健康診断で善玉コレステロールが低いと言われたのですが?

view142

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 年に1回の健康診断は受けていますか?会社などでも行われているため、多くの方が経験済みだとは思います。でもそんなときに善玉コレステロールが低いと言われたら?

  • 善玉コレステロールが低いってどういうこと?

  • コレステロールには善玉コレステロールと、悪玉コレステロールの2種類があります。その1つが少ないということです。

  •  
     

    善玉コレステロールは動脈硬化を防いでいるから、少ないのはまずいわけです。

  • 善玉コレステロールを減らす要因

  • 喫煙の習慣

     
     

    タバコを吸う人は善玉コレステロールが低いことが多くなっています。禁煙するだけでも動脈硬化を減らせるかもしれません。

  • 肥満

     
     

    油っこいものを食べ過ぎたり、運動不足の人は善玉コレステロールが低くなりがちです。太ってしまうのも原因の1つとされています。

  • 善玉コレステロールを増やしましょう。

  • 野菜を食事の前に摂る

     
     

    食事の最初に野菜を摂ると食べすぎを予防できます。過食によって肥満になるのが一番悪いため、満足感を得られやすい野菜をたっぷり食べましょう。

  • 大豆食品を摂取する

     
     

    大豆には悪玉コレステロールを減らす働きがあるといわれています。味噌汁、納豆、醤油、豆腐など和食を中心とした食事をすれば自然と摂取できます。

  •  
     

    コレステロールの吸収を抑えるわけです。

  • 青魚を積極的に食べる

     
     

    洋食に含まれる脂は善玉コレステロールを減らす原因ともなりますが、青魚の脂は逆に良い効果をもたらしてくれます。

  • 適度な運動

     
     

    湯運酸素運動は善玉コレステロールを増やすといわれています。歩く距離が少なくなった人は、ウォーキングなどを取り入れましょう。

  • マーガリンを避ける

     
     

    善玉コレステロールを増やすためには余分な脂の摂取は避けるようにしましょう。マーガリンを使っているスナック菓子なども食べすぎには注意したいですね。

  •  
     

    惣菜ばかりというのも体に悪そうです。

  • まとめ

  • 善玉コレステロールが低いと動脈硬化に繋がりやすくなります。食事や運動に気をつけて、太りにくい生活を続けましょう。