汎発型…頭髪以外の体毛も抜けてしまう
    ④蛇行型…側頭部や後頭部に沿って抜けてしまう

    ひと口に円形脱毛症と言っても、こんなに様々な症状があるのです。
    まつげなどが抜ける場合は③の汎発型になります。

    特に何もしていないのに、まつげや頭髪が抜けてくるようであれば一度円形脱毛症を疑ってみるのもよいでしょう。

  • ★円形脱毛症の原因とは★

     

    円形脱毛症はストレスが原因の病気とされていました。
    しかし最近の研究結果から、原因が自己免疫不全によるものではないかと考えられ始めています。

    <自己免疫疾患>
    自己免疫疾患とは、自分の免疫が間違って正常な細胞を攻撃してしまう状態のことを言います。
    脱毛症の場合は、毛根を攻撃してしまうと考えられます。

    ★ストレスも全く関係が無いとは言い切れません。
    脱毛症を引き起こすきっかけの一つと考えられます。

  • <治療方法>
    ステロイド剤や血流が良くなる薬を患部に付けるなどのほか、内服薬などもあり症状に合わせて処方されるようになっています。

    まつげの脱毛の場合は、まつげが少し残っている状態でしたら医薬品のまつげ育毛剤を塗る・まつげが無い状態でしたら医療用の薬をまつげの根元の皮膚に塗るなどの方法があります。

    しかし、痛みやかゆみなどが生じた場合はすぐにやめてください。

    <こんな方法もあります>
    脱毛症は、再発を繰り返しやすいと言われています。
    度々の症状にストレスが溜まってしまっては悪循環を生みだします。

    そこでウィッグや医療用の付けまつげなどを上手に活用して、ストレスを溜めないように心の安定にも気を付けてください。