私の息くさいかも…と思ったら

他人のものも、自分のものも口臭って気になりますよね。口臭にはさまざまな原因があり、その原因によって対処法も異なってきます。口臭の原因と対策についてまとめてみました。

view319

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 原因その1…口腔内の汚れ

  •  

    歯磨きが不十分だったりして口の中が不衛生な状態であるための口臭は、原因として多く挙げられます

  • 口臭の原因には様々なものがありますが、その原因の90%以上はお口の中の細菌が産生する「揮発性ガス」というものです。

    この「揮発性ガス」を抑えるためには、「唾液の量」と「お口の衛生状態」が特に重要になりますが、その他にも虫歯・歯周病や、食品、全身的な病気なども口臭の原因になりえます。
    出典 :口臭【原因・予防・治療・対策】
  • 口臭の大部分は口の中に原因があり、その多くは舌苔と歯周病です。
    全身疾患の兆候として現れる呼気経由の口臭もありますが、極めて限定的と考えて良いと思われます。
    出典 :口臭の原因・実態|e-ヘルスネット[情報提供]
  • 口の中を清潔に保つために

  • 古い歯ブラシで、歯の表面だけをごしごしこすっていませんか?
    正しい歯磨きを身に着けることが口臭予防の第一歩です。

  • 手をグーにして歯ブラシを持っている人はNG。鉛筆を持つ要領で、人差し指と親指で歯ブラシを持ちましょう。
    力を入れず、歯ブラシが“ブラブラ”するくらい軽く持つことが大事です。

    奥歯や歯の裏側を磨くときも、この持ち方でOKですよ。
    強く握れば握るほど、歯へのブラシのあたりが強くなり、歯を傷つけてしまう可能性があります。
    出典 :ほとんどの人ができていない!正しい歯磨き [歯のホワイト二ング・口臭対策] All About
  • 舌掃除用のブラシもよくみられるようになってきましたが、やりすぎると舌の炎症などを引き起こすおそれもあるようです。

  • 原因2 唾液の量が少ない

  •  

    唾液の量も口臭の原因にかかわっています。
    朝起きたときに口がにおうのは、寝ている間に唾液の分泌量が減ってしまうためです。
    口の中をなるべく乾燥させないように、唾液で潤った状態にしておくことが重要です。

  • 唾液にはお口の中の洗浄・殺菌作用があり、揮発性ガスを産生する細菌の増殖を抑制するので口臭を予防する効果があります。

    また、お口の中が唾液で潤っていると、口臭の原因である揮発性ガスが放散するのを唾液が防いでくれるので口臭が抑えられます。
    出典 :唾液の量が少ない:口臭の原因と対策
  • 唾液の量を増やすには

  • 唾液の分泌を促すために、まずは水分補給が重要で、成人であれば1日1.5リットルの水分補給を心がけてください」(同)

    唾液の分泌は口への刺激で促進される。そのため、良く噛んで食べることやアナウンサーのように表情豊かによく口を動かして話すことも、意外と効果的なのだとか。
    出典 :第10回 口臭予防には「唾液」を出せ![前編] | web R25
  • 1.水分を十分に補給する。(唾液が作られるために必要です)
    2.よく噛んで食事をする。
    3.舌先で舌の付け根あたりを刺激する。

    舌の付け根には舌下小丘という唾液の出る所があり、そこを舌で刺激することで唾液が出る量を増やすことが出来ます。

    唾液が出にくい人は最初はなかなか唾液が出ませんが、一度唾液が出始めるとその後はしばらく出やすくなります。

    唾液の出にくい人の場合には、上記の方法で唾液が出たらすぐに飲み込んでしまわずに、お口の中全体を出来るだけ潤った状態にしておくように心がけて下さい。

    出典 :唾液の量が少ない:口臭の原因と対策
  • それではストレスに関してはどうでしょう。ストレスをかけると、リラックス時に比べて唾液の分泌が約3割減少するといわれています。
    なぜ唾液が減ったのでしょうか?
    緊張すると、リラックス時とは違う物質が神経から出てきて、唾液を作る細胞にくっつきます。 この物質はリラックスした時に出る物質に比べ、唾液を作る細胞のなかに水分を取り込む働きが小さい為、作られる唾液は、少なくネバネバしたものになるのです。
    一時的なストレスなら問題ありませんが、ストレスが長期にわたって続くと、自律神経が失調し唾液の分泌が抑えられてしまうのです。
    出典 :日本臨床歯周病学会 一般の皆様へ 口臭について
     

    ストレスから唾液の量が減ってしまい、口臭が強くなることもあるようです

  • 原因3 内臓が弱っている

  •  

    内臓疾患からくるものも口臭の原因にあげられます

  • 口腔以外の疾患のうち、以下に示すものが重度な場合に口臭を認めるようになります。

    代謝性疾患:糖尿病(アセトン臭)
          肝機能障害:アンモニア臭
          腎機能障害:魚の腐ったような臭い

    鼻咽喉疾患:副鼻腔炎・副鼻腔癌:タンパク質の壊疸臭

    呼吸器疾患:気管支拡張症・肺結核・肺癌

    消化器疾患:食道憩室・食道ヘルニア
    出典 :口臭外来|口臭の原因・治療・予防|赤坂見附歯科
  • 胃腸の不調などは口臭に現れやすいので体調不良の目安になることもあります。体調が改善されれば口臭も減っていくでしょう

  • その他の原因など

  • ニンニク、ニラ、ネギ、たくあんなど臭いの強いものを食べたり、アルコールや喫煙によりいったん体内に取り込まれた臭いの元になる成分が胃の中で消化され血液を介して全身に循環し肺を経由して吐き出される。
    お口をきれいにしても臭うことがある。
    出典 :日本臨床歯周病学会 一般の皆様へ 口臭について
  • 女性の場合生理時やその前後ホルモンバランスの不調により口臭を感じるときがある。
    出典 :日本臨床歯周病学会 一般の皆様へ 口臭について
  • これらの原因の場合は、時間の経過とともに口臭も減っていきます