トラブルを知らせるサインかも?妊娠8ヶ月のお腹の張りについて

妊娠8ヶ月になると、お腹も大きくなって予定日も近付いてきますね。
ところでお腹が張るんだけどという人、いませんか?
そのお腹の張り、大丈夫?
お腹の張りは妊娠中のトラブルを知らせる大切なサインです。
妊娠8ヶ月のお腹の張りが見られたらどんな問題があるのか知っておきましょう。

  • candy 更新日:2014/11/28

view3159

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠8ヶ月のお腹の張り

  • 妊娠8ヶ月のお腹の張りが起きたら心配になってしまいます。後もう少しで出産ですから、トラブルを上手く乗り切りましょう。

  • 妊娠中のお腹の張り、これって大丈夫?

     

    お腹の張りは子宮が収縮することで起こる場合があります。ちょっと無理な体勢をしてしまったり、疲れていたり、運動のし過ぎなど色々な場面でお腹の張りを体験してしまいます。でも病院に受診するほどの張りなのか?それとも放置しておいて良いのかは分かりにくいですよね。
    万が一赤ちゃんに問題があり、早産でもしてしまったら大変です!

  • 36週までは「周期的な張りは異常のサイン」

  • 妊娠後期になるとちょっとしたことでもお腹の張りを感じることがあるため、問題ない張りと認識してしまう妊婦さんも多いようです。しかし、異常となる症状はなかなか自分では見分けが付かないため、安易に大丈夫と考えない方がよいみたいです。

    36週目くらいまでは張らないように注意することが必要です。

  • こんなときはどうしたらいいの?

  • リラックスしている時にお腹の張りを感じやすい

     

    沢山動いてお腹が張っているなら、休めば症状が改善できる場合もあります。しかし、何もしておらず寝ている時やリラックスしている際にお腹の張りが出るのは良くありません。
    陣痛ともちょっと違うため、よく寝ているときに起こるなら病院を受診し相談してみましょう。

  • お腹の張りと胎動の量もチェックしましょう。胎動が減っていて、お腹も張っているなら、何らかの問題があり赤ちゃんの心拍数が弱くなっていることも。そのままだと胎児の命にも影響を及ぼす可能性があるため、病院を受診しましょう。

  • 妊娠中のおっぱいケアはほどほどに

     

    いよいよ出産が近くなってきたら、おっぱいケアを開始する方も多いでしょう。しかし、バストの刺激は子宮の収縮を促す恐れがあるため、お腹の張りが見られたら中止してください。

  • お腹の張りがあるときに疲労が蓄積しているなら、十分な休息を取ることで改善されていきます。たくさん歩いたとき、ウィンドウショッピングをしたとき、スポーツを楽しんだ、旅行に行ったなど体に無理がかかっている証拠です。
    あまり張りが酷くないなら、体を休めて様子を見るようにしてみてください。適度な運動は安産には必要なものなのですが、お腹が張りやすい人は様子をみながら少しずつ行うことです。

  • 張るのが当たり前、とは思わないように。

     

    普段とは違う張り、痛みなどがあったら直ぐに病院に相談を。

  • 37週以降は変化あり!

  • 37週目以降は徐々にお腹の張りも出てきます。出産のための予行練習のようなものなので心配はありません。

    ただし、カチカチになる程お腹が硬い、出血が見られたり、破水した場合は早急に処置が必要となります。赤ちゃんは1日でも長く胎内にいたほうが良く、早ければそれだけ問題も起こりやすいため、できるだけ張りを防ぐようにしましょう。

  • 異常を感じたら産院へ!

     

    破水はいっきにジャーと流れることもあれば、ダラダラと生理のような出血のような感じの場合もあります。

  • お腹が張ったときはどうすればいいの?

  • 横になって休めば治まる程度なら問題が無い張りです。しかし、10分おきに繰り返すなど、体を休めても治らない場合は異常である可能性も否定できません。場合によっては早産を起こしかけ、絶対安静の入院生活を余儀なくされる人もいます。
    その前に良く休んで、体を労わるようにしてみて下さい。

  • おなかの張りは大切なサイン

     

    おなかの張りは、妊娠中のトラブルを見つけるための大切なサインです。
    見逃さないように、常に気をつけましょう。
    いつもと違うと思ったら、すぐに産院へ。