出産における知識、兆候について

出産における知識についてと、兆候についてのいろいろな事柄を紹介していきます。

view556

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 出産における知識について下に記します。兆候である「おしるし」や「陣痛」などについても記します。

  • 出産は女性にとって最大のイベントの1つです。出産へのイメージをもっともっと膨らませ、あなたにとって、今、出来る最高のお産をしてみましょう。
    出典 :出産(お産)の心得 e-妊娠
  • お産のおおまかな流れ

  • お産(分娩)がどのように始まって、どうように終わるかを予習、復習しておくことで、次に何が起こるかが予測できるようになります。実際には、お産は教科書どうりに進行するものではありません。しかし「お産のおおまかな流れ」を理解することで、必ずあなたの心のゆとりが生まれるでしょう。(イラスト:例)病院までの流れ
    出典 :お産のおおまかな流れ
  • 「お産が近づいているサイン」の後には、「お産が始まるサイン」が起こります。これが「おしるし、陣痛、破水」と呼ばれる3つの症状です。どのサインが起こるかは人によってさまざまで、おしるしの何日か後に陣痛があったり、おしるしがなく陣痛が始まる場合もあります。
    出典 :お産のおおまかな流れ
  • 出産前の「おしるし」とは

  • おしるしとは、出産時に子宮口が少しずつ開き始めるときに出る血液の混じった「おりもの」をいいます。赤ちゃんを包んでる卵膜が子宮内壁からはがれてることも原因です。
    出典 :おしるし 出産の兆候
  •  

    おしるしは、卵膜が子宮内壁とこすれて出血したものなので、ピンクや赤がふつう。時間がたって出てくると茶色のことも。

  • 陣痛 出産の兆候

  • 陣痛とは、子宮の筋肉が赤ちゃんを出口のほうに出そうとするために起こる子宮の収縮です。子宮収縮を繰り返すことで子宮口がだんだん開いてきて、収縮する時間も長くなります。
    出典 :陣痛 出産の兆候
  • 陣痛の始まりとは?

  • 最初は軽い生理痛のようなおなかの張りや腰の痛みから始まります。不規則だった痛みと間隔がだんだん規則的になってきて、それが10分間隔になったときがお産の始まりとされています。
    出典 :陣痛 出産の兆候
  • 前駆陣痛について

  • 前駆陣痛とは、陣痛の予行練習です。出産が近づくにつれ不規則な子宮収縮が起こり、頻繁におなかの痛みや張りを感じます。本物の陣痛をよく間違われ、あわてて入院すると陣痛がなくなってしまうこともあります。
    出典 :陣痛 出産の兆候
  • 前期破水について

     

    前期破水とは赤ちゃんを包んでる卵膜が破れて中の羊水が子宮外に流れ出ることです。前期破水は、おしっこを漏らしたような感じがします。本当の破水は子宮口が全開になってから起こります。破水するとほぼ24時間以内に陣痛が始まります。

  • 前期破水の始まり

  • パンと何かが割れるような音がしてザーと羊水が流れる人もいれば、おしっこがもれたような感じで区別がつかない人もいます。破水していると動いているうちに次々と漏れて流れ出てきます。
    出典 :前期破水 出産の兆候
  • もっと詳しく