水洗顔と保湿ですっぴん美人に!スキンケアは洗顔と保湿が基本です!

スキンケアは洗顔と保湿が基本です。シミや肌あれを隠すためにあれこれ塗るよりも、自分の肌質に合った洗顔をしてしっかりと保湿をする事が大切です。年齢を重ねた時にも綺麗な肌でいるためにも正しい洗顔を身につけましょう。

view91

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 肌の汚れやトラブル★まずは洗顔から始めましょう!

  • 肌借金を返すには“塗る”よりまず”落とす”こと
    出典 :若い頃の“肌借金”で気づけば肌ボロボロ!どこから手をつける? | 女子SPA!
     

    メイクには時間をかけるのに洗顔はサッと済ますだけという方も多いのではないでしょうか?乾燥するからと保湿剤の過剰塗り、メイクの落とし残りが蓄積すればお肌の状態は悪くなっていって当然です。まずは汚れをしっかり落とす事が優先です。

  • スキンケアは「洗顔と保湿」に尽きる、というのは、よくプロが言う言葉です。アレコレ“塗る”よりも、毛穴にたまった汚れや角質(まさに借金!)をスッキリ“落とす”こと。
    出典 :若い頃の“肌借金”で気づけば肌ボロボロ!どこから手をつける? | 女子SPA!
     

    基本中の基本ですが理想的な洗顔が出来ている人って少ないようです。プロが言うようにまずは洗顔方法をきっちりマスターしましょう。

  • 肌タイプ別の洗顔方法!!

  • 朝の洗顔は水洗顔がおすすめ!!

     

    実際、朝は水洗顔を実施している人が結構います。お肌が綺麗な同僚に聞いてみては?もしかしたら水洗顔かもしれません。こういったアンケートを見ていても水洗顔をする理由は乾燥を防ぐためです。実践した事がないなら、乾燥する秋、冬に試してみるといいのではないでしょうか?今年は乾燥が気にならないかも!?

  • 大抵の人は朝晩ともに洗顔料を使ったしっかり洗顔は不要です。オイリー肌の方でも保湿材を必要とする方なら朝は水洗顔にする方が肌にとっても優しいのです。また、ここで気をつけたいのがゴシゴシ洗うのはNG、顔を拭くのも優しくが大事です。朝ですから目の周りと全体をサラッと洗い優しく水気を取ったらOKです。

  • 冷水では汚れが落ちませんよ!

     

    洗顔料でゴシゴシやるよりも、まずは温めのお湯で毛穴を開いて汚れを落とすことが先決です。全体には洗顔料を使わずに鼻の周辺だけを洗顔料で洗うなど、自分流のアレンジを加えることも大事です。肌の調子を見ながら自分向きの洗顔方法を確立しましょう。

  • タオルは低刺激で優しいものを!

     

    オーガニックコットンなど、低刺激のフェイスタオルを使用することも大事です。化繊のタオルや、洗ってゴワゴワになったタオルでデリケートな肌を拭くとそれだけで肌が赤くなったり、ザラザラしてまう方もいます。優しいタオルで水気を吸い取るようにタオルを顔に押し付けて水気を取り除きましょう。水気が残っていると蒸発時に乾燥していきますので優しくですが、しっかりと拭くことがポイントです。

  • 理想の洗顔方法を実践したあとは!

  • 基本的には保湿剤と基礎化粧品以外は必要ないと言えます。といっても、メイクを楽しみたいのが女性です。化粧品はトラブルになるリスクを最小限にするため添加物が少なめの商品を選びましょう。敏感肌のかたは皮膚科で相談してみるのもひとつです。

  • 化粧品への期待・幻想・妄想は、捨てましょうね。
    出典 :基礎化粧品は最低限で十分 - 京都四条 あいこ皮フ科クリニック 院長ブログ
     

    高い効果を謳っている化粧品でシミができたり・・・という方もいますのであまり過信せずに、実際に使った感じで自分のお肌に合うものを選びましょう。高かったから、もったいないからと肌に合わない化粧品を使うのはやめましょう。

  • 化粧品による肌トラブルに悩む女性は多いようで、防腐剤などの添加物が肌に蓄積されると、肌細胞を老化させたり、美容成分の効果を邪魔したりするとか。
    出典 :30・40代からでも間に合う?男ウケ抜群の「すっぴん美人」になる方法 | 女子SPA!
     

    必要な時にはメイクをしても帰宅したら直ぐに綺麗に落とす事、休日はメイクもお休みにするなど肌への負担を減らすようにしましょう。保湿は必要ですが、無駄に厚いメイクは不要です。