緊張型頭痛とは?その原因

緊張型頭痛とは何か、その原因と対処法を簡単に説明していきます。

view304

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 緊張型頭痛とは?

  • 頭痛の原因の約半分を占める緊張型頭痛。片頭痛が突然起こるのに対し、緊張型頭痛は、いつとはなしに始まり、だらだらと続く。いったい、どんな頭痛なのだろうか?
    出典 :緊張型頭痛とは?|病院・薬・サプリメントの情報満載! healthクリック
  • 片頭痛が「血管性頭痛」であるのに対し、緊張型頭痛は「筋収縮性頭痛」とも言われるように、 首筋から頭部にかけてある筋肉が、なんらかの原因で緊張する(つまり"こり")ことが原因で起こる
    出典 :緊張型頭痛とは?|病院・薬・サプリメントの情報満載! healthクリック
  • 症状は?

  • 緊張型頭痛は、にぶい痛みが特徴ですが、我慢できないほどではないのが普通です。 数時間~数日の頭痛が反復性におこる場合と、持続的に毎日のように続く場合があります。首や肩のこりを伴うこともあります。嘔吐を伴うことはありません。
    出典 :緊張型頭痛 | 頭痛の原因 | 頭痛Online
  • 緊張型頭痛の原因は?

  •  

    コンピューターの前に長時間座っているような人に多く、効果的に休憩をとるなど、ライフスタイルの改善でよくなることもあります。

  • 緊張型頭痛は徐々に始まり、首筋が張る、肩がこるなどの訴えとともに、後頭部の鈍痛として認められることが多くみられます。痛みというよりも重い感じ、圧迫される感じ、締めつけられる感じ、また、何かをかぶった感じ(被帽感)と訴えることもあります。頭痛は1週間〜10日ほど続くことが多いのですが、時には1カ月のうち15日以上、ほとんど毎日頭痛が続くこともあります。
    出典 :緊張型頭痛 - goo ヘルスケア
  • 治療方法は?

  • 頭痛時の治療の中心となる薬物治療では、まずは消炎鎮痛薬の使用がすすめられます。アスピリンでいえば欧米では650〜1000mg日の使用が多くみられますが、日本では330〜660mg日がすすめられます。一方、消炎鎮痛薬の慢性的使用によってかえって頭痛が誘発されること(薬物乱用頭痛・コラム)があるので、薬剤量については専門家に相談してください。
    出典 :緊張型頭痛 - goo ヘルスケア
  • 予防方法3ステップ

  • ステップ①心をほぐす

     

    心の緊張により首・肩周辺の筋肉が硬くなってしまうと、緊張型頭痛を起こしやすくなります。
    その対策方法として、楽しい思い出を頭の中で巡らしてみましょう。精神的な緊張をほぐすことで、身体の緊張を取り除くようにします。

  • ステップ②体をほぐす

     

    実際に体を動かし、首・肩回りの筋肉残りをほぐすことで、頭痛の原因となるものを取り除きます。持続される頚部への負担をやわらげるストレッチや体操を、気が付いた時に少しでも良いので取り入れることをオススメいたします。筋肉へ刺激を入れることで、一時的にでも、筋肉の持続的な負担を軽減させることが目的です。

  • ステップ③ほぐれた状態をキープする

     

    眠る前でも良いのですが、首から肩にかけての筋肉を温めて血流回復とリラックスを図りましょう。濡らしてしぼったタオルを電子レンジで加熱し、頚部に乗せても熱すぎない程度に冷まし、ポカポカ状態のタオルを首・肩にかけます。

  • まとめ

  • 緊張型頭痛について、簡単に解説してきました。
    3ステップの対処方法を紹介しましたが、症状がひどい場合は専門の医療機関に相談することをオススメします。