30~40代の女性に多いシミ【肝斑の治療】

ほほ骨のあたりや、口の周辺に左右対称に広がるように生じるシミの一種、肝斑。30~40歳代の年齢層の女性に多いといわれています。原因は女性ホルモンのバランスなどに関係があるとされ、妊娠によって肝斑が発生したり、また、経口避妊薬(ピル)によって引き起こされる場合もあります。その治療法は。

view472

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • まず、そのシミは肝斑なのかどうかを知る。

  • 肝斑はシミの一種です。ですから、シミと一口にいっても、医学的にはいくつかの種類に分けられるといわれています。医学的に分けた場合、肝斑のほか、日光性黒子、ソバカス、炎症後色素沈着、対称性真皮メラノサイトーシスなどに分けられます。
    出典 :肝斑の症状
  • シミにもいろいろ種類がある。

  • 肝斑の見分け方は?

  • 肝斑は、淡褐色のシミが目の周りを避けるように左右対称にあらわれるのが大きな特徴

  • 左右に蝶々のようにもやもやっと広がったタイプ、左右のほほ骨に沿って筆で書いたようなもの、こめかみの両側の近くに小さくあらわれているものなどのほか、左右対称ではないけれど両側に大きさの異なるシミがあらわれたり、両ほほのほかに口の周りや額に出たりする場合もあります。
    出典 :肝斑の見分け方
  • 肝斑は、概ね30~40歳代に発症し、さらに高齢者にはほとんど見られないことから、まず年齢でその可能性を判別できます。また、女性ホルモンのバランスに関わるシミなので、妊娠やピルの服用により発症もしくは悪化することがあり、肝斑診断のひとつの参考となります。
    そのシミはいつごろから現れたのか、急に悪化したものか、紫外線対策でも効果はなかったか、通院に至ったきっかけは何なのか、などを知ることで、シミの背景が見えてきます。
    出典 :肝斑の診断と治療の3ステップ。皮膚科医が教えるかんぱん治療|かんぱんINFORMATION
  • 肝斑の治療法は主に3つ。

     

    内服薬と塗り薬、そして手術

  • 内服薬の場合

  • 内服するものとしてはビタミンCとトラネキサム酸が比較的効果的で予防効果もあるようです。
    出典 :肝斑の治療法について
  • その有効成分は、血流にのって皮膚のすみずみまで届けられ、表皮の深い所にあるメラノサイトにより効果を発揮します。
    出典 :肝斑の治療法について
  • トラネキサム酸の治療効果は4~5週間後に現れます。
    出典 :肝斑の診断と治療の3ステップ。皮膚科医が教えるかんぱん治療|かんぱんINFORMATION
  • トラネキサム酸は保険適用外となっています。
    出典 :肝斑の内服薬治療
  • 塗り薬(外用薬)の場合

  • 外用薬は、角層などのバリアを通過して、シミにはたらきかけるメラノサイトに到達します。外用薬としては、コケモモの抽出成分であるアルブチンを塗布すると比較的効果が強いと考えられているようです。
    出典 :肝斑の塗り薬や手術による治療
  • 他にもコラージュホワイトニングクリーム(甘草の油性抽出エキス)や、1%コウジ酸クリーム(ビオナチュール、フェスモ)も効果的と考えられています。日本ではほとんど使われていませんが、白色人種ではハイドロキノンクリームの外用も行われているそう。
    出典 :肝斑の塗り薬や手術による治療
  • 手術の場合

  • 外科的療法としては高周波での焼灼、液体窒素による冷凍凝固などもあるとされていますが、レーザー治療は悪化の原因となる可能性を否定できないので注意が必要
    出典 :肝斑の塗り薬や手術による治療
  • 診断時に隠れた肝斑を見つけ出せず、他のシミに有効なレーザー照射を施した結果、色素沈着がかえって強くなってしまうというケースもあるといわれています。
    出典 :肝斑の塗り薬や手術による治療
     

    シミの種類をしっかり見極めることが大切ですね!

  • 複合のシミがある場合はまず肝斑の治療から

  • 内服薬で肝斑が薄くなってくると、逆にほかの種類のシミが目立ってくるケースが。そのような場合は、肝斑の治療が済んでからほかの種類のシミの治療にあたりましょう。逆の順で治療をしてしまうと、肝斑が悪化するケースもあります。
    出典 :肝斑の内服薬治療
  • まだシミ、肝斑なんてないよという女性のみなさんにできること

  • 肝斑の最大の予防法は紫外線対策

  • すべてのシミ予防に関係がありますが、紫外線対策は必須です。なぜなら、肝斑の症状も紫外線で悪化するからです。屋外では帽子や日傘、サングラスなどで紫外線をカットしましょう。屋内でも紫外線の影響を受けますから、日焼け止めは、部屋にいるときに塗っても大げさということはありません。
    出典 :肝斑の予防について