ごぼうやにらに含まれるイヌリンが万能!

糖尿病の予防も期待できるイヌリンをしっていますか?
そんなイヌリンの成分をご紹介!

view219

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • イヌリン

  • イヌリンとは、キクイモやごぼう、にらなどに多く含まれる多糖類の一種です。
    イヌリンは糖の吸収を抑制し血糖値の上昇を抑える働きがあり、糖尿病予防に効果的です。また、善玉菌を増やし、老廃物の排出を促すため、腸内の環境を整える効果も持っています。
    出典 :イヌリン | 成分情報 | わかさの秘密
  • イヌリンの健康効果
    ◎糖尿病を予防する効果
    ◎腸内の環境を整える効果
    ◎ダイエット効果
    出典 :イヌリン | 成分情報 | わかさの秘密
     

    これだけ効果があればイヌリンを含む食材を摂りたくなりますよね

  • ノンカロリーの糖質という事

  • 1.イヌリンは、果糖が約30個ほどつながった多糖類の一種です。2.下の図は、果糖です。イヌリンは、分解しても、果糖にしかなりません。3.果糖は、血糖値をほとんどあげません。
    出典 :糖尿病と菊芋
  • 菊芋は、低カロリー食品です

     

    菊芋  35 kcal(100g)
    サツマイモ  132 kcal(100g)
    ごぼう  65kcal(100g)
    たまねぎ  37kcal(100g)

  • 菊芋のイヌリン

  • 菊芋(きくいも)のイヌリンは、多糖類の一種で、果糖が30個ほどつながった最後尾にブドウ糖がくっついた構造をしています。一般には水溶性の食物繊維と言った方がわかりやすいかもしれません。同じイモ類のジャガイモやサツマイモの糖質は、でんぷん(ブドウ糖がつながった多糖類)が主体で、イヌリンは含まれません。
    出典 :菊芋のイヌリンとは
  • そのため、イヌリンは糖でありながら極めて低カロリーで、尚且つ一緒にとった別の糖の吸収を阻害する力もあります。水溶性の食物繊維であるイヌリンは、胃腸を通過するときに水分を吸収してゲル状になり、腸内の糖を一緒に巻き込んで体外へ持ち出してくれるのです。
    出典 :菊芋のイヌリンとは
  • 医薬品と併用できる?

  • イヌリンは、食品なので、病院で処方された血糖降下剤などの薬と一緒にとっても問題ありません。 イヌリンの効果で血糖値が安定してきたら、医薬品の服用を続けるかどうか担当医に相談してみるのもいいでしょう。
    出典 :菊芋のイヌリンとは
  • ただし、自己判断で勝手に病院の薬を中断するのは厳禁です。医薬品の服用を続けるかどうかは、必ず担当医の指示に従ってください。
    出典 :菊芋のイヌリンとは
  • こんな人におすすめ

  • こんな方におすすめ

    ○糖尿病を予防したい方
    ○おなかの調子が気になる方
    ​○ダイエット中の方
    出典 :イヌリン | 成分情報 | わかさの秘密
  • ●ダイエット効果

     

    イヌリンは、水溶性食物繊維であるため、腸のぜん動運動[※5]に働きかけ、便秘の解消にも効果的です。また、糖質でありながら体内に吸収されないため、ダイエットにも効果的な成分として知られています。