白髪予防に必要な栄養素と食物

白髪予防の為の栄養素・食べ物をまとめてみました

view141

お気に入り お気に入り2

お気に入りに追加

  • 白髪の原因はメラニン量?

  • 白髪の原因はメラニン量の不足です。
    白髪であれ、黒髪であれ、生まれたての産毛のような状態の髪に色はついていません。
    全ての人の髪の産毛は白髪状態です。
    白髪として生まれた産毛は髪の毛が伸びるに従って、色付け(日本人なら黒)が行われます。
    この白髪に色付けを行う絵の具のような細胞がメラニンです。
    白髪の原因はこの髪の毛に色付けを行うメラニン量が少ないことに起因しています。
    出典 :白髪の原因はメラニン不足
  • 黒髪の鍵を握るのはチロシン・チロシナーゼ・メラノサイト

  • 白髪の直接の原因はメラニンが髪の毛に色を付けないことから起こるのですが、
    このメラニンは食事やその他方法によってメラニンそのものを減らしたり増やしたりすることはできません。

    よって、白髪の主原因はメラニン色素を形成するチロシンとチロシナーゼの不足、
    およびメラニンを作る機能であるメラノサイトの機能低下が根本の原因となっています。
    つまり、チロシンとチロシナーゼの量を増やすか、メラノサイトの機能を活発化すれば白髪になりにくくなります。
    出典 :白髪の原因はメラニン不足
  • メラノサイトを活性化する“ヨード”

  • ミネラルであるヨードは、メラニン色素を生成するメラノサイトの働きを活発にする効果があります。ヨードが不足することでメラノサイトの働きが鈍くなり、色素が作られなくなってしまいます。
    出典 :白髪とはもうサラバ!黒髪維持のために摂るべき食べ物 - 健康ダイエット - Yahoo!ヘルスケア
     

    ※「ヨード」を過剰摂取すると甲状腺の病気を招く恐れもあるので、バランスは考えましょうね。

  • メラニンの原料”チロシン”

  • チロシンとは、アミノ酸の一種である非必須アミノ酸であり、肌や髪の毛のメラニン色素の原料となります。その他、代謝や自律神経の調整を行う甲状腺ホルモンへの働きも。チロシンの量が減少すると、メラニン色素の生成が妨げられ、白髪につながってしまいます。
    出典 :白髪とはもうサラバ!黒髪維持のために摂るべき食べ物 - 健康ダイエット - Yahoo!ヘルスケア
     

    乳製品、大豆などに含まれます。サプリメントも有。
    チロシンは、体内でメラニン色素を生成することで黒髪を形成し、白髪を予防します。
    ストレスをやわらげる効果や、集中力を高める効果もあるとか。
    こちらも日常的に採りやすい食品に含まれている事が多いので心がけたいですね。

    チーズ・大豆
    ちなみに加工食品では納豆より、より大豆に近い豆腐の方がチロシンを多く含んでいます。
    チロシンの一日必要摂取量は500mg~2,000mg程度。

  • チロシンをメラニンに変える為の"銅ミネラル"

  • 血液の澱みを解消する"ビタミンE"

  • 食事で摂ったタンパク質を「髪の毛」に変えてくれる"亜鉛"

  • 血管の柔軟性を高めるといわれている"EPA"

  • 髪の毛の色、メラニン色素を活性化させる"カルシウム"

  • ストレスの多い、白髪の方は特に意識を
    カルシウムが不足するとメラニン色素の働きが衰え、黒髪になりにくくなります。
    よく妊娠時や出産時に白髪が増えた…という女性が多いのもカルシウム欠乏によって起こっている事が多いです。

    カルシウムの吸収を促進するビタミンDの摂取もできるだけしましょう。卵・干ししいたけ・しめじなどの摂取や、日光浴でも可。
    チーズ、マグロやカツオの赤みなどセロトニンを増やす食材も効果的です。セロトニンはストレスを軽減する神経伝達細胞です。


    藻類・牛乳・小魚・干しエビ・チーズ・ゴマ・ヨーグルトなど